サロン集客

「サロンに集客できない人が、自己肯定感を上げる、割とシンプルな方法」

 

こんにちは。岡田です。

「自己肯定感」が低い人って結構たくさんいらっしゃいます。

サロン相談のときでも、
口に出して言われる方もいますし、
お話していてわかることもあります。

個人的には、自己肯定感が低くても
それがお客様に伝わらなければ、
問題ないと思いますが、
なかなか、そううまくいかなくて、

どうしても、自己肯定感の低さが、
いろんな場面でちょいちょい顔を出してしまいます。

そして、それが、サロンの集客を妨げてる原因になってることが多々あります。

 

「サロンに集客できない人が、
自己肯定感を上げるには、割とシンプルな方法があるので、

今日は、それについてお伝えします。

自己固定感の低さが、出てしまう場面

 

自己肯定感の低さって、

どういうところで顔を出すかというと、
例えば、次のような場面です。

 

・お客様の「接客」での「対応」や言葉のどこかに、「自信のなさ」が無意識に出てしまう。または、どこか自信がないように映ってしまう。

・SNSやブログなどの「発信」の言葉のちょっとしたところに、「自信のなさ」が出てしまう。

・自信がないから、「次回予約の提案」を躊躇してしまう。

・人のSNNや、他のサロンのことが、すぐ気になってしまう。

・「今の自分の技術」に自信がもてず、すぐ「新し技術」の習得に走ってしまう。

・新規のお客様が来ないのは、自分の技術のなさだと思ってしまう。

・「リピート」されないのは、自分が満足させられてないからだと落ち込んでしまう。

・必要以上にお客様にへりくだってしまう。

 

「自己肯定感」は、普通に安定してる方がいい。

 

こんなふうに、自己肯定感が低いと、
その空気感が、どうしてもお客様に伝わってしまうことがあります。

それが、集客に影響したり、
リピートされにくくしていたり、
リピート顧客が定着しにくい原因になっていたりします。

単純な話、

技術レベルがそこまで高くなくても、
自信をもって接客して、
堂々とサービスを提供すれば、
お客様の心をつかめてしまったりすることも多い。

逆に、技術のレベルは高くても、
施客やサービスがお客様に自信なさげに映ってしまうと、
お客様の心に響きにくくなります。

 

なので、「自己肯定感」は、
必要以上に高くなくてもいいけど、
普通に安定してる方がいいよね、、ってことになります。

 

では、

ーーーーーーーーーーーーーーーー

自己肯定感はどうやったら上がるの?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ってことになります。

 

この問題が解決しないと思っている人も多いはず。

ただこれについては、割とシンプルな方法があるので、それを紹介します。

 

「自己肯定感」を上げる、割とシンプルな方法

 

自己肯定感を上げる、割とシンプルな方法・・

それは、

ーーーーーーーーーーーー

ベクトルを「自分が幸せにできる人」に向けて、
何かその人の役に立つことをして、
その人から、喜ばれる経験を重ねることです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

言葉にすれば、こういうことです。

 

自己肯定感が低い人は、
ベクトルを常に自分の方に向けています。

そうではなく、
ベクトルを
「自分が助けてあげられる人」に向けます。

 

そして、今ある技術や資格や経験でいいので、
「自分が助けてあげられる人」に
役に立つことをしてあげる。

 

役に立つこと・・・

それは。なんでもいいんです。

 

例えば、

フェイシャルの技術があって、
お肌のハリツヤを上げる方法に詳しいなら、
それを必要としている人に発信してもいいし、

占いの資格があるなら、
困っている人に無料で占ってあげるのもいい。

ダイエットの知識があるなら、
SNSで「自分が助けてあげられる人」に向けて発信すればいいし、

痩せたい人をサポートするために、
オンラインの相談を始めてみるのもいい・・

自宅でサロンができるスペースがあるなら、
そこを拠点にして、サポートするでもいい。

何でもいいんです。
自分ができることなら。。

 

具体的には、

〇「無料」でその人の話を聞いてあげる。

〇「オンライン」で相談を受けてみる。

〇その人に役立つことを「発信」してみる。

〇インスタやユーチューブなどのSNSで「動画配信」してみる。

〇自分が発信する場所(ブログなど)をつくってみる。

〇その人がもとめる「オンラインサービス」をつくってみる。

〇サロンを開いてその人を助けてあげる

 

例えば、こんなことを自分が助けてあげられる人に向けて、
始めてみるわけです。

自己肯定感は、気づいたときには意識しなくなってる。。。が正しい。

 

そして、こんなことを始めると、
どうなるかというと、

 

喜ばれます。

感謝されます。

共感されます。

ほめてもらえます。

頼ってもらえます。

信頼してもらえます。

こんな反応が、実際に返ってきます。

 

そして、

ーーーーーーーーーーーーーー

こんな反応をもらったとき、貴方はどうなるのか?

ーーーーーーーーーーーーーーー

というと、

 

自分の魂が充実してきて、
自分の自己肯定感が自然と上がっていきます。

 

自己肯定感は、
一気に上がるものではなく、
気づいたときには、
意識しなくなってる。。。が正しいです。

自己肯定感を意識しなくなってくると、
それと比例するように、
サロンの状態も好転していくはずです。

 

まとめ

 

今日は「サロンに集客できない人が、自己肯定感を上げる、割とシンプルな方法」についてお伝えしました。

 

自己肯定感は、無理やり、上げようと思っても、上がるものではなく、

「誰か」から、喜ばれ、感謝され、頼ってもらえ、信頼してもらってはじめて、上がっていくものなので、

その「誰か」の役に立つことをしましょう。

 

「誰か」というのは、サロンの「ターゲット」

そして、「役立つこと」というのは、

サロンを通じて、そのターゲットを幸せにすることです。

 

ABOUT ME
アバター画像
岡田タイスケ
「強み」を見つけ「集客」という羽ばたく「羽」を授けて頑張る人をサポートするコンサルタント ●「オンライン講座サイト」運営 ●「強みの掘り起こし」「人を引き寄せるコンセプトづくり」「その人に合った集客とリピートの仕組みづくり」 ●「サロン開業&集客の個別サポート」 ●「メルマガ」登録1000人 ●「個別無料相談 」はコチラ まずはこの記事から⇒ ●【保存版】初成功するサロン集客の方法が分かる教科書【保存版】サロンを開業したい初心者のための教科書【保存版】ブログからサロンに集客したい初心者のための教科書
サロン開業&集客個別サポート

個別サポートについて

「無料相談」はコチラ

 

~7日間無料メール講座~

集客が苦手なセラピスト・施術者のための
集めないサロン集客
〈 7日間無料メール講座 〉

「無料PDF冊子」ダウンロードプレゼント中!

◆ 集客の状態を自分で診断できる!
〈 集客セルフ診断シート100 〉

◆5分で読める!
最低でも売上50万のサロンになる50のルール 〉