働き方

小さなサロンのいいところは、お金をかけず自分らしく働けるところ。

 

こんにちは。岡田です。

小さなサロンは、それほど大きなお金をかけずに始めることができる仕事です。

もちろん、スキルのあるセラピストなら、どこかの会社で働くことも可能だし、それも素晴らしいことですが、それはこの際置いておきます。

 

ただ、お金がかからないからといって、必ずうまくいく訳ではなくて、はじめる前には、色んなことを準備して、カタチにした上で始めないとうまくはきません。

 

でも、お金があまりかからない分、個人でも、一人でも、女性でも、始めやすいのが小さなサロンや自宅サロンという働き方。

 

興味がある方は是非チャレンジしてみてください。

 

手に技術がある強み

 

商売には、いろんな形があって、飲食店のように、料理を提供したり、雑貨店のように、商品を仕入れて、在庫を持って、それを買ってもらう。

どれもが、商売です。

 

でも、始めるのに、すごくお金がかかる商売だとそれは高いハードルになるので、特に、「個人で」「一人で」「女性で」となると、それは正直大変です。

 

それがセラピストや施術者の場合は違います。

 

施術する技術を使って商売をするので、始める際の初期投資はあまりかかりません。

提供する場所と、ベット。

 

それに最低限タオルとオイルがあれば始められるのが、このシゴトのいいところ。
(もちろん、ジャンルによって違います。)

 

まさに手に職です。

 

小さなサロンや自宅サロン

 

今は提供する場所も、今は色んな選択肢があって、自宅でできる環境があれば、自宅サロンというカタチもできます。

また、今は、使いたいときだけ借りれる場所やサービスもあるし、お宅や、施設に訪問するなんて方法もあります。

 

必ずしもサロンとして部屋を借りる必要はありません。

 

いずれにしても、お金をあまりかけずに始めることができるので、たとえ上手くいかなくても、大きな失敗にはなりません。

 

もちろ、初期投資がかからず、ハードルが低い分、やってみる人も多いので、その中から、選ばれる難しさもあるのですが・・

 

まとめ

 

プロとして体をさわる知識と技術があり、そしてなにより「想い」がある人なら、個人でも、一人でも、女性でも、やってみる価値があるのが小さなサロンという仕事です。

興味がある人はサポートもさせて頂きます。

ABOUT ME
オカダタイスケ
オカダタイスケ
人が集まるストーリーをつくるマーケター。「集まる@サロン養成スクール」代表。提供しているサービス。「集まる@相談所 」主催。「無料相談」。プロフィール専門カメラマン見習い・大阪在住・2児の父。プロフィール⇒
7日間無料メール講座

集客が苦手なセラピスト・施術者のための
集めないサロン集客
〈 7日間無料メール講座 〉

「無料PDF冊子」ダウンロードプレゼント中!

◆ 集客の状態を自分で診断できる!
〈 集客セルフ診断シート100 〉

◆5分で読める!
売上50万のサロンになる50のルール 〉