サロン開業

サロンを開業して、何人のお客様がいればやっていけるのか?

 

こんにちは。岡田です。

サロンを開業して、軌道に乗せようと思ったら、いったい何人のお客様が必要なのか?

何人のお客様がいれば、サロンを続けていけるのか?

 

みなさん考えたことありますか?

 

これからサロンを開業する人にとっては、ピンと来ない話かもしれないですけど、

ココは明確な数字を持っておいた方がいいです。

 

今日は、「サロンを開業して、何人のお客様がいればやっていけるのか?」

についてお話します。

 

何人のお客様がいれば、サロンはやっていけるのか?

 

結論からいうと、
サロンは、
20人から30人のリピート顧客がいれば、
十分やっていけます

 

もちろん、20人から30人という数は、
人によって売上の目標が違うので、
一概には言えません。

 

人によっては、10人でもやっていけるかもしれないし、
50人必要だという人もいるでしょう。

 

ただ、100人とか、200人とか・・

 

自分でも想像できないような数ではなくて、
20人から30人のお客様がいれば、サロンはやっていけます。

 

ただし、このお客様は、
新規客ではなく、リピート顧客であることが前提です。

 

なので、
サロンを開業して、
続けていこうと思ったら、
シンプルに、
20人から30人のリピート顧客をつくることを目指せばいいワケです。

 

ただ、1つ、
めちゃくちゃ大事なポイントがあります。
ここを間違うとうまくいきません。

 

それはリピート顧客のとらえ方です。
リピート顧客といっても条件があります。

 

リピート顧客の条件

 

ここで言うリピート顧客というのは、

例えば、

ボーナスが入ったから・・
ちょっとストレスがたまったから・・
疲れがピークだから・・

 

そんな理由でリピートしてくれるけれど、
たまーに、
お客様の方から、
不定期に連絡があって、
サロンに来るようなリピート客のことではないです。

 

もちろんそういうお客様も、
サロンの大事なお客様の一人ではあるけれど、
リピート顧客にはカウントしません。

 

なぜこういうお客様をリピート顧客にカウントしないかというと、
そのお客様では、集客の計算が立たないからです。

 

サロンにリピートするのは、
先方の気が向いたタイミング・・

いつリピートするかもわからない。
それでは、計算が立ちません。

 

こういうお客様は、確かにリピートしてくれるけれど、
こちらが求める真のリピート顧客とは言えません。

 

じゃあ、どういうお客様が、
真のリピート顧客かというと、

 

例えば、

こちらが提案した期間
(2週間から3週間くらいまで)で、

必ず「次回予約」を取って

それも、3回、4回ではなく、
半年、1年、2年と。。
ずっと通い続けてくれるお客様のことです。

 

こんな関係性の強いリピート顧客を
まずは一人、そして20人から30人と作っていけば、
サロンは十分やっていけます。

 

ただ、「そんなリピート顧客をつくるのって、大変そう・・」

って思う人もいるかもしれません。

 

でも、リピートしない100人、200人の新規客をひたすら集客する方が、
よっぽど大変です!

 

まずは1人でいいんです。
強固なリピート顧客を作りましょう。

このやり方で、ほとんどの人は、うまくはずです。

売上の計算式から考える。

 

次回予約をとって定期的に継続してくれる・・

そんな20人から30人のリピート顧客がいれば、サロンを開業してもやっていける・・

といいました。

 

たださっきも言いましたが、売上の目標が人によって違います。

なので売上目標によっては、20人から30人では足りないかもしれませんし、
人によっては、10人でもいいかもしれません。

 

 

これを考えるときのベースになるのが、売上の計算式です。

 

売上は、客単価×客数で計算します。

 

なので、例えば、100万の売上目標の人は、客単価が5万のリピート顧客が20人いれば、やっていけますし、

逆に、客単価が1万なら100人のリピート顧客が必要になります。

 

売上の計算式をベースに、
自分の売上目標を考えたときに、どれくらいの客単価で、それくらいのリピート顧客が必要になるのか?

それが分かってくるはずです。

 

まずは一人目のリピート顧客をつくる。

 

売上目標は人によって違うにせよ、
定期的に次回予約を取って継続する20人から30人のリピート顧客がいれば、
サロンはやっていけます。

 

 

ただ、すでに開業しているけれど、
そういうリピート顧客が一人もいない・・
というサロンも現実には、たくさんあります。

 

 

これが続くと、サロンを続けていくのが難しくなるわけですが、

なぜそうなるかというと、

はじめから、
必ず定期的に次回予約を取って継続する「一人目のリピート顧客」を作ろうとしないからです。

 

 

たまーに、お客様の方から、
不定期に連絡があって、
サロンに来るようなリピート客をいくら増やしても、
こちらが求める真のリピート顧客は増えません。

 

まずは一人目の真のリピート顧客を作ることに全力を上げること。

これがとても大切になります。

 

 

そして、一人目の真のリピート顧客を作ることができれば、
同じやり方が使えるので、
このあと、20人、30人と増やしていくことはできます。

 

ぜひサロンを開業して軌道に乗せようと思ったら、
本当の意味でのリピート顧客をまずは一人作ることに全力を上げましょう。

これがサロンを成功させる上で大きなポイントになります。

 

まとめ

 

今日は、「サロンを開業して、何人のお客様がいればやっていけるのか?」でした。

サロンを開業すると、新規客の集客に意識が行く人が多いですけど、

本当にしなければいけないのは、

一人目ののリピート顧客を作ることです。

 

相手にサロンの来店の決定をゆだねるのではなく、こちらが提案したタイミングで次回予約を取って定期的に来店するリピート顧客。

 

この一人目のリピート顧客をつくることに、

みなさんがもっている・・
知識や技術、資格、経験、知恵、アイディア、個性、情熱、想い、得意、誰かのサポート・・・

そういうのを全部、そこに注ぎ込む。

 

コロナがある世界では、
より関係性の強いリピート顧客を作ることが、
サロンを続ける上で、必須の戦略です。

 

ABOUT ME
Avatar photo
岡田タイスケ
人が集まるストーリーをつくるコンサルタント/集客のチカラで、がんばる個人経営者・フリーランス・起業家を応援!〇強みの最大化〇世界観のあるコンセプト〇ストーリーのある集客戦略〇7つのロードマップ/「集まる@無料相談 」/開業・経営サポート/サロン開業・育成スクール準備中。大阪在住 まずはこの記事から⇒ ★初心者のための「正しいサロン集客」の方法(2020年版)初心者でもうまくいく「サロン開業」の方法【2020年度版】(質問チェックリスト付き)サロンのブログから集客したい初心者のための教科書【2020年版】サロンのチラシから安定して集客する方法【2020年度版】
7日間無料メール講座

集客が苦手なセラピスト・施術者のための
集めないサロン集客
〈 7日間無料メール講座 〉

「無料PDF冊子」ダウンロードプレゼント中!

◆ 集客の状態を自分で診断できる!
〈 集客セルフ診断シート100 〉

◆5分で読める!
売上50万のサロンになる50のルール 〉