高単価商品

伝わりにくいサービスの内容を漫画にして分かりやすくする方法

 

こんにちは。岡田です。

「サービスの内容をどうもうまく伝えられない・・」

そんな悩みを持つ人も多いハズです。

 

そんな人はそのサービスを漫画にしてみましょう。

それだけで、例えばランディングページからの申し込みや成約がぐっと上がるハズです。

今日は「伝わりにくいサービスの内容を漫画にして分かりやすくする方法」について書きました。

 

サービスを漫画にするといい訳

例えば、新しい商品やサービスを販売したいと思ったとき、そのサービスの良さを分かりやすく説明して、強烈に相手に印象づけたいと思うはずです。

なぜなら、その出来しだいで、サービスへのお申込みや成約が変わってくるからです。

 

もちろんその商品やサービス自体に購入する価値が必要なのは言うまでもありません。

でも、価値がある商品やサービスであったとしても、その良さをうまく伝えることができなければ、申込みや制約につながりません。

 

とくにオンライン商品や講座のように、形のないものは目に見えないだけに、伝え方に工夫が必要になります。

そんなときに便利なのが、漫画です。

 

サービスの説明に漫画の力を借りることで、形がなく目に見えない商品やサービスが、インパクトを与えながら、より分かりやすく相手に伝わるようになります。

 

ランディングページに漫画を載せる。

 

商品やサービスをつくったら、ウェブの場合は普通、ランディングページというものをつくって、そこから申込みや成約してもらいます。

 

ランディングページというのは、ユーザーが着地(ランディング)するページのことで、そこページからお申込みや制約を促す目的でつくられたページのことです。

 

ランディングページは、ホームぺージの中につくる場合もありますし、単独で1ページのランディングページをつくる場合もあります。

 

例えばペライチというサービスなら簡単に1ページのLPが無料でつくれます。

「ペライチ」をサロンの集客ツールとして上手に使う方法「ペライチ」をサロンの集客ツールとして上手に使う方法を書きました。ペライチは誰でも簡単に、それも無料からペラ1枚のホームページを作れる便利なツール。サロンを経営するセラピストや施術者の方もうまく活用すれば、集客や予約のアップに効果があります。...

 

ランディングページから商品やサービスを購入してもらう訳なので、ランディングページの良し悪しによってお申込みや成約が左右されます。

 

だからこそ、ランディングページで自分のサービスをいかに相手に訴求できるかどうか・・これが大事になってきます。

 

ランディングページは、文章や写真などを使いますが、そこにストーリー化された漫画を活用することで、訴求力がぐっと上がります。

 

「自分の商品やサービスをうまく相手に伝えられない・・・」と感じている人は、漫画の力を借りて、商品の訴求力を上げてみましょう。

 

商品やサービスを漫画化するメリット

 

形がある商品は、その商品を具体的に見せることができるので、ある意味わかりやすいです。

一方で、目に見えないサービス、例えばオンラインサービスや講座などは、形がないだけに、伝えるのがむずかしいです。

 

そんな時に便利なのが、あなたのサービスや商品を漫画にすること。

サービスの内容やサービスを利用するメリットなどを漫画化し、ストーリーにして伝えると相手に劇的に伝わりやすくなります。

 

サービスを漫画化するメリットとしては、

①インパクトを与えられる。

漫画は表現の仕方が自由なツールなので、形のないサービスや商品にインパクトを与えてくれます。

文章や写真では伝えられないインパクトが漫画にはあります。

 

②簡潔にサービスが伝わる。

漫画化するメリットは、複雑な内容のサービスを短い時間で分かりやすく相手に伝えられる点です。

形のないサービスを文章でダラダラ説明しても、分かりにくいし、相手に伝わりにくいです。

その点、漫画にすると、説明しにくいサービスをクリアに説明でき、簡潔に相手に伝えることができます。

 

③視覚的に印象に残る。

サービスは、文章だけでなく、視覚的に訴えかけた方が相手の印象に残ります。

漫画にしてサービスをビジュアル化すると、書いてる文章もより分かりやすくなり、効果的にサービスの訴求ができます。

またサービスを提供するあなた自身も漫画化することで、あなたのへの印象度も上がります。

 

サービスを漫画にする方法

 

自分で漫画をかける人はそういないと思うので、漫画をかける人に頼みましょう。

今は、パンフレットやチラシ、ランディングページに載せる目的で、あなたの商品やサービスを漫画にしてくれる便利なサービスがあります。

 

例えばcoconala(ココナラ)などのオンラインサービスを使えば、低価格であなたのサービスを漫画にできます。

料金も1万~2万前後でつくれます。

 

他にも「漫画広告」「広告マンガ」などで検索すれば、作ってくれるところが色々見つかるハズです。

 

「サービスの内容をどうもうまく伝えられない・・」

という悩みを持っている人は、クリエイターやイラストレーターといった表現の専門家にサービスの漫画化を依頼することで、新しい伝え方が見つかる可能性があります。

 

漫画広告を頼むときの注意点

サービスに合う人を選ぶ。

ココナラでもいろんなタイプの漫画が描けるクリエイターがいるので、実例を見ながら、できるだけ自分のサービスに合う人を選びましょう。

人によっては、イメージを伝えると、そのイメージに合わせて書いてくれるひともいます。

こちらの意図を丁寧に伝える。

ある程度のコマ割りや、ストーリー、セリフなど、こちらである程度作ったものをベースに依頼した方が、相手に伝わりやすくなります。

こちらの意図がよく伝わるようなものを用意しましょう。

目的と用途をはっきり伝える。

その漫画をどこで何の目的で使うのかをしっかり伝えましょう。

分かりにくいサービスを分かりやすく見せたいのか、漫画でインパクトを与えたいのか・・こちらの目的をはっきり伝えましょう。

またウェブで使うランディングページなのか、チラシに使うのか、パンフレットに使うのか・・何に使うモノなのかもキチンと伝えましょう。

 

まとめ

 

今日は「伝わりにくいサービスの内容を漫画にして分かりやすくする方法」をお伝えしました。

「新しく良いサービスができた・・」と思っても、それが相手に伝わらないと、申込みや成約にはつながりません。

 

それにはできるだけ、インパクトを与えながら、視覚的に、瞬間的に分かりやすく、ストーリーにして伝える方法・・・つまり漫画化がおすすめです。

 

漫画化したものは、ウェブのランディングページや、紙ベースのチラシなど、使える応用範囲も広いです。

 

「商品、サービスの伝え方がどうも苦手・・」だという人は、一度イラストレーターに依頼しみましょう。

漫画化で、より伝わること間違いなしです。

ABOUT ME
岡田タイスケ
人が集まるストーリーをつくるコンサルタント/集まる@サロン養成スクール/「集まる@相談所 」主催。「無料相談」毎月開催。プロフィール専門カメラマン見習い・大阪在住・2児の父。プロフィール⇒ 集客でお悩みの方はまずはこの記事からどうぞ! 初心者のための「正しいサロン集客」の方法(2020年版)
7日間無料メール講座

集客が苦手なセラピスト・施術者のための
集めないサロン集客
〈 7日間無料メール講座 〉

「無料PDF冊子」ダウンロードプレゼント中!

◆ 集客の状態を自分で診断できる!
〈 集客セルフ診断シート100 〉

◆5分で読める!
売上50万のサロンになる50のルール 〉