サロン開業

サロンの売上を上げるシンプルで確実な13の方法

 

こんにちは。岡田です。

サロンを開業して、貴方がシアワセになる方法は、実はシンプルです。

それは売上を上げることです。

 

当たり前といえば、当たり前、でもこれが答えです。

売上が上がらないと、どうしても幸せになれないんです。

 

じゃあ次は、どうやって売上をあげればいいのか・・

ということになります。

みなさんが悩むところです。

 

ただ、売上を上げる方法といっても、

何も無限にあるわけじゃないんです。

 

その方法は、決まっています。

それも、せいぜい13コくらいです。

 

なので、売上を上げたいと思ったら、

この13コを一つずつ試してみればいいわけです。

 

ということで、

今日は、「サロンの売上を上げるシンプルで確実な13の方法」をまとめてみました。

 

売上を上げる方法は、決まっている。

 

サロンを開業しても、順調に売上を上げることができれば、

たいがいの人は幸せになれます。

 

もちろん、サロンを経営していると、

いろいろ悩みごとは出てきます。

売上が上がったからと言って、

すべてがハッピーなわけではありません。

 

でも、売上が安定してあれば、

それもクリアしていけます。

 

問題なのは、売上が上がらないことです。

これはつらいです。

 

なので、こうならないように、

売上を上げる方法を考えないわけです。

 

でも、そもそも、売上を上げるって簡単じゃない。。

と思う人もいると思います。

 

もちろん、売上を上げるためには、

いろんなことをしなくちゃいけないわけですが、

実際に、売上をあげる方法は、決まってます。

そんなにたくさんありません。

 

これから、売上を上げる13の方法を解説しますけど、

しょせんそれだけ。。

 

なので、この13個のパターンだけ考えてみればいいわけです。

 

そもそも、売上は、次の計算式で考えます。

売上=客数×客単価

これだけのシンプルな計算で売上は成り立っています。

 

もう少しこの計算式を詳しくすると、

売上=(新規客数×新規客の客単価) +(リピート客数×リピート客の客単価)

ということになります。

 

つまり、お客様といっても、

新規客とリピート客の2種類のお客様がいて、

それぞれの客単価をかけて、

それを足したものが、売上です。

 

単純な話でいうと、

お客様の数が多くて、

そのお客様の客単価が高ければ、

売上も大きくなって、言うことなし。。になるわけです。

 

では、この計算式を頭に入れながら、

売上を上げる13の方法をみていきましょう。

 

サロンを開業して売上を上げるためできる13の方法

 

売上を上げる方法は、ここから解説する13個だけ。

1つずつ、自分のサロンなら、どれを実行できそうか。。考えてみてください。

 

①できるだけ「高単価のメニュー」をつくる。

 

売上を上げようと思ったら、

できるだけ高単価の料金設定にすることです。

 

もちろん、ターゲットやメニューのことを考えると、

単純に高い料金を付けられないわけでけど、

そういうのは一旦横に置いて考えると、

サロンで提供するサービスの料金は高い方が、売上は上がります。

 

売上は、客単価×客数 なので、

客単価が高くて、客数も多ければ、最高ですし、

客数がそこまで多くなくても、

客単価が高ければ、売上は上がることになります。

 

こう考えると、売上を上げようと思ったら、

簡単にメニューを安くしてしまうと、

それだけで、売上を上げることが難しいことが、

分かると思います。

 

もちろん、安くした分をカバーできるくらい、

毎月たくさんのお客様を集めることができれば、

売上は上がりますが、

 

現実的に、そこまでたくさんのお客様を毎月集客できるのか?

そこは、はよく考えないといけないところです。

 

②「自分に使えるお金が多い層」をターゲットにする。

 

売上を上げようと思ったら、

自分に使えるお金が多い層をターゲットにすべきです。

 

逆に言うと、

自分に使えるお金が少ない人をターゲットにしてしまうと、

売上を上げるのが難しくなります。

 

自分に使えるお金が少ない人をサロンに集客しようと思ったら、

当然、メニュー料金は安くせざる得ませんし、

何度もリピートされにくくなります。

 

シンプルに考えれば、

自分に使えるお金が多い層をターゲットにすれば、

それだけ高単価のサービスを提供しやすくなります。

また、その人は、何度も通う余裕もあります。

 

自分に使えるお金が多い層をターゲットにすると、

売上が上がりやすくなります。

 

③「継続して通わないと解決しない悩み」がある人をターゲットにする。

 

売上を上げようと思ったら、

「継続して通わないと解決しない悩みがある人」をターゲットにすべきです。

 

「継続して通わないと解決しない悩みがある人」というのは、

 

例えば、

定期的に「むくみ」のケアをしないと、

仕事上差し支えがある人とか

人に見られる仕事なので、

常に美肌を改善維持しておかないといけない人とか

根本的に体質を改善したい人とか・・

 

要は、ただ肩が凝ったからもんでほしい人とか、

ちょっとストレスがたまったから癒しが欲しい人・・・

ではなく、

 

少し時間をかけて、

長いスパンで自分の悩みを解決したい人のことです。

 

こういう人をターゲットにして集客すれば、

こういう人がサロンに来るので、

リピート客が増えやすくなります。

 

こうしてリピートするお客様が増えるということは、

安定した売上のベースができることになので、

売上を上げやすくなります。

 

④お客さんの数を増やす・・「リピート客」を増やす。

 

売上を上げようと思ったら、お客様の数を増やすことです。

 

はじめにも言いましたが、

売上は、客単価×客数 なので、

お客様の数を増やすことができれば、

売上を上げることができます。

 

ただ、問題は、「どのお客様」を増やせばいいのか・・

ということです。

 

お客様には2種類に分けられます。

はじめてサロンにくる新規客と、

何度もリピートするリピート顧客。

 

もちろんどちらのお客様が増えても、

売上は上がるわけですが、

 

毎月毎月、たくさんの新規客を増やすのと、

ひとりひとり確実に何度も通うリピート顧客を増やしていくのと、

どちらが実践しやすいのか?

 

それは、リピート顧客を増やして売上をあげる方です。

 

1回で終わってしまう新規客より、

確実にリピートする「リピート顧客」を増やすことこそ、

売上を上げる正しい方法です。

 

 

⑤「リピート率」を上げる。

 

売上を上げようと思ったら、

リピート顧客を増やすべきですが、

そのためにはリピート率を上げる必要があります。

 

リピート率が100%なら、

すべての新規客がリピート客になるわけですが、

 

それは難しいにしても、

リピート率を上げることがリピート客を増やすことにつながるので、

リピート率を上げるようにどうすればいいのか?

 

これを考えることが売上を上げることにつながります。

 

⑥高単価メニュー+客数UP・・両方

 

ここまで、売上を上げるためには、

できるだけ客単価を上げましょう。。

お客様の数・・それもリピート率を上げて、

リピート客を増やしましょう。。

と説明しました。

 

ただ、客単価だけ、

または、お客様の数だけを極端に上げることは難しいので、

すべきことは、

できるかぎり高単価にして、

売上の目標に見合ったお客様の数を集める。。

 

つまり、客単価と、客数の両方をできるだけ上げることが、

無理なく売上を上げる方法です。

 

⑦最上位のメニューを1つつくる。

 

売上を上げるためには、客単価を挙げましょう。。

と言いましたが、

そのためには、実際に、

高単価のメニューを作る必要があります。

 

ただ、そう言われても、

高単価のメニューをつくることに、

抵抗がある人もいるかもしれません。

 

そんな人は、最上位の高単価メニューを1つ、「えい。。」と思いきって作ってみることをお勧めします。

 

別に、この最上位メニューが、

頻繁に受けられなくてもいいんです。

 

ただ、この最上位メニューがあることで、

サロンとして一番受けてほしい定番メニューに、

値ごろ感が生まれるので、

気持ち的に、高単価メニューを作りやすくなります。

 

高単価にするのに提供がある人は、

思い切って1つ、

最上位価格のメニューを1つ作ってみましょう。

 

⑧オプションをいくつか用意する。・・組み合わせ

 

売上を上げるためには、

できるかぎりサロンのメニューを高単価にすること。

 

でも、それだけではなく、

そのメニューにプラスできるオプションメニューを用意して、

それを組み合わせることで、

客単価を上げて、

売上を上げることができます。

 

いくつか組み合わせることができる、

オプションメニューを用意しておきましょう。

 

⑨リピート客の来店頻度を早める。

 

売上を上げるためには、

お客様の数を増やしましょう。

それも売上が安定するリピート顧客を増やしましょう。。

とお話しました。

 

売上を上げるためには、その他にも、

定期的に通ってくれるリピート顧客の来店頻度を早めることでも、

売上を上げることができます。

 

例えば、必ず1カ月のタイミングで、

サロンをリピートする人に、

3週間ごとにリピートしてもらえれば、

それだけ売上は上がっていきます。

 

なんとなく1回月ごとのリピートにするのではなく、

その人に合わせた1か月以内(例えば2週間から3週間)のリピートを検討すべきです。

 

⑩長期コース、回数券をつくる。

 

売上を上げるためには、

長期的に、定期的に、必ず。。リピートするお客様を増やすことです。

そのためには、お客様の行動を促す工夫を考えることです。

 

はじめから長期コースを用意していたり、

回数券を活用したりして、

長期的に、定期的に、必ず、リピートするハードルを下げる工夫を考えます。

 

長期のコースを受ける人が多くなれば、

それだけ安定して売上を上げることができます。

 

⑪物販商品を導入する。

 

売上を上げるのは、サロンで提供するサービスにとどまらず、

商品を販売するという方法もあります。

 

売上を上げるためには、

リピート客を増やすことだと説明しましたが、

わざわざリピートするお客様は、

貴方への共感度が高い人なので、

物販商品を揃えておけば、

購入する人も多くなります。

 

物販販売は売上を上げる方法の1つです。

 

⑫オンライン商品をつくる。

 

売上を上げるのは、「サロンという場所以外」でも可能です。

 

例えば、オンラインという場所で、

販売できる商品、サービスをつくることで、

サロン以外での売上が作れます。

 

例えば、

オンラインでのサポートサービス、

オンラインでの物販販売、

オンラインでのサービス提供、

オンラインのセミナー、

オンラインのコンサルティング。。

 

サロンで行っているサービスもそうですし、

サロンに来なくても提供できる商品は、

今は比較的簡単にオンラインでも販売できるので、

売上を上げるのにチャレンジしたい方法の1つです。

 

⑬サロンから派生させた売上をつくる。

 

サロンで提供しているサービスから派生させた商品、サービスをつくれば、

そこでの売り上げを作ることができます。

 

例えば、

サロンで提供している技術や知識を身につけたい人へのスクール、

その技術や知識を一般向けに作り直したセルフケアの講座など。

 

サロンでお客様に提供しているサービスは、

提供する人を変えたり、

すこし形を変えたりすれば、

また違った商品、サービスとして、

販売することができます。

これも売上を上げる方法の1つです。

 

まとめ

 

今日は、「サロンの売上を上げるシンプルで確実な13の方法」を解説しました。

 

13の方法に、決まった正解はありません。

それぞれのサロンによって、

その内容は変わってきます。

 

ただ、売上を上げる方法は、13個だけです。

その方法は、決まっています。

 

あとは、この方法を1つずつ、

自分のサロンでできることを考えて工夫して、やってみましょう。

やれることは、まだまだいろいろあるはずです^^

 

ABOUT ME
アバター画像
岡田タイスケ
「強み」を見つけ「集客」という羽ばたく「羽」を授けて頑張る人をサポートするコンサルタント ●「オンライン講座サイト」運営 ●「強みの掘り起こし」「人を引き寄せるコンセプトづくり」「その人に合った集客とリピートの仕組みづくり」 ●「サロン開業&集客の個別サポート」 ●「メルマガ」登録1000人 ●「個別無料相談 」はコチラ まずはこの記事から⇒ ●【保存版】初成功するサロン集客の方法が分かる教科書【保存版】サロンを開業したい初心者のための教科書【保存版】ブログからサロンに集客したい初心者のための教科書
サロン開業&集客個別サポート

個別サポートについて

「無料相談」はコチラ

 

~7日間無料メール講座~

集客が苦手なセラピスト・施術者のための
集めないサロン集客
〈 7日間無料メール講座 〉

「無料PDF冊子」ダウンロードプレゼント中!

◆ 集客の状態を自分で診断できる!
〈 集客セルフ診断シート100 〉

◆5分で読める!
最低でも売上50万のサロンになる50のルール 〉