サロン開業

「サロンを開業したい!でも発信が苦手・・」って方は読んでみてください。

 

こんにちは。岡田です。

なんか最近、
世の中ギスギスしてますね。

コロナの影響も、もちろんあるんでしょうけれど・・

 

以前サポートした人で、

「私のトリートメントで、やさしい世界をつくりたい!」

っていう方がいたんですけど、
ちょっと思い出しました。

 

「スキル」や「手技」があれば、世界だって変えられる。

サロンって、すばらしい仕事だと思います。

そのためにも、成功させなきゃいけませんね。

 

話は変わって、

今日は「サロンを開業したい!でも発信が苦手・・」という人に向けて書きました。

 

「スキル」や「手技」があれば、世界だって変えられる・・

とさっき言いましたが、

実はそれだけでは、現実は変わりません。

 

「スキル」や「手技」ともう一つ・・

伝えること、

つまり、「発信力」がほしいです。

 

この「発信力」の重要性をみなさん、あまり理解されません。

 

「技術力」と「発信力」が合わさったとき、

あなたのもとに人が集まり、

困っている人を本当に助けることができ、

あなたの周りの世界を変えることができて、

あなた自身も幸せになれるでしょう。

 

「サロンを開業したい!でも発信が苦手・・」っていう方は、ぜひ続きを読んでみてください。

 

発信が苦手なままでは、人は集まらない。

 

サロンを開業する、もしくは今サロンをしている。。。

そんな人が、たくさんいる訳ですけど、

その中でも「発信するの苦手・・」という人が、ホントに多いです。

 

逆に「発信が得意です!」

っていう人を見つけるのが難しいくらい。

 

なので、もし、あなたが発信が苦手だとしても、
そこは全然落ち込む心配はないのですが、

 

ただ、
苦手意識を持ったままでは、サロンを開業しても、うまくいかない可能性が高いです。

 

なぜ発信することが苦手なままだと、ダメなのか?

 

それは、どうしても発信することがイヤイヤになって、
義務感になるからです。

 

そのイヤイヤ感や義務感は、発信する相手(サロンのターゲット)に必ず伝わります。

そんな発信を誰も読みたくありません。

なので当然、あなたのもとに人は集まりません。

 

 

ただ、発信が苦手だという人の気持ちも分かります。

 

やったことないし、

書くのが苦手だし、

自分を出すのも不得意だし、

書くことないし、

何書いていいかわからないし・・・

 

でも、みなさん発信することの「本質」を勘違いしてないでしょうか?

 

発信することは、

義務でもないし、
宣伝でもない。

ましてや営業でもないし、
押しつけでもないし、
自分を盛ることでもなし、
誰かをだますことでも、もちろんない。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

発信するということは、
発信する先の人(あなたのターゲット)を救う行為です。

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

言い方を変えるなら、

発信する先の人の心や体をときほぐし、
頭のもやもやをスッキリさせ、

 

「私の悩みを分かってくれる人がいるんだ!」

「寄り添ってくれる人がいるんだ・・」と

 

その人の悩みをやわらげ、
その人がのぞむ未来へ導く行為なんです。

 

またまた、そんなおおげさな(笑)

って思うかもしれませんが、
ほんとそういうことなんですよ。

 

こう思えれば、発信するって素敵なことだと思えませんか?

 

「発信を大好きになりましょう!」

とまではいいません。

 

でも、毎日歯を磨くように・・

好きなお客さんと接するように、

苦にならず、発信を日常にすることは、今は発信が苦手な貴方でも可能です。

 

「施術する」も「発信する」も同じこと。

 

と、ここまで読んでくださった方は、「あれっ」て思いませんでしたか?

発信することって、何かに似てるかも・・って。

 

そうなんです。

 

発信することって、
みなさんが身につけて、サロンでお客様にしている「施術」や「トリートメント」と
同じなんです。

 

みなさん、自分の施術や技術で、

「お客様の悩みを少しでも改善してあげよう!」

「キレイにしてあげよう!」

 

日頃のストレスを解消させ、

「元気にしてあげよう。」

 

また明日から頑張れるように、
身体だけじゃやなく、

「心もスッキリさせてあげよう!」

 

そんなふうに思って、
実際サロンでされていると思います。

 

みなさん、それをすることが嫌いではないですよね。

だって、サロンを開業するわけなので。。

 

でも、発信することも同じなんです。

 

発信することも、

そのお客様を幸せにしたり、きれいにしたり、悩みを解消したり、元気にしたり・・

するためにすることです。

 

 

あなたはすでに施術は身につけています。

でも、発信はまだ身についてない・・ただそれだけのことです。

 

だから今は発信することが苦手で、発信力がない状態でも、

誰かを幸せにしようと技術を身につけたのと同じように、

正しく続ければ、必ず発信力はついてきます。

始めてみましょう。

 

あなたの発信で救われる人がいる。

 

サロンを開業する目的は、人それぞれで、

そこには、お金を稼ぐという目的も、もちろんあります。

 

でも同時に、
「サロンに来る困っている人を救う。」

これもありますよね。

 

そもそも、これからサロンを開業しようとする皆様は、

「サロンという場所」で、

あなたの「技術」や「手技」を使って、誰かを救うワケなので、

悩みがある人にとっては、

ある意味「救世主」な存在です。

 

そして実際、困ってる人がいるんです。

その人を救うのに、
サロンの場所で行う施術や技術だだけでは、とても足りません。

 

サロン以外の場面・・

例えば、ウェブでの発信があれば、

その人に日々寄り添って、
役に立つことをお伝えしサポートすることができます。

 

そうすることで、サロンの場所でも、ウェブの場所でも、その人を日常からサポートでき、幸せにすることができます。

 

・「サロンという場所」では、あなたの「技術」や「手技」で誰かを救う。

・「ウェブという場所」では、「発信」によって、誰かを救う。

 

技術と発信・・誰かを救うことに変わりはありません。

 

発信するって、それくらい影響力の強い行為です。

 

もしあなたが、
サロンに来る人を救ってあげたい!

役に立ちたい!

って思っているなら、
悩んでいる人に発信してみましょう。

 

そうすることで、
まわりまわって、

その人がサロンを予約し、
お客様になり、
リピート顧客になって、
ずっと通ってくださる・・

最終的に、ココにつながっていくんです。

ココとはサロンの成功です。

 

発信は、お客様を集めるために、
義務感でするもんじゃなく、
誰かを救うためにするもの。

 

発信への意識がが変われば、苦手意識も消えて、発信するマインドも変わってくるはず。

ぜひ始めましょう^^

まとめ

 

今日は「サロンを開業したい!でも発信が苦手・・」という人に知ってほしいことを書きました。

発信が苦手に人はたくさんいます。

 

そうなる一番の理由は、
発信する経験がないことに尽きると思います。

やったことがないことは誰でも苦手。

 

とくに、書くという経験が発信には必要ですけど、
ほとんどの人が学生時代の読書感想文レベルで終わってるので、
今から書けといわれても大変なののは当然です。

 

読書感想文とか・・みなさん苦手でしたよね。
僕もそうです。

 

でも大丈夫です。

人を集める手段の一つとして行う発信は、
読書感想文とは全く違うので。

 

発信するということは、あなたが大切にしている技術と同じことです。

どちらもお客様を幸せにする手段です。

 

サロンを成功させたければ、発信の重要度は高いです。

そして「施術力」×「発信力」は、サロンを成功に導く最強の組み合わせ。

 

発信することにマイナスの先入観を持たずにコツコツ発信力を身につけましょう^^

ABOUT ME
岡田タイスケ
人が集まるストーリーをつくるコンサルタント/集客のチカラで、がんばる個人経営者・フリーランス・起業家を応援!〇強みの最大化〇世界観のあるコンセプト〇ストーリーのある集客戦略〇7つのロードマップ/「集まる@無料相談 」/開業・経営サポート/サロン開業・育成スクール準備中。大阪在住 まずはこの記事から⇒ ★初心者のための「正しいサロン集客」の方法(2020年版)初心者でもうまくいく「サロン開業」の方法【2020年度版】(質問チェックリスト付き)サロンのブログから集客したい初心者のための教科書【2020年版】サロンのチラシから安定して集客する方法【2020年度版】
7日間無料メール講座

集客が苦手なセラピスト・施術者のための
集めないサロン集客
〈 7日間無料メール講座 〉

「無料PDF冊子」ダウンロードプレゼント中!

◆ 集客の状態を自分で診断できる!
〈 集客セルフ診断シート100 〉

◆5分で読める!
売上50万のサロンになる50のルール 〉