ブログ集客

セラピストや施術者の為のサロンにお客様が集まるブログ集客の教科書

 

こんにちは。岡田です。

サロンの集客のために一生懸命ブログを書いているのに、ブログからまったく集客がないという声をよく聞きます。

もったいないなあと思います。

 

サロンの集客の方法にもいろんな方法がありますが、その中でもブログ集客の方法は、断トツに効果のある方法です。

セラピストや施術者の為のサロンにお客様が集まるチラシ集客の方法「セラピストや施術者の為のサロンにお客様が集まるチラシ集客の方法」をまとめました。個人サロンはブログやSNSを一生懸命するのもいいですが、チラシは正しく作れば必ず反応があり、予約につながる素晴らしい集客ツールです。ぜひ記事を参考にしてサロンの集客にお役立てください。...

 

ただし、それは正しいブログ集客を実践できることが大前提。

間違ったブログ集客をいくら続けていても集客できません。

それだけでなく、時間や労力が無駄になり、精神的にもシンドクなります。

 

ブログで集客する方法は、検索すればたくさんでてきますが、いろいろありすぎていったい何が正しい方法なのかよくわからずにブログ運営している人も多いハズ。

 

そんなサロンをしているセラピストや施術者のために「セラピストや施術者の為のサロンにお客様が集まるブログ集客の教科書」をまとめました。

 

正しいブログ集客で、サロンの集客を楽しく変えましょう。

Contents

ブログは、ウェブ上にあるサロンだと考える。

 

ブログを単なるサロンからのお知らせを書くツールだと思っていると、いつまでも集客できません。

ブログは、ウェブ上にある、あなたのサロンなんです。

 

こう考えると少しわかってもらえるでしょうか?

 

リアルサロンがあなたが開いているサロン、ウェブ上にあるサロン(=ブログ)はそのリアルサロンの出張所のような存在です。

ウェブ上にありますが、同じサロンです。

 

なのでリアルのサロンを大切にするように、ブログを運営しなければいけません。

 

リアルサロンと同じように、丁寧なおもてなしも必要ですし、他のサロンと違う独自性も必要です。

分かりやすい導線やつながり、共感される要素も必要です。

 

ブログだと考えるから、何をすべきかの本質が見えなくなります。

ブログをあなたのサロンの分身だと考えてみてください。

 

ブログはお客様とつながりを作れる方法です。

 

ブログをする一番の目的は、来てほしいお客様と繋がりを持つためです。

 

いきなりリアルサロンと繋がることができればいいんですが、なかなかそれは難しいんです。

そのために、まずウェブ上にあるサロン(=ブログ)に来てもらうわけです。

こちらの方が来やすいんです。

 

来てほしいお客様に役立つことや共感してもらえることを書いて、それをストックしていけば、ウェブ上にあるあなたのサロン(=ブログ)とつながりが生まれ、リピートしてもらうことで、リアルサロンへ来てくれるお客様もあらわれます。

 

こんなふうにブログは、自然とお客様と繋がりをつくれるツールで、ウェブ上にあるサロン(=ブログ)と繋がりをつくることが、リアルサロンへの集客に結び付きます。

 

ブログはものすごく優秀な営業マンです。

 

ブログは、リアルサロンのウェブ上にある分身だと言いました。

その分身とお客様のつながりが生まれれば、それはリアルサロンの集客へとつながります。

そういう意味では、ブログはあなたのために働いてくれる優秀な営業マンとも言えます。

 

ターゲットに向けて正しく書かれたブログは、その人のもとに向かい、その人にサロンのよさを伝えてくれます。

それも自然に、相手に喜ばれながら・・

 

優秀な営業マンは、押し売りをしません。

お客様が困ってるコトをサポートし、お手伝いすることで、買う方が喜んで買っていくようにできるのが優秀な営業マンです。

 

ブログは、まさにあなたの代わりに、よろこばれる営業をしてくれる営業マンです。

使わないのはもったいないんです。

 

ブログは、いいお客様だけを集める魔法の道具です。

 

ブログは、ウェブ上のサロンであり、優秀な営業マンでもあるので、ブログでつながりをつくることで、リアルサロンの集客につながるツールです。

具体的には、ブログからお客様がサロンに来てくれるわけです。

 

そして正しくブログをしているともっといいことがあります。

それは、いいお客様しかサロンに来なくなることです。

 

ブログでオープンなあなたを出せば出すだけ、いいお客様がサロンに集まるようになります。

 

いいお客様とは、あなたが来てほしいお客様、あなたと合うお客様です。

 

たくさんのお客様に来てもらいたいのはもちろんその通りなんですが、あなたと合わないお客様ばかりだと、正直しんどくなります。

 

せっかくサロンをしているんですから、あなたが来てほしい人、あなたと合う人に囲まれてサロンをする方があなたも楽しいし、お客様もその方がうれしいですよね。

そんなサロン経営が理想的です。

 

正しくブログ集客をしていると、そんな理想的なサロン経営が可能になります。

ブログは、あなたが来てほしい人を集める魔法の道具です。

 

ブログ集客の流れを理解しましょう。

 

ブログは、サロンに来てもらうために、ブログを通じてつながりを持ち、最終的にはサロンに来てもらうためにあります。

 

サロンワークの合間にしないといけないですし、手間もかかります。

効果的にブログ集客するためにも、ブログからサロンの集客が生まれる流れを知っておきましょう。

 

ウェブ上にあるブログは、リアルサロンの分身。

 

ブログから集客という流れをつくるためには、まずはブログを知ってもらい、共感してもらい、つながりをつくる必要があります。

 

こうして生まれたつながりが、今度はリアルサロンに予約という流れが生まれます。

 

  1. ブログを知ってくれる。→ サロンを知ってもらえる。
  2. ブログに共感してくれる。→ サロンに共感してもらえる。
  3. ブログを信頼してくれる。→ サロンを信頼してもらえる。
  4. ブログでつながる。→ サロンとつながれる。
  5. ブログから予約してくれる。→ サロンに来てもらえる。

 

人はあなたのサロンの存在を知りません。

そんな人にサロンのブログを読んでもらうことで、サロンのことを知ってもらうことができます。

 

ただ、サロンのことを知ったとしても、お客様はすぐには行動を起こさないものです。

 

  • 自分の悩みを解決してくれるサロンかどうか?
  • サロンをやってる人はどんな人なのか?
  • 実際にどんなサービスを受けられるのか?

 

お客様はサロンを知って興味があったとしても、自分が行きたいサロンなのかどうかをよく調べます。

 

そこでブログを読み、共感してもらえれば、継続してブログを読んでくれる可能性がうまれ、ここからブログを通じてお客様とつながりも生まれます。

 

こうなると質問やお問い合わせなどお客様からの反応もおこりますし、つながりが深くなり、信頼が生まれれば、結果としてサロンへの予約がおこります。

 

ブログを見てもらう導線を意識しましょう。

 

ブログはただ書いたからと言って、勝手にたくさんの人が見てくれるわけではありません

ブログが見られるためには、いくつかの導線があり、それを活用することが大切です。

サロンのブログのアクセスを上げるための5つの入口の作り方サロンのブログのアクセスを上げるためには、読んでもらう人のために入口をいくつか用意しておくことが効果的です。サロンのブログのアクセスを上げるために用意する5つの入口のつくり方をまとめました。...

 

①グーグルなどの検索から見られる。

 

ネット検索したいワードを入力し、検索して出てきた記事の中から、あなたのブログを見つけてもらえます。

このためには、検索されるワードでブログ記事が上位に表示される必要があります。

 

当然たくさんあるブログの中から上位に表示されるには、検索するワードに対する答えがしっかりあり読む人にとって分かりやすく書かれてある必要があります。

 

②アメブロ内から見られる。

 

アメブロを使っている場合は、アメブロにある機能を活用することで、アメブロ内のユーザーに読んでもらいやすくなります。

 

③フェイスブックやインスタのリンクから見られる。

 

Facebookやインスタなどとブログをリンクをしたり、プロフィールにブログの情報を載せておけば、そこからブログを見てもらうことができます。

④チラシや名刺などのアドレスから直接見られる。

 

チラシやリーフレット、名刺にブログのアドレスを書いておくと、ここから検索して直接ブログを読んでもらえます。

セラピストや施術者の為のサロンにお客様が集まるチラシ集客の方法「セラピストや施術者の為のサロンにお客様が集まるチラシ集客の方法」をまとめました。個人サロンはブログやSNSを一生懸命するのもいいですが、チラシは正しく作れば必ず反応があり、予約につながる素晴らしい集客ツールです。ぜひ記事を参考にしてサロンの集客にお役立てください。...

 

ブログは書けば書くだけストックされてく。

 

ブログはFacebookなどのSNSと違い、コツコツブログを書けばブログのボリュームが増え、情報はストックされてきます。

これを分かりやすくカテゴリー分けをしておくと、読者も見やすくなり、過去に書いたものでも読んでもらえる可能性があります。

 

しっかり情報があり、それが整理されていると、より深くサロンのことを知ってもらうのに役立ちます。

 

ブログはSNSなど他のツールと連携できます。

 

厚みのある情報が整理されたブログは、SNSなどのツールを組み合わせるときの母艦になります。

 

母艦であるブログ上にFacebookやインスタ、LINE、ユーチューブなどのSNSを置くと、ブログから各SNSへのネットワークへ飛びことができ、よりサロンのことを知ってもらいやすくなります。

 

また逆に、Facebookやインスタ、LINE等とリンクすることで、そこからブログを見てくれる流れも作れます。

 

ブログを母艦にすれば、ブログとSNS双方向の流れをつくれ、サロンの集客しやすくなります。

 

無料ブログ、アメブロの問題点

 

ブログは、書けば書くだけストックされるので、よりサロンのことを知ってもらいやすいと書きましたが、無料ブログの場合は注意が必要です。

 

アメブロもそうですが、無料ブログは、各ブログサービスに間借りさせてもらってる形なので、書いた記事はあなたのものではありません。

 

サービス自体がなくなる可能性もありますし、規約に違反すれば、勝手に消される可能性もあります。

サロンの集客にアメブロを使ってるセラピストが知っておくことサロンの集客にアメブロを使ってる人が知っておくべきことを書きました。サロンの集客のためにアメブロを一生懸命書いてるのに、全く集客につながっていないと感じている人はいませんか?そんな人が感じてるであろうモヤモヤと解決策をまとめました。...

 

無料ブログで書く場合は、書いた記事は別のところにバックアップしておきましょう。

 

ワードプレスでブログを書くとは?

 

よりしっかりとブログに取り組むなら、ワードプレスというブログサービスを利用して書くのがおすすめです。

サロンのブログとして使うならアメブロとワードプレスどっちがいいの?サロンのブログとして使うならアメブロとワードプレスどっちがいいのかについてまとめました。アメブロとワードプレスとでは、同じブログでも全く特徴が違います。とくにアメブロを使っていて結果が出ない方やこれからサロンのブログを始める方は参考にしてみてください。...

 

ワードプレスとは、無料で使えるブログサービスです。ワードプレス自体は無料で使えますが、それを使うには、サーバーとドメインと言われるものが必要で、これには費用が掛かります。

 

ワードプレスは無料ブログに比べると作るのに手間がかかりますが、初心者でも扱いやすいテンプレートやサービスがあるので、やる気がある人なら十分作れます。

 

また1DAYでワードプレスの立ち上げをサポートしてくれる教室などもあるので、利用すれば比較的簡単にワードプレスでブログを始める環境が作れます。

 

いちばん簡単なのは、業者に頼む方法です。

 

ホームページの中でブログも書けるサイトをつくってもらえば、ブログをコツコツ書いていくと、ホームページも読んでもらいやすくなります。

 

ブログを始める前にブログの全体設計を決めましょう。

 

さあブログをはじめようと思っても、いきなり書き始めてはいけません。

 

はじめる前に、ブログ全体の方向性を決めておく必要があります。

これをしないで始めると、魅力的なブログにならず、ブログも読んでもらえません。

 

ブログは、ウエブ上にあるリアルサロンの分身です。

 

なので、ブログもリアルのサロンと同じように、まずはブログ全体の骨格を決め、コンセプトと方向性を決めないといけません。

 

・誰に向けてブログを書くかを明確にする。

・何を書くかの方向を決める。

・ブログを書くあなたの立ち位置を決める。

・プロフィールをしっかり書く。

 

ブログの目的は、サロンに来てほしいお客様とブログを通じてつながることです。

その人に役立つコト、興味があることをブログで発信することで、信頼されリアルのサロンに来てもらうために書いています。

 

ならばブログのコンセプトも、誰に向けて発信するのか、何を発信するのか、ハッキリしておく必要があります。

 

ココをはっきり決めておかないと、ブログの方向がブレやすく、またブログを続けるのが難しくなります。

 

誰に向けてブログを書くかを明確にしましょう。

 

サロンのブログに「何を」書けばいいいのかを考える前に、「誰に」向けて書くのかを明確にしなければいけません。

 

誰にというのはマーケティング用語ではペルソナと言います。

ペルソナは、住んでる場所、お仕事、ライフスタイル、好きなこと、好きな雑誌、好きなファッションなど、より具体的にすることが大切です。

 

「ペルソナ」が漠然としていると、誰に向かって書いているのかが分からなくなり、結局何を書いたらいいか分からなって、ブログが続きません。

 

また、そもそも伝えたい人、サロンに来てほしい人にブログが届かないことになり、ブログから反応がない・・とうことがおこります。

 

サロンのブログはあなたのサロンでお役に立てる人、来てほしい人に向けて書くものです

 

より具体的にペルソナをイメージし、例えば今サロンに来ている人の中で最もイメージが合致する一人に向けてブログを書くようにすると、その人に届きやすくなります。

 

ブログに何を書くか?方向を決めましょう。

 

誰に向けて書くかが決まれば、次はその人に向けて何を書くかです。

あなたの日記を書いても読んでくれませんし、いきなりサロンの営業的なことを書いても、読んではくれません。

 

ブログに書くのは、ペルソナで決めた人が共感してくれることを書くべきです。

 

その人が悩んでいることで、プロとしてあなたがお役に立つコトを書いてみる。これが基本です。

 

あなたはもともとその人の悩みを解消できるので、お役に立てることは色々書けるはずです。

 

そうしてやその人の役に立つことを発信し、共感してもらえれば、つながりや信頼が生まれサロンに来てくれる可能性も高まります。

 

ブログの大きなカテゴリーを決めておきましょう。

 

とはいっても何を書いたらいいか初めは迷います。

なのではじめに大きなカテゴリーをあらかじめ決めておき、それを中心に書いていくようにすると書きやすくなります。

 

ペルソナの人を具体的にイメージし、そこから連想するキーワードを思いつくまま上げていきましょう。

 

そしてその中から共感されそうなワード、役立てるワードを中心にカテゴリー分けし、そこにプロとしてのあなたの視点を入れてブログを書きましょう。

 

ブログを書く立ち位置を決めましょう。

 

もう一つ大切なのは、ブログを書く立ち位置です。

あなたがどの立ち位置でブログを書くかはとても大切です。

 

あなたは悩みがある人と同じ目線で書いていては、その人からの信頼は得られません。その分野のプロとしての立ち位置でブログを書くべきです。

 

悩みがある人に対して、それを解消できる分野においては、あなたはその人よりプロです。なので少し上の立ち位置から役立つことを書きましょう。

 

だからといって専門的な言葉を使うのではなく、誰にでもわかりやすい言葉で伝えることが大切です。それが信頼感につながります。

 

立ち位置をハッキリさせておくとブログの方向がブレにくくなります。

 

ブログに説得力のあるプロフィールを用意しましょう。

 

ブログは、だれが書いているかがとても重要です。

たとえば、ダイエットに役立つことを書いていても、書いている人がいろんなダイエットを経験し、実際にやせる体験をしてきた人が書くブログだと説得力が増します。

 

なので、ブログを書く前には、悩みのある人に役に立つブログを書いている人間として、説得力が出るプロフィールをできるだけ詳細に載せておきましょう。

 

プロフィールは、ただ単に自分の資格やこれまでの経歴を並べたものではあまり意味がありません。

これまでのすべてのことを振り返り、悩みのある人に役立つ記事を書く上で説得力がでる形に編集したものがプロフィールです。

 

また、プロフィールを詳細に書いておくと、あなたの好みや志向に近い人が集まるようにあんります。

 

そうなるとサロンワークがより楽しくなりますし、継続する人も多くなります。

サロンに集客できるブログやSNSのためのプロフィールの作り方「集客を増やせるブログやSNSのプロフィールの作り方」をまとめました。人に響くプロフィールがあると、集客はうまくいきます。プロ―フィールをストーリー化して、より響くプロフィールにしてみてください。...

 

ブログ集客がうまくいくサロンブログの書き方

 

ブログ集客がうまくいくために、サロンブログで書く内容は以下のようなものです。

・来てほしい人の悩みに役立つコト

・来てほしい人が共感できるコト

・来てくれたお客様のリアルな声

・自分のこと

・サロンのこと

 

これからブログを通じてつながりを持とうとしている段階で、営業的なことや、自分の勝手な意見などを書いても、まず読んでもらえません。

コツコツとブログで共感と信頼を積み重ねましょう。

 

そうすることで、お問い合わせや予約といったカタチで、お客様からの反応が返ってきます。

 

あくまでも、その人に寄りそって、その人のことを考えてブログを書くことです。

 

来てほしい人の悩みに役立つこと、共感できることを書く

 

来てほしい人とつながるためには、その人の悩みに寄り添い、お手伝いできることを伝えることで、共感と信頼を築くことが大切です。

 

さいわいあなたは、その人の悩みを解消できるスキルと知識があります。

サロンに来てくれれば、その悩みを解消してあげられる訳ですが、まずは知ってもらい、共感してもらい信頼してもらう必要があります。

 

けっしてあなたが言いたいことを書く日記にならないように注意しましょう。

 

お客様が来てくれた動機や声を書く。

 

サロンにも日々お客様が通ってくださってるわけですから、そのことも書きましょう。

 

お客様は、悩みがある人です。そしてあなたのサロンには、そんな悩みを解消したいと願う人が実際に訪れているわけです。

実際に来られた人から出る言葉は、何よりも説得力があります。

 

それブログで書き見てもらえると、ブログを見てくれている人への強い動機付けになります。

 

ぜひお客様のリアルな声を書きましょう。そしてもしお客様の許可がもらえるなら写真もあるといいですね。

 

自分のことを書く。

 

基本は、来てほしい人に役に立つコト、共感してもらうことを書くのが基本です。

でもそうして共感されてくれば、あなたの想いや好きなこと、興味があることもちょくちょく書きましょう。

 

もちろんあなたは来てほしい人の悩みを解消するプロなので、その信頼を崩すようなことは書くべきではありません。

 

ただサロンのコンセプトに基づく延長線上に、あなた個人として興味があることもあるでしょうし、そもそもこのサロンを開業しようとした想いもあるハズです。

そんなことは相手にも響くことなので、ぜひ書きましょう。

 

これを書くといいのは、あなたと同じ関心がある人や、同じ好みの人が集まりやすくなります。

逆にいうと、あなたと合わない人は来なくなります。

 

あなたが来てほしい人だけに囲まれてサロンができれば、よりサロン経営もたのしくなります。

 

サロン周辺のことを書く。

 

サロンにくる動機は人によってさまざまです。

このサロンは、自分の悩みを解消してくれそうだと思えば、サロンに来られますが、サロンに来られる理由はそれだけでもありません。

 

例えば、サロンの近くにオイシイカフェがあったり、好きなケーキ屋さんがあったりしても行く動機になる場合もあります。

 

サロンのことだけでなく、サロン周辺のカフェやお店のことを書いておくと、そこに興味がある人が見てくれる場合もあります。

 

そこからサロンを知って来られることもあります。

 

常に目の前にいると思って書く

 

読んでもらうコツとして、ブログを書くときは、ペルソナの人(実際にいる人を具体的に想定するといい)が目の前にいて、その人に話書けるように書くことを意識すると、伝わる文章になりやすいです。

 

書いているとどうしても自分本位になったり、うまく書こうとして目の前の人に話をしていることを忘れがちになります。

 

実際には目の前にいる訳ではないですが、常にいると思って書くことで伝わる文章になります。

 

結論から書く。

 

ブログは、始めにまず結論を書く癖をつけましょう。

読んでくれる人も忙しいです。

 

いろんな情報があるなかで最後の方まで読まないと結論が分からない文章では読んでもらえません。

 

いいことが書いてあってもそれではもったいないので、まず初めに結論からはじめましょう。

 

あなたの視点を必ず入れる。

 

ブログを書くときには、あなたの視点を入れるようにしましょう。

あなたのプロとしての視点、あなたならではの視点があるから、他とは違うブログになります。他のブログと同じでは共感されません。

 

誰でもわかる文章を心がける。

 

文章を書くのが苦手な人も多いと思いますが、ブログは何も上手に書く必要はありません。

だから上手な人の文章を見て、こんなの書けないと思う必要もありません。

 

あなたなりの文章でいいのです。ただ分かりやすい文章を書くことだけは強く意識しましょう。

素晴らしい文章より、分かりやすい文章がいいのです

 

初めはそれさえ難しい人もいると思いますが、分かりやすい文章なら書いていくうちに必ず身につきます。

 

基本フォーマット通りに書く。

 

ブログは、作家のような素晴らしい文章を書くのが目的でなく、ペルソナの人に役立つコト、共感してもらうことを書くのが目的です。

なので、それが伝わる文章ならそれで十分です。

 

そうなるコツは、基本フォーマットの通りに書くと、毎回構成を考えなくてよくなりますし、その方が書きやすく伝わりやすい文章になるのでおすすめです。

 

よく、文章を書くときは、起承転結を意識して書きましょうといわれます。

でも、ブログの場合は、「結論・理由・具体例・もう一度結論」でいいと思います。

 

例えば、ウォーキングレッスンをしているサロンならこんな感じです。

 

 

【結論】肩こりを解消するなら姿勢を見直しましょう。

 

【理由】肩こりの原因の多くは姿勢の悪さからおこるから。

 

【具体例】猫背気味だったお客様が姿勢がよくなったことで、肩こりまで解消された。

 

【もう一度結論】肩こりを解消するなら姿勢を見直しましょう。

 

 

タイトルはよく考えて書く。

 

ブログは、タイトルがとても大事です。

検索で見てもらうためにも、キーワードをしっかり入れることも大事ですし、そもそも人はタイトルを見てそのブログを読むかどうかを判断するので、よく考えてタイトルを決めましょう。

タイトルの良しあしで、その記事を読んでくれるどうかが決まります。

 

誤字脱字をチェックする。

 

ブログを書いたら投稿する前に必ず全体をもう一度読み返し、誤字脱字がないかを確認しましょう。

あまり多いと、サロンで提供する技術も疑われることになりかねません。

 

スマホで見やすくなってるかを確認する。

 

今はパソコンよりもスマホで見る割合が増えてます。

書いたブログをパソコンで書いた場合でも、スマホでどう見えてるかを確認し、スマホでも読みやすい文章に直しましょう。

 

ブログ記事の下に必ず書くこと

 

ブログの目的は、来てほしいお客様に、ウェブ上にあるリアルサロンの分身であるブログを読んでもらって共感してもらい、ブログを通じてつながりをつくり、最終的には予約というカタチでサロンに来てもらうことです。

 

なので、ブログを最後まで読んでくれた人が、次の行動に移りやすいように、記事の下には、問い合わせ先や、LINE登録先、サロン予約ページなどを書いて置きましょう。

 

そうすることで、読者が行動したいと思ったとき、スムーズな案内ができ行動を促してもらいやすい仕組みになります。

 

毎日書かないといけないの?

 

毎日書いた方がいいのかどうかに正解はありません。

たとえば、悩みを持つ人に役立つセルフケアの方法を写真付きで書くとなれば、それなりの時間がかかるので毎日投稿するのは難しいかもしれません。実際毎日サロンワークがあるわけですから。

 

ただ、更新があまりないブログには、継続的に見に行こうとはしないものです。

 

継続的にブログの更新があり、もちろん内容も共感できるものであれば、ブログのリピーターは確実に増えます。

 

ブログはサロンの分身なので、そんな人が増えることがリアルサロンへの集客にもつながります。

 

サロンワークの合間に、歯を磨くようにブログを書くことを習慣にできれば、サロンとブログの距離が縮まって、ブログからの集客が増えていきます。

 

文字数はどれくらいがいいのか?

 

これも正解があるわけではありません。

だらだら自分が言いたいことだけを書いても見てもらえないでしょうし、共感してもらう文章を書こうと思えば、ある程度の文章量になるハズです。

はじめは短くてもいいので、継続することを優先しましょう。

 

書くのが苦手ならどうすればいいのか?

 

文章を書くのが苦手だという人は多いです。振り返ってみて、子どものころの作文って得意でしたか?

全く苦手‥という人多いですよね。何も訓練しないのに、大人になったから突然上手になることはありません。

 

ただブログに必要な書くスキルは、分かりやすく伝えられるスキルで十分です。なにもすごい文章を書く必要はありません。

 

分かりやすく伝わる文章なら、書くのが苦手な人でも継続している内に必ず上達します。

サロンのブログを書くのが苦手な人がライティング力をあげる方法サロンのブログを書くのが苦手な人のためにライティング力をあげる方法を6つほど書いてみました。セラピストや治療家は書くことを苦手にしている人が多いですが、要は施術力と伝える力のバランスです。もう少しだけ書く力、伝える力を磨きましょう。...

 

ウェブで共感してもらうには、書くスキルはどうしても必要になってきます。

ブログでサロン集客をめざすなら書くことで上達するしかありません。

 

シリーズものをつくると書きやすい。

 

ブログでよくあるのが「書くことがない」という悩み。

これは、ブログの全体設計をはじめにしていないことでおこりやすいです。

 

はじめにブログの全体設計で、カテゴリー分けを行い、いくつか書くテーマを決めておくと書きやすくなります。

 

また、雑誌によくあるように、シリーズものをつくっておくことで「書くことがない!」という悩みもかなり解消します。

 

ブログ集客につながる正しいサロンブログの使い方

 

SNSと連携させる。

 

ブログはメインとなる母艦になるので、FacebookやインスタなどSNSと連携させることで、ブログを読んでもらう入り口を増やすことができます。

 

ブログを投稿したら、Facebookやツイッターでもお知らせすると、そこからブログに来てもらえます。

 

また、インスタなどのプロフィール欄にブログの情報を載せておくと、そこからブログを見てもらえることもあります。

 

SNSなどとブログとを連携させておくと、いろんな入り口からブログを見てもらえる機会が生まれます。

 

チラシなどのアナログツールにも必ず載せておく。

 

サロンのチラシや名刺、リーフレットなどのアナログツールにもブログのアドレスや情報を載せておくと、ここからブログを見てもらえることもあります。

 

ブログを見てもらえるのは、ウェブやSNSからだけではありません。ウェブとアナログを組み合わせましょう。

 

写真や動画を活用する。

 

ブログは文字だけでなく、写真や動画も載せることができます。写真があると一瞬で伝わりやすくなります。

 

ブログで使う写真も実際に自分で撮った写真だけでなく、著作権フリーの無料素材を利用することもできます。無料素材は検索するとでてきます。

 

またサロンの様子やセルフケアの方法などをユーチューブなどの動画で載せると文章では伝わりにくいことも分かりやすく伝えることができます。

 

メルマガをすることもできる。

 

ブログを見てくれる読者やファンが増えてきたら、メルマガを発行し、直接メルマガを通じてつながりをつくり、より関係性を深めることもできます。

こうすることで、より深く繋がることができるので、サロンの集客にも効果的です。

 

投稿した後は反応を見る。

 

投稿した後は、必ず反応を確かめましょう。

アメブロなどはアクセスが分かる機能があります。(かなり多めにカウントされてますが・・)

 

また、Facebookやツイッターなどにリンクして投稿すれば、それで反応がわかります。

 

正確なアクセス数を知りたければ、グーグルアナリスティクスというツールを導入することで正確なアクセスが分かるのですが、ココでは省略します。

 

興味がある人は、グーグルアナリスティクスで検索してみてください。

 

反応を見る癖をつけておくと、どんな内容のブログ記事が興味を持たれるのか、どんなタイトルの記事がいいのかなどが分かるようになってきます。

 

これを続けることでより共感してもらえる記事が書けるようになります。

 

とにかく続ける。

 

ここまでブログ集客につながるサロンブログの書き方、使い方を書いてきました。

でもいちばん大事なのはブログを続けることです。

 

続けていると、どんなことを書けば共感してもらえるのか、どんなことに興味があるのか、どんなふうに書けば分かりやすく伝わりやすくなるのかが、分かるようになり、サロンに来てほしい人とよりつながることができるようになります

サロンのブログを継続できない人が知っておきたい7つのコツサロンのブログを継続できない人が知っておきたい7つのコツを書きました。サロンのブログで集客したいと思っていても、そもそもブログを続けることに苦労している人も多いと思います。正しく続けていると必ず結果は出るので良ければ参考にして下さい。...

 

楽しみながらブログを継続しましょう。

まとめ

 

以上「セラピストや施術者の為のサロンにお客様が集まるブログ集客の教科書」でした。

 

ブログは、ウェブ上にあるリアル店舗の分身なのでリアルサロンでしているようなおもてなしや、気配りは、ブログでも同じように必要です。

 

そして何よりも継続して更新することで少しづつブログの存在が認知され、興味を持つ人が増え、ブログのファンになっていきます。

これはまさにリアル店舗の集客と同じ仕組みです。

 

ブログで読者と繋がれば、それがリアルのサロンへの集客につながります。

そのためには、手間がかかりますがブログの全体計画が大切です。

 

それがしっかりできれば、あとは試行錯誤しながら、でも楽しみながら続けることで共感してもらうブログになっていきます。

 

コツコツブログ続けていると、ある時から、あなたが来てほしい人が向こうからあなたを求めてやってくる状態が本当に生まれるのがブログです。

 

ブログをしているのに全く集客できない人はぜひ参考にしてみてください。

ABOUT ME
オカダタイスケ
オカダタイスケ
人が集まるストーリーをつくるマーケター。「集まる@サロン養成スクール」代表。提供しているサービス。「集まる@相談所 」主催。「無料相談」。プロフィール専門カメラマン見習い・大阪在住・2児の父。プロフィール⇒
7日間無料メール講座

集客が苦手なセラピスト・施術者のための
集めないサロン集客
〈 7日間無料メール講座 〉

「無料PDF冊子」ダウンロードプレゼント中!

◆ 集客の状態を自分で診断できる!
〈 集客セルフ診断シート100 〉

◆5分で読める!
売上50万のサロンになる50のルール 〉