WEB集客

個人サロンにはブログとホームページの両方必要かどうかの答え

 

 

こんにちは。岡田です。

個人サロンをするにあたり、はじめに立派なホームページからつくろうとする人がいます。

でも間違ってますよ。

 

予算も時間もたっぷり余裕がある人ならそれですいいですけど、はじめるならホームページよりブログからはじめましょう。

 

ホームページを作ったからと言って、それを見てもらおうと思えば、検索して上位に挙がってこないと誰も見てくれません。

絵に描いた餅です。

 

また、名刺やチラシからホームページを見たとしても、いきなり購入に至るケースはまれです。

 

ブログやSNSでしっかり信頼や共感を得たうえで、ホームページを見てもらえるようにすることが大切です。

 

「個人サロンにはブログとホームページの両方必要かどうかの答え」を書きました。

 

ブログとホームページの違い

 

WEBサイトには、ブログとホームページの2つあって、それぞれ役割が違います。

ホームページの役割

 

ホームページは、たとえば会社でいうとパンフレットの役割です。

会社の概要や考え方、メニューや料金が書いてあるものです。

しょっちゅう内容は変わりません。

 

そして最終的にお客様には、このパンフレットの料金表から商品やサービスを購入していただきます。

 

いきなりパンフレットを見せてもお客様は、購入してくれないので、そこでパンフレットを見ていただくためにもブログが必要になります。

 

ブログの役割

 

ブログは、そのサービスに興味をもってもらうために発信するニュースレーターのようなものです。

 

提供している商品やサービスに興味がある人に、役立つ情報や新しい商品、イベントなど最新の情報を発信し、興味を持ってもらい共感してもらう役割があります。

 

こうしたニュースレターのようなもので興味をもってもらうことではじめて、パンフレットを見てもらえる機会ができ、購入につながっていきます。

 

ホームページとブログの理想的な関係

 

このように、ホームページとブログでは、役割が違うものなので、両方あればもちろんベストです。

でもどちらもない状態なら、まずはブログから始めましょう。

 

ブログは、ホームページの代わりもできますが、ホームページはブログの代わりはできません。

 

ホームページとブログの理想的な姿は、ワードプレスというホームページ/ブログ作成ツールで、ホームページをつくり、その中でブログを書くカタチ。

 

ワードプレスとは、世界中で利用されているwebサイト、ブログ作成ツールです。

 

こうするとブログを書けば書くほど、ホームページも見てもらえる機会が増え商品・サービスを購入してもらいやすくなります。

 

まとめ

 

今日は「個人サロンにはブログとホームページの両方必要かどうかの答え」でした。

 

はじめにお金をかけて立派なホームページをつくろうとする人がいますが、どんなに立派なものをつくっても、それだけでは意味がありません。

ブログがあってこそ、ホームページが生きてきます。

 

まずはブログで、お客様の役に立ち、共感されることを継続的に発信する。

ホームぺージは、そのあとでも十分です。

ABOUT ME
オカダタイスケ
オカダタイスケ
人が集まるストーリーをつくるマーケター。「集まる@サロン養成スクール」代表。提供しているサービス。「集まる@相談所 」主催。「無料相談」。プロフィール専門カメラマン見習い・大阪在住・2児の父。プロフィール⇒
7日間無料メール講座

集客が苦手なセラピスト・施術者のための
集めないサロン集客
〈 7日間無料メール講座 〉

「無料PDF冊子」ダウンロードプレゼント中!

◆ 集客の状態を自分で診断できる!
〈 集客セルフ診断シート100 〉

◆5分で読める!
売上50万のサロンになる50のルール 〉