ブログ集客

サロンのブログを読んでもらえない9つの原因とその解決法

 

こんにちは。岡田です。

サロンの集客にブログを使っている人は多いと思いますが、みなさんブログを読んでもらえてる実感はあるでしょうか?

 

そして、実際にブログから予約が安定して入っていますか?

 

サロンのブログは言うまでもなく、サロンに集客する目的で使うツールです。

更新することで、最終的には予約を頂くことが目的です。

 

そのためには、まず何よりもブログを読んでもらわないと始まりません。

 

サロンのブログが読んでもらえない9つの原因と解決法を書きました。

セラピストや施術者の為のサロンにお客様が集まるブログ集客の教科書「サロンにお客様が集まるしくみをつくる正しいブログ集客の教科書」をまとめました。ブログはウエブ上にあるサロンそのものです。正しいブログ集客を実践すれば必ず集客につながるすばらしい方法です。ブログでサロン集客したいのに苦戦している人は参考にしてみてください。...

 

当てはまる点が見つかれば、改善すべき点も分かりますよ。

 

ブログ自体に特徴がない。

 

サロンのブログが読んでもらえない原因の1つ目は、ブログ自体に特徴がないことです。

 

せっかくいいことがブログに書いてあっても、どこにでもあるブログで、そこに特徴がなければ、人はわざわざ読もうとは思いません。

 

ブログが読まれるためには、ブログにも他にはない特徴が必要です。

 

解決法

これを解決するのは、ブログに特徴を出せばいい訳です。

ただそのためには、そもそもサロン自体の特徴が必要になってきます。

サロンに特徴がないのに、ブログだけ特徴は出せません。

 

例えば、「痩せたい人のためのエステサロン」があったとします。

 

そんなサロンが一生懸命やせたい人の為に役に立つコトを書いていたとしても、そんなブログはたくさんあるし、そもそもあまり特徴がなにのでなかなか読まれません。

エステサロン自体に特徴がない状態では、いくらブログを頑張って書いても読まれないんです。

 

それが例えば、「婚活をしている人のダイエットをサポートするエステサロン」がサロンのコンセプトなら、さっきよりは特徴が出てきます。

すると、ブログのコンセプトも同じく婚活している女性にしぼった投稿になり、特徴がでてきます。

 

漠然とダイエットしたい人に向けたブログに比べて、特徴のある差別化されたサロンのコンセプトに基づいて書かれるブログは、よりターゲットの人に響く記事になり、読んでもらえます。

 

ブログもサロンと同じです。

 

たくさんのサロンがあるように、たくさんのブログがあります。

そんな中でブログにも他にはないあなただけの特徴を出しましょう。

そのためには、しっかりとサロン自体に特徴をつくることが大切です。

 

ブログのポジションが定まっていない。

 

ブログが読まれない原因の2つ目は、ブログのポジションのあり方です。

どのポジションでブログを書くのか?

これがとても大事です。

 

ブログのポジションが定まっていないと、どの層にも響かなくなり、ブログは読まれません。

ブログが読まれるためには、ブログのポジションを明確にして差別化する必要があります。

 

解決法

 

先ほどのエステサロンの例でいうと、ブログのポジションは、婚活を成功させたい人のダイエットをサポートするエステサロンというポジションです。

 

ダイエットしたい人は実際にはいろんな人がいますが、婚活を成功させたい人のダイエットにポジションをおきます。

ブログのポジションが決まれば、このポジションからブレずにブログを書くことがきます。

 

ブログでは、婚活が成功するためのダイエットをサポートするというポジションから外れてはいけません。

ブレずにブログを書いていくと、ターゲットには信頼感が生まれ読まれやすくなります。

 

ブログが読まれるためには、ブログのポジションを決めましょう。

 

ブログの投稿がターゲットとずれている

 

ブログもターゲットがぶれていると読まれません。

ブログは、サロンが設定したターゲットに向けて発信しなけば意味がなく、ここがズレてると、来てほしい人に届きません。

ブログでもサロンのターゲットに向けた投稿をすることが大切です。

 

解決法

 

先ほどの例では、サロンのコンセプトを「婚活が成功するためのダイエットのサポート」にしました。

この場合のターゲットは、婚活をしている女性です。

 

それなのに、例えば、産後の体重が気になる女性や、仕事のストレスから太ってしまったワーキングウーマンに向けてブログを書いてしまうとターゲットからブレてしまいます。

 

これだと、誰に向けたブログなのかが読む人に伝わらず、本当に来てほしいターゲットに響きません。

 

ブログは、先ほどのポジションを明確にしておかないと、どんどんブレてくるんです。

 

なので、ブログのポジションをしっかり決めて、必ずあなたのポジションからブログを書き、ターゲットからブレずにブログを書くことが大切になります。

 

ブログとSNSが連携されていない。

 

ブログだけ一生懸命書いていても、それだけでは読まれないこともあります。

そんな人は、ブログと他のメディアとを連携させていないからかもしれません。

 

ブログの特徴の1つが、他のメディアと連携できるところです。

 

ぜひブログとSNSなどを連携させて、色んな導線からブログを見てもらう仕組みを作っておきましょう。

 

解決法

 

例えば、投稿したブログをフェイスやツイッターに投稿することで、そこからブログを見てくれる機会が生まれます。

 

インスタやユーチューブも同じです。

 

またSNSではないですが、チラシやリーフレットにブログを紹介することでそこから読まれることもあります。

 

ブログが読まれないという人は、こうした連携をしているでしょうか?

手間かもしれませんが、こうした丁寧なブログ運営でもっと読まれるようになるハズです。

 

誰が書いてるブログか分からない。

 

どんないいことがブログで書かれていても、どんな人がそれを書いているのかが伝わらないと、継続して読んではくれません。

 

あなたは自分のことをブログで知ってもらう工夫をしているでしょうか?

もしそうでないなら、ブログでもあなたのことも知ってもらう工夫をしましょう。

 

解決法

 

先ほど説明したポジションはブレてはいけないのですが、そのなかで自分を出すことも大切です。

何が書いてあるかよりも誰が書いているのかが重要なことも多いです。

 

それが親しみや共感、信頼感につながって、ブログが読まれることにもつながっていきます。

 

そのためにできることは、しっかりプロフィールを書くこと。

 

あなたの人となり、いい面もコンプレックスも含め、できるかぎり限りこちらからオープンにすることで、読む人のココロももオープンになって、読んでもらいやすくなります。

 

またこれはブログの文章も同じです。

あえて自分の失敗や、つっこまれることを書くことで、相手もココロを開いてくれます。

あなたの人となりが分かるようなブログを心がけましょう。

 

ブログ文章の質に課題がある。

 

ブログを読まれない理由に、ブログの内容が分かりにくいというのもあります。

これは書くのが苦手な人や、ブログ初心者にありがちです。

 

例えば、ブログの記事が、

 

・読んでも分かりにくい

・言いたいことがあちこち飛ぶ

・誤字脱字がある

・話がまとまっていない

 

など、ブログ記事のクオリティに課題があると読まれにくくなります。

 

解決法

 

文章の質を上げるには、ライティングスキルを上げるしかありません。

それには実際にブログを書くことです。

 

ライティングスキルは、人によって違います。

サロンのブログを書くのが苦手な人がライティング力をあげる方法サロンのブログを書くのが苦手な人のためにライティング力をあげる方法を6つほど書いてみました。セラピストや治療家は書くことを苦手にしている人が多いですが、要は施術力と伝える力のバランスです。もう少しだけ書く力、伝える力を磨きましょう。...

 

学生のときに書くのが苦手だった人がブログを始めてもすぐ上手にはなれないでしょう。

 

でも、ブログの記事は、何も小説のようにすばらしい文章を書く必要はありません。

分かりやすく伝わる文章で十分です。

このレベルなら、一定期間続ければ誰でも可能です。

 

気をつけることは、

 

・結論から書く。

・基本フォーマットに当てはめて書く。

・言いたいことは1つにする。

・誰にでも分かりやすい表現で書く。

・必ず誤字がないか見直す。

・人に読んでもらう。

・声に出して読んでみる。

 

はじめは上手く書けなくてもいいので続けましょう。

 

ブログタイトルが弱すぎる。

 

ブログが読まれないのには、タイトルに問題があることがあります。

なぜなら人はタイトルだけ見て、読むかどうかを決めているからです。

ブログが読まれるためには、ブログのタイトルを意識しましょう。

 

解決法

 

知りたいことや悩みの答えがタイトルにあるのはもちろん、読みたくなるような言葉やクリックしたくなるようなタイトルになっているかどうか見直してみましょう。

 

ブログを書くとなると、どうしても中身に意識が行ってしまいます。

 

実際に書くのにも時間がかかると思うので、中身が気になるのはよくわかりますが、読まれるためには、それと同じかそれ以上にタイトルを見直してみてください。

 

ブログの検索順位が低い。

 

ブログが読まれない原因の1つに検索から読まれないというのがあります。

検索から読まれるためには、キーワードで検索したときに、あなたのブログが上位にあることが必要になります。

 

あなたのターゲットが検索するキーワードでブログが上位になれば、多くの人があなたのブログを読むことになります。

 

解決法

 

ブログが読まれる経路は主に

 

①検索

②アメブロならアメブロユーザー

③SNS経由

などです。

 

皆さん普段グーグルで何かを調べるときには、検索窓にキーワードを入力して知りたい情報を調べると思います。

なので、検索したワードであなたのブログが読まれれば、もっとたくさんの人にブログが読まれることになります。

 

ただしこのためには、検索したページで上位になる必要があります。

 

せめて検索ワードで3ページ以内にいないと、検索からブログは読まれません。

 

例えば、「ネイル 大阪」で検索してあなたのブログが上位にあれば、たくさんの人にブログを読まれることになります。

 

ただし上位に行くためには、SEOという手法が必要で、より分かりやすくレベルの高い記事が求められます。

サロンのブログのアクセスを上げるための5つの入口の作り方サロンのブログのアクセスを上げるためには、読んでもらう人のために入口をいくつか用意しておくことが効果的です。サロンのブログのアクセスを上げるために用意する5つの入口のつくり方をまとめました。...

 

ブログの特徴を生かせていない。

 

ブログが読まれないのは、あなたが使うブログの特徴を生かせていないからかもしれません。

それぞれのブログの特徴を生かした使い方をマスターしましょう。

 

解決法

ブログにもいくつか種類があり、そのブログの特徴を生かした使い方をしないとなかなか結果が出ません。

 

アメブロならアメブロの、ワードプレスならワードプレスに合う方法があります。

 

例えば、アメブロは、ブログというよりSNSに近いサービスです。

読まれるためには、たえず更新した方がいいですし、「読者登録」や「いいね」といったアメブロ特有のつながるサービスを積極的に使わないと意味がありません。

 

また、そもそも読んでもらう対象はアメブロユーザーが中心となるので、サロンのターゲットがアメブロにいなければ、いくら頑張っても読まれません。

そのため、Facebookなどと連携することが大切です。

 

またワードプレスはアメブロとは特徴が違います。

アメブロのようにアメブロユーザーがいないので、ゼロから読者をつくっていかなければいけません。

 

検索で読まれるようにする為に、SEOを意識し、検索する人に質の高い文章を書かないと検索からは読まれません。

検索で上位にいくためには、時間も数も必要になります。

 

ただし、これがうまくいくようになれば、より多くの人に読まれる状態が作れるのがワードプレスです。

それぞれのブログサービスの特徴を生かして読まれるブログにしましょう。

 

まとめ

 

以上「サロンのブログが読んでもらえない9つの原因とその解決法」でした。

 

ブログが読まれないのには、必ず理由が存在します。

なんとなく結果がでないままブログをしていても、集客できません。

自分のどこが問題なのかを知って、そこを見直していきましょう。

 

サロンに来店してもらうには、来てほしいお客様とまずはつながりをつくる必要がありますが、それにはブログは最適のツールです。

 

そもそもブログは、ブログと名前はついてますけど、実はウエブ上にオープンしているサロンそのものです。

いうなれば実際のサロンの出張所です。

 

その出張所で来てほしいお客様とつながりがもてれば、本店(実際のサロン)に来てもらえます。

ブログが読まれない・・という人は参考にしてみてください。

ABOUT ME
オカダタイスケ
オカダタイスケ
「集まる相談所 」代表。個人ビジネスのプロデュース。スキルを集客へ導くサポート・その人の強みを稼ぐ仕組みに変える専門家。プロフィール専門カメラマン見習い「無料相談」「ZOOM相談」大阪在住・2児の父。プロフィール⇒
7日間無料メール講座

集客が苦手なセラピスト・施術者のための
集めないサロン集客
〈 7日間無料メール講座 〉

「無料PDF冊子」ダウンロードプレゼント中!

◆ 集客の状態を自分で診断できる!
〈 集客セルフ診断シート100 〉

◆5分で読める!
売上50万のサロンになる50のルール 〉