サロン開業

「自分が理想とするサロン」を開業すると失敗してしまう訳

 

こんにちは。岡田です。

「自分のサロンを持つ・・」というのは、

サロンを開業したい人が叶えたい夢の1つだと思います。

 

誰かに雇われながら、

自分の考えとは違う環境で、

自分の理想とは違うお客様に、

違和感を感じながら働くより、

「自分が理想とするサロン」を開業して、

自分らしい働き方をめざす。

 

サロンを開業したい人が、

「自分が理想とするサロン」を作ろうとする気持ちはよくわかります。

 

ただ、「自分が理想とするサロン」と聞くと、

何かいい感じに聞こえるんですけど、

はじめてサロンを開業する人が「自分の理想」に固執しすぎると、失敗することがよくあります。

 

「自分が理想とするサロン」のどこが問題なのか?

 

今日は「自分が理想とするサロン」を開業すると失敗してしまう訳と、

自分の理想を持ちながら、

サロンの開業を成功させるコツについて解説します。

「自分が理想とするサロン」を開業すると失敗してしまう訳

 

「私がサロンを開業するなら、絶対こんなサロンにするんだ!」

サロンを開業しようと思っている人の中には、「自分が理想とするサロン」のイメージを持ってる人も多いと思います。

 

例えば、

・サロンのコンセプト

・サロンのサービス

・サロンの空間

・サロンの接客

 

「自分が理想とする空間」で、

「自分が理想とするお客様」に、

「自分の理想のサービス」を提供して、

「自分の理想のサロン」をつくりたい・・

 

こんなふうにサロンを開業する人が、「自分が理想とするサロン」のイメージを持つこと自体は、間違ってません。

すばらしいことです。

 

そして「あなたの理想のサロン」を強く求める人がいて、

来てくれるお客様がいる・・

 

こんな状態なら、自分の理想のサロンを目指したとしても、

成功する確率は高いです。

 

ただ現実問題、

「自分の理想のサロン」を開業したけれど、全く集客できない場合がよくあります。

 

「自分の理想のサロン」を目指して開業したので、そこは満足。

でも、肝心のお客様が来ない。

 

こうなってしまうと、いったい何のためにサロンを開業したのか?

分からなくなってしまいます。

 

なぜこうなってしまうのか?

それは、「自分の理想とするサロン」の中に、「お客様に求められるサロン」という視点が欠けているからです。

 

どんなに、あなたの理想をサロンに詰め込んでも、「お客様に求められるサロン」という視点がないと、全く集客できません。

 

「自分の理想とするサロン」を開業すると失敗してしまうのは、これが理由です。

成功させたいなら「自分が理想とするサロン」より「売れるサロン」を目指す。

 

そもそも、サロンを開業して、やっていこうと思ったら、売上が必要です。

そして売上を上げるためには、お客様が必要です。

 

つまり、サロンを成功させようと思ったら、

自分の理想はあってもいいけれど、

お客様に求められるサロンを作らないと、

自己満足で終わる・・

ということです。

 

サロンは、お客様に求められないと、成功しません。

 

なので、本当にサロンを開業して成功させようと思ったら、

①自分の理想とするモノ

②お客様に求められるモノ

この2つをうまくサロンに落とし込むことが大切です。

 

よく、自分の理想に固執しがちな人に、

言うことがあります。

 

それは、

「売れないミュージシャン」ではなく、

「売れるミュージシャン」になりましょう!

ということです。

 

「自分の理想を目指しているけれど、売れないミュージシャン」

ではなく、

「理想を持ちながらも、それに固執しない、売れるミュージシャン」

 

これはサロンの場合だと、

 

「理想を目指しているけれど、お客様には求められないサロン」

ではなく、

「理想を持ちながらも、それに固執せず、お客様に求められるサロン」

 

 

やっぱり売れないより、人に求められる「売れるサロン」の方が、本人的にもいいわけです。

 

「自分の理想のサロン」を求めて、

サロンを開業したけれど、

全く売れないサロンではなく、

理想は理想で持ちながら、

それに固執せず、

「お客様に求められ、お客様が集まるサロン」の開業を目指す。

 

成功させたいなら「自分が理想とするサロン」より「売れるサロン」を目指しましょう。

 

自分の理想を持ちながら、「お客さんに求められるサロン」になるコツ

 

「自分の理想とするサロン」を開業して失敗してしまうのは、「お客様に求められる視点」が欠けているからだと、書きました。

 

「お客様に求められる視点」が欠けている・・というのは、

具体的に言うと、

サロンの「ターゲット」が曖昧だということです。

 

サロンを開業しようと思っている人は、

こんな空間にしよう。。

こんな手技を使おう。。

こんなサービスにしよう。。

 

といろいろ思いを巡らせるわけですが、

「ターゲット」が曖昧なまま、

開業してしまう人がホントに多いです。

 

「ターゲット」が曖昧だと、

「お客様に求められるサロン」という視点を持てません。

 

「ターゲット」が曖昧だと、

「ターゲット」を幸せにするコンセプトも曖昧。

「ターゲット」の悩みを解決するサービスも曖昧。

 

結局、「ターゲット」が曖昧だと、

「お客様に求められるサロン」になりようがないわけです。

 

なので、

自分の理想を生かしながら、「お客さんに求められるサロン」になるコツは、

はじめに、

サロンの「ターゲット」を明確に決めることです。

 

そうして、

「ターゲット」の悩みを解決し、「ターゲット」を幸せにするサロンを考える過程の中で、

「あなたの理想」も入れてみましょう。

 

こんなふうに、「自分の理想」と「お客様の求めるもの」が合わさったとき、

お客様に求められ、あなたの理想とも合致するサロンが出来上がります。

 

サロンは、「ターゲット」を幸せにする場所です。

「お客さんに求められるサロン」にするために、はじめに「ターゲット」を明確にしておきましょう。

まとめ

 

今日は「自分が理想とするサロン」を開業すると失敗してしまう訳」について解説しました。

 

自分の理想に固執しすぎると、うまくいきません。

自分の理想に固執せず、お客様に求められ、お客様が集まる「売れるサロン」を目指すべきです。

 

実際「お客様に求められるサロン」が、「あなたの理想のサロン」であることが多いです。

サロンを開業する前に、「ターゲット」をハッキリさせておきましょう^^

 

ABOUT ME
Avatar photo
岡田タイスケ
人が集まるストーリーをつくるコンサルタント/集客のチカラで、がんばる個人経営者・フリーランス・起業家を応援!〇強みの最大化〇世界観のあるコンセプト〇ストーリーのある集客戦略〇7つのロードマップ/「集まる@無料相談 」/開業・経営サポート/サロン開業・育成スクール準備中。大阪在住 まずはこの記事から⇒ ★初心者のための「正しいサロン集客」の方法(2020年版)初心者でもうまくいく「サロン開業」の方法【2020年度版】(質問チェックリスト付き)サロンのブログから集客したい初心者のための教科書【2020年版】サロンのチラシから安定して集客する方法【2020年度版】
7日間無料メール講座

集客が苦手なセラピスト・施術者のための
集めないサロン集客
〈 7日間無料メール講座 〉

「無料PDF冊子」ダウンロードプレゼント中!

◆ 集客の状態を自分で診断できる!
〈 集客セルフ診断シート100 〉

◆5分で読める!
売上50万のサロンになる50のルール 〉