サロン開業

売れるサロンメニューに変わる「7つの商品作成基準」

 

こんにちは。岡田です。

サロンにとっての商品、メニューは、サロンを開業し成功させるための「核」になるもの。

どんなにスキルがあっても、

どんなに発信力があっても、

どんなに人脈があっても、

メニューに魅力がなく、価値が低いものだと、サロンを開業してもうまくいかない。

 

それだけサロンの成功を左右してしまうのが、サロンのメニューです。

 

 

そんな大事なメニュー作りはすごく重要。

でも開業するとき、誰もが悩むのが、このメニューづくりです。

とくに売れるメニューを作るのがむずかしい。。

 

「どうやって売れるメニューをつくればいいのか?」

「何かルールのようなものがあると、メニューも作りしやすいのに・・」

と思っている人もいるかもしれません。

 

ということで、

売れるサロンメニューに変わる「7つの商品作成基準」をまとめました。

よかったらどうぞ^^

サロンのメニュー作りはなぜ難しいの?

 

サロンを開業しようと思うと、やることがたくさんあります。

どれも大変で難しい作業ですが、サロンの顔となるメニュー作りは一番難しいかもしれない。

 

なぜ難しいのか?

それは、単にお客様に提供するメニューを作ればいいのではなく、

「売れるメニュー」にしなくちゃいけないから。

 

サロンのメニューは、サロンを成功させる「核」なので、「売れるメニュー」じゃないと意味がない。

でもそれが難しい。。

 

「売れるメニュー」とは、

そのメニューを受けたい、受けてみたいと思うお客様が数多くあらわれ、さらにリピートされるメニューのことです。

 

こういうメニューがサロンにあることで、

集客すればするほど、発信すればするほど、そのメニューを受けたい人があらわれて、売上も上がり、サロンの経営が安定します。

 

「売れるメニュー」をつくるのは、簡単ではないです。

でも、売れるメニューになる「7つの商品作成基準」に沿って作ると、売れるメニューを作りやすくなります。

あとで紹介するので、やってみてください。

 

やりがちなメニューづくりの失敗

 

「売れるメニュー」になる「7つの商品作成基準」を紹介する前に、

よくやってしまうメニュー作りの失敗例をいくつかあげておきます。

 

・過去に勤務していたサロンと同じようなメニューにしてしまう。

・スクールで学んだ技術をそのままメニューにしてしまう。

・どこにでもあって、全く差別化されてないメニューにしてしまう。

・サロンの特徴や個性、こだわりが見えないメニューになってしまう。

・誰に向けたメニューなのか分からないメニューになってしまう。

・キャッチコピーがない、もしくは魅力のないキャッチコピーのメニューになってしまう。

 

こういう残念なメニューになってしまうのは、「売れるメニュー」をつくるのに、基準がないからです。

 

「売れるメニュー」にするためには、基準があります。

それと照らし合わせながら、「売れるメニュー」をつくりましょう。

 

ショップチャンネルの「7つの商品選定基準」

 

売れる商品には、売れる理由があります。

 

少し例を挙げて説明します。

 

ショップチャンネルという通販番組があります。

通販番組ですけど、すごく人気で、その時間内に億単位の売上を上げてるそうです。

とくに売上がいいのが、アンミカさんが出てるとき。

 

アンミカさんのショップチャンネルを一度でも見たことある人は、分かると思うんですけど、圧巻です。

思わず笑ってしまいます。

(まるでコント番組のようなので)

 

でも最終的に、思わず電話しようかと思ってしまう自分がいます(笑)

おそろしい番組です。

 

アンミカさんは、ショップチャンネルで、1日で億売るらしいです。

 

で、アンミカさんのときは、何がすごいのかというと、まずはそのトークなんですけど、実はアンミカさんの商品もなかなかよく考えて作られてます。

 

例えば、僕が見た、あるワンピースは、

 

・表でも裏でも着れる。

・着やせして見える。

・のびる素材

・ほとんど洗濯しないで着れる。

・シルエット的に脇汗が気にならない。

・自転車にも乗れる。

・急な来客が来ても大丈夫

・ホテルでランチに着て行ける。

・カラーが豊富

・1年中着れる。

・リーズナブル

・流行りの要素が入ってる。

 

 

どうですか?

これだけ並べられたら、

買うしかないじゃないですか(笑)

 

これをアンミカトークでやる訳なので、それは売れて当然です。

 

ただ、ショップチャンネルは、アンミカさんの時だけじゃなく、他の人の場合でも、よく売れるようです。

 

それは、ショップチャンネルの商品にある理由があるからです。

それが、ショップチャンネルの「7つの商品選定基準」です。

 

ショップチャンネルは、この「7つの商品選定基準」に沿って商品を買い付けているので、売れる商品になるわけです。

 

これは、サロンのメニューを考えるときにも役に立つ基準です。

 

 

ショップチャンネルの「7つの商品選定基準」

 

(1)UNIQUE・・・独創性があり、個性的である。

(2)RARE・・・希少性が高い。

(3)EPISODE・・・興味を引くストーリーがある。

(4)VALUE・・・商品価値が明確である。

(5)LIMITED・・販売期間や販売個数が限定されている。

(6)REASONABLE・・・値頃感がある。

(7)NICHE・・・ニッチマーケット向けである。

 

さっきのアンミカさんのの商品は、

この7つが全部つまってます。

はじめから「7つの商品選定基準」に基づいて、売れる商品を選んでいるから売れるわけです。

アンミカトークはプラスアルファにすぎません。

 

サロンのメニューを考えるときの「7つの商品作成基準」

 

7つの基準は、

売れるサロンメニューをつくる場合にも活用できます。

 

売れるサロンメニューにする「7つの商品作成基準」

 

(1)UNIQUE・・・独創性があり、個性的である。

→あなたの強みがメニューに込められていて、個性的なメニュー

 

(2)RARE・・・希少性が高い。

→他のサロンのメニューと比べても差別化されていて、他にないメニュー

 

(3)EPISODE・・・興味を引くストーリーがある。

→あなたの強みや想い、こだわりがメニューにちりばめられていて、そこに共感されるストーリーがあるメニュー

 

(4)VALUE・・・商品価値が明確である。

→ターゲットに、商品のよさをハッキリ説明できるくらい明確な価値があるメニュー

 

(5)LIMITED・・販売期間や販売個数が限定されている。

→期間限定や人数限定、季節限定など、メニューに限定感を与えているメニュー

 

(6)REASONABLE・・・値頃感がある。

→決して安くはないけれど、そのメニューを求めるターゲットにとっては、値頃感があるメニュー

 

(7)NICHE・・・ニッチマーケット向けである。

→万人向けでなくサロンが強みが生かせるターゲットが絞れているメニュー

 

 

何の基準もなく「売れるメニュー」を作るのは、誰でも難しい作業です。

 

でも、「売れるメニュー」にする「7つの商品作成基準」を頭に入れ、それに沿いながらメニューを作ると、「売れるメニュー」になります。

 

「7つの商品作成基準」と照らし合わせながら、「売れるメニュー」を作ってみてください。

 

まとめ

 

今日は、『売れるサロンメニューに変わる「7つの商品作成基準」』でした。

 

やみくもに商品を作っても、

まず売れるメニューにはなりません。

 

どんなに頑張って集客しても、

どんなにお金をかけても、

サロンのメニューに価値がなければ、

その効果は半減してしまいます。

 

ということで、

開業してサロンのメニューを作るなら、「7つの商品作成基準」に沿って「売れるメニュー」を作りましょう。

基準があれば、いいメニューはつくれます^^

ABOUT ME
岡田タイスケ
人が集まるストーリーをつくるコンサルタント/集客のチカラで、がんばる個人経営者・フリーランス・起業家を応援!〇強みの最大化〇世界観のあるコンセプト〇ストーリーのある集客戦略〇7つのロードマップ/「集まる@無料相談 」/開業・経営サポート/サロン開業・育成スクール準備中。大阪在住 まずはこの記事から⇒ ★初心者のための「正しいサロン集客」の方法(2020年版)初心者でもうまくいく「サロン開業」の方法【2020年度版】(質問チェックリスト付き)サロンのブログから集客したい初心者のための教科書【2020年版】サロンのチラシから安定して集客する方法【2020年度版】
7日間無料メール講座

集客が苦手なセラピスト・施術者のための
集めないサロン集客
〈 7日間無料メール講座 〉

「無料PDF冊子」ダウンロードプレゼント中!

◆ 集客の状態を自分で診断できる!
〈 集客セルフ診断シート100 〉

◆5分で読める!
売上50万のサロンになる50のルール 〉