サロン開業

サロンの開業が成功する「価値あるメニュー」にある8つの絶対的条件

 

こんにちは。岡田です。

これからサロンを開業したい人なら誰しも「お客さんに求められる価値あるメニューをつくりたい!」って思ってるはずです。

 

また、すでに開業した人でも、

そのメニューに自信が持てなかったり、お客様の反応がイマイチだったり、価格の適正に納得がいかなかったり・・

モヤモヤしている人がいるかもしれません。

 

サロンのメニューって奥が深い。。

でも、お客さんに求められる「価値あるメニュー」をつくるワケなので、それも当然と言えば当然。

 

ただ、サロンのメニューってサロンビジネスの核なので、自分で納得のいく「価値あるメニュー」を作りたいと思っている人は多いはずです。

 

ということで今日は、

『サロンの開業が成功する「価値あるメニュー」にある8つの絶対的条件』をお伝えします。

困ってる方は参考にどうぞ^^

 

開業の成功には「価値あるメニュー」が必要!

 

サロンが成功するためには、いろんな要素が必要です。

1つの要素ではうまくいきません。

 

ただ、サロンのメニューは、その中でも特に重要です。

「価値あるメニュー」を作ることができれば、サロンを開業しても成功する確率がぐっと上がります。

 

そもそもサロンというのは、「価値あるメニュー」に人を集め、それでお金を頂き、その人を満足させ、リピートしてもらう・・

「価値あるメニュー」があるから、サロンの経営はうまく回っていきます。

 

どんなにサロンの内装にお金をかけても、どんなに集客にお金をかけても、どんなに根性で頑張っても、「価値のないショボいメニュー」では、開業しても失敗します。

 

これからサロンを開業したい人も、すでにサロンを開業している人も、安易な発想で、どこにでもあるメニューをあっさり作るんではなく、時間をかけ、頭をひねって「価値あるメニュー」を作りましょう。

 

「価値あるメニュー」づくりが難しいワケ

 

サロンの開業には、「価値あるメニュー」が必要。

でも、そんな「価値あるメニュー」を作るのは、言うほど簡単ではありません。

みんさんも困ってますよね。

 

なぜ簡単ではないのか?

それは、「価値あるサロンのメニュー」にするには、いろいろ条件があるからです。

あとで「8つの絶対条件」を説明します。

 

この「8つの絶対条件」を分かっていないと、「価値あるメニュー」にならない・・。

これが「価値あるメニュー作り」の難しいところです。

 

ということで、

「価値あるサロンメニューになる絶対条件」を8つ挙げておきました。

自分のサロンのメニューと照らし合わせながら、確認してみてください。

 

こうやって「価値あるメニュー」ができれば、

そのメニューが共感され、口コミされ、新規客を引き寄せ、リピート客を増やします。

 

そして、お客様を満足させるだけでなく、お客様の悩みを解決し、お客様の未来を後押しします。

 

つまり、最終的には、「価値あるメニュー」のおかげで、サロンの経営者、施術者、セラピストが幸せになります。

 

それくらい大切なのが、サロンのメニュー。

丁寧に、用意周到に・・「価値あるメニュー」を作りましょう。

 

「価値あるサロンメニュー」になる8つの絶対的条件

 

「価値あるサロンのメニュー」には、何が必要なのか?

以下に、8つポイントを挙げておきます。

 

①「幸せにするターゲット」がメニューにあるかどうか?

 

そもそも、サロンのメニューというのは、

困っている人や、悩みごとがある人が、そのメニューを受けることで改善したり解決するために存在します。

 

つまり、サロンのメニューは「誰の」困りごとを解消できるのか?

「誰の」悩みごとを解決できるのか?

 

この「誰の」・・がメニューにあるから、価値が生まれます。

つまり、ターゲットです。

 

そのメニューはいったい「誰の」ために必要なのか?

「誰の」役に立つのか?

「価値あるメニュー」には、「ターゲット」が必要です。

 

誰の役に立つのか分からないメニューや、ターゲットが曖昧なメニューが、人(ターゲット)に受け入れられるハズがありません。

 

そのメニューは、誰のためのものなのか?

「ターゲット」を明確にしましょう。

 

②「ターゲットのお悩み解決」がメニューにあるかどうか?

 

「価値あるサロンのメニュー」には、ターゲットが必要・・。

でもそれと同時に、そのメニューは、ターゲットの困りごとや悩みを解決するものでなければ、人はお金を払いません。

 

つまり「価値あるメニュー」には、ターゲットのお悩み解決が必要になります。

これがあることで、ターゲットはそのメニューを受ける価値が生まれます。

 

ターゲットのお悩みを解決する方法には、サロンの特徴が出せます。

あなたの強みを存分に発揮できます。

ここで他のサロンとの差別化が出来たり、特徴を出せたりします。

 

ただそのためにも、

あなたの強みが生きるターゲットを間違わないことや、そのターゲットの悩みを正しく深く理解することも大切。

 

「価値あるメニュー」には、ターゲットの悩みを解決する方法があります。

自分はどんな方法でターゲットの悩みを解決できるのか?

ここをよく考えてみましょう。

 

③「ターゲットの強いニーズ」がメニューにあるかどうか?

 

「価値あるメニュー」にするには、その前提としてニーズが必要です。

どんなに素晴らしいと思えるメニューでも、誰もそれを求めていなければ、そのメニューは価値あるものとは言えません。

 

「価値あるメニュー」には、そうした強いニーズがあります。

 

ただ勘違いしてはいけないのは、

そのニーズは、あなたのサロンが考えるターゲットのニーズだけでいいこと。

 

つまりターゲットでもない人のニーズがいくらあっても、それは意味がないということです。

「価値あるメニュー」には、ターゲットの強いニーズがあります。

そこはよくリサーチしましょう。

 

④「自分の強み」がメニューにあるかどうか?

 

「価値あるメニュー」には、必ず強みがはあります。

どこでもやってるメニューをあなたがやっところで支持されるでしょうか?

 

星の数ほどサロンがある中で、あなたのサロンのメニューを受けたいという人をつくるには、どうしたらいいんでしょうか?

 

それを可能にするのが、あなたの強みです。

あなたの強みもない・・どこにでもあるメニューを他と同じように作っても、それは価値あるメニューにはなりません。

 

あなたの強みがサロンのメニューに生かされてこそ、そのメニューは価値があるものになります。

 

サロンメニューはあなたそのもの。

あなたの強みをメニューに投入しましょう。

 

⑤「他との違いや特徴」がメニューにあるかどうか?

 

あなたのサロンが世界に1つしかないのなら、他との違いや特徴に、それほどこだわる必要はないかもしれません。

それでもサロンは成功するでしょう。

 

ただそんな世界は存在しません。

あなたのサロンのジャンルやあなたの出店エリアには、あなたと同じようなサロンが既にひしめき合ってます。

その中であなたのサロンを見つけてもらうためには、他との違いや特徴がメニューに不可欠です。

 

他との違いや特徴を見出すのが苦手な人も多いです。

でも、そのヒントはさっき書いたあなたの強みの中にあります。

あなたという存在は、他とは必ず違います。

 

あなたの強みを見つけ、組み合わせ、あなただけの強みにして、それをメニューに投入することで、それが他との違いや特徴になります。

 

「価値あるメニュー」には、他との違いや特徴があります。

諦めずに、それを追求しましょう。

 

⑥「ターゲットに響くキャッチコピー」がメニューにあるかどうか?

 

「価値あるサロンのメニュー」には、ターゲットに届く、響くキャッチコピーがあります。

 

いくら価値あるメニューをつくれても、そのメニューをターゲットに届ける方法は1つです。

それは相手に伝わること。

相手にその価値が伝わらなければ、何の意味もありません。

 

そして相手に伝わるには、ターゲットに響くキャッチコピーが必要です。

 

「価値あるメニュー」には、いいキャッチコピーがあります。

メニューの見せ方、届け方を工夫しましょう。

 

⑦「ターゲットの未来」がメニューにあるかどうか?

 

「価値あるメニュー」には、ターゲットの未来があります・・なんて書くと大げさに聞こえるかもしれませんが、そんなことはありません。

「価値あるメニュー」には、ターゲットをどこへ導くのか?

ターゲットの輝く未来がそこにはあります。

 

ターゲットが、あなたのサロンに来て、あなたのサロンのメニューを受けるのは、ターゲットが抱える困りごとや、悩み事を何とかしたいからです。

改善したり解決したいからです。

でも、それだけではないハズです。

 

想像してみてください。

ターゲットは、単にその困りごとや悩み事を解決したいワケではないんです。

その先にある未来を想像しているんです。

叶えたい未来があるんです。

 

例えば、

お肌の悩みを解決して、

いい出会いを求めているかもしれません。

理想の職業に就きたいのかもしれません。

仕事を成功させたいのかもしれません。

コンプレックスを解消して人生を変えたいのかもしれません。

 

「価値あるメニュー」には、ターゲットの未来があります。

ターゲットの悩みの先にある未来を想像しましょう。

 

⑧「安くない適正な価格」がメニューにあるかどうか?

 

「価値あるメニュー」は安くないです。

少しお高めの料金です。

あまりに安い料金のメニューでは、正しい価値を提供できないので、当然です。

 

ターゲットの悩みを深く理解し、あなたの強みをその悩みの解決に生かし、他では受けられない特徴のあるメニューなら、必然的に安い料金設定にはなりません。

それ相応の価格になります。

 

ただそれなのに、ターゲットはそれほど高いとは感じません。

なぜなら、そのメニューが他になくて探していて、自分には価値があると思えるからです。

 

そんなメニューが「価値あるメニュー」です。

そういう「価値のあるメニュー」を作りましょう。

 

まとめ

 

『サロンの開業を成功させる「価値あるメニュー」になる8つの絶対的条件』でした。

 

「価値あるメニュー」になるためには、いくつか絶対的な条件があります。

そしてその条件をクリアするためには、丁寧な作業が必要です。

 

例えば、

・自分の強みを見つけるために、自分を客観的に掘り下げる作業。

・その強みが生きるターゲットを見つける作業。

・ターゲットの悩みを深堀し、強みをメニューに生かす作業

・ターゲットに響くキャッチコピーを考える作業・・

 

それらの作業を経ることで、「価値あるメニュー」が生まれます。

 

これだけ聞くと大変なことのように思うかもしれませんが、サロンのメニューは、それだけ時間やアイディア、手間、工夫など、すべてを動員すべき大切なもの。

 

それは「価値あるメニュー」が開業を軌道に乗せ、経営を安定させるからです。

8つの絶対的条件で「価値あるメニュー」をつくってみてください^^

ABOUT ME
岡田タイスケ
人が集まるストーリーをつくるコンサルタント/集客のチカラで、がんばる個人経営者・フリーランス・起業家を応援!〇強みの最大化〇世界観のあるコンセプト〇ストーリーのある集客戦略〇7つのロードマップ/「集まる@無料相談 」/開業・経営サポート/サロン開業・育成スクール準備中。大阪在住 まずはこの記事から⇒ ★初心者のための「正しいサロン集客」の方法(2020年版)初心者でもうまくいく「サロン開業」の方法【2020年度版】(質問チェックリスト付き)サロンのブログから集客したい初心者のための教科書【2020年版】サロンのチラシから安定して集客する方法【2020年度版】
7日間無料メール講座

集客が苦手なセラピスト・施術者のための
集めないサロン集客
〈 7日間無料メール講座 〉

「無料PDF冊子」ダウンロードプレゼント中!

◆ 集客の状態を自分で診断できる!
〈 集客セルフ診断シート100 〉

◆5分で読める!
売上50万のサロンになる50のルール 〉