サロン開業

サロンを開業したのに集客で失敗してしまう3つのケース

 

こんにちは。岡田です。

サロンを開業したのにうまくいかず廃業してしまう最大の原因は、一言でいうと、お客様がサロンに来ないことです。

つまり集客の失敗です。

(もちろん、他の原因の場合もあります。)

 

なので、開業を成功させようと思ったら、集客は避けては通れない・・ということです。

(すぐれた専門知識やスキル、資格があっても、それだけでは集客できません)

 

ただ、これが開業前にピンと来ない人が多いからなのか、せっかく開業したのに、集客で失敗してしまい、廃業に至るサロンが後を絶ちません。

 

 

これから開業したいと思っている人、また、いつか再チャレンジしたいと思っている人(何度でもチェレンジすればいいんです!)もいると思いますが、そうならにように・・

 

今日は「サロンを開業したのに集客で失敗してしまう3つのケース」について書きました。

知ってるか知らないかで、全然違いますからね。

参考にどうぞ^^

 

サロン開業が失敗に至る最大の原因

 

サロンの開業が失敗に至る最大の原因は、集客の失敗です。

なので開業を成功させようと思ったら、まず集客を成功させる必要があります。

シンプルな話です。

 

もちろん開業が失敗する原因は、集客の他にもいろいろあります。

 

例えば、

・開業して一定数の集客はあるけれど、集客費用のかけすぎで経営が成り立たない。

・開業して一定の集客はあるけれど、単価が低すぎて、目標売上に及ばない。

・開業して一定の集客はあるけれど、リピートが全くなく、継続が難しい。

などなど・・

 

集客がある程度うまくいき、一定のお客様が集客できている状態でも、いろんな原因で開業が失敗に終わるケースはあります。

 

ただ、それでも集客の失敗は、サロンの開業が失敗の終わる最大の要因に変わりはありません。

 

サロンにはお客様が必要なんです。

そのための集客は必須なんです。

これがサロンの開業を成功させる絶対的な法則です。

 

こんな絶対的な法則があるにもかかわらず、集客に失敗してしまうのはなぜなのか?

以下に、そうなってしまう3つのケースを書きました。

 

あなたは、この3つのケースに心当たりはないでしょうか?

こんな風にならないように、これから開業を目指す人は、気を付けましょう。

 

開業したのに集客に失敗して廃業してしまう3つのケース

 

①集客のことを考えずに開業してしまう。

 

「そもそも集客のことを深く考えずに開業してしまった。」

「サロンの内装や設備、商品はこだわったけれど、集客のことはあまり考えずに開業した。」

「お客様を満足させられる技術に自信があるから、集客も何とかなると思った。」

 

みなさんはどう思われるかわからないですが、こんな感じで集客のことを深く考えず、見切り発車で開業してしまう人は結構います。

 

先ほど言いましたよね。

集客の失敗は、開業の失敗につながる最大の要因だと。

 

 

サロンビジネスにおける知識不足、認識不足、勘違い、思い込み・・

いろんな理由はあるでしょうが、集客のことを考えずに開業しても成功はまずありません。

 

どうやってサロンに人を集めればいいのか?

ここをクリアにしてから開業に進むべきです。

 

②具体的な集客プランなしに開業してしまう。

 

「集客の重要性はなんとなく理解していたけれど、実際には具体的プランがなく開業してしまった。」

「なんとなく集客のイメージは持っていたけれど、具体的にどうやって集客するのか、そのプランが分からないまま開業した。」

 

集客の必要性はある程度わかっていても、それがどれだけ重要なのか、それがよく分からかったり、

集客は大事だけど、実際にどうやって集客していいか、その具体策がわからないので、集客プランなしに開業してしまう。

こういうケースもよくあります。

「分かってはいるけど、出たとこ勝負・・」

 

集客の大切さを分かっていても、具体的な集客プランなしでは人は集まりません。

 

それくらい、自分のサロンに人を集めるのは、簡単ではなんです。

だからこそ、集客プランが必要なんです。

正しい集客プランを作ってから開業へ進みましょう。

 

③間違った集客プランで開業してしまう。

 

「集客の重要性もよくわかっていて、具体的な集客プランも作って開業した。でも、そのプランでは集客できなかった。」

こういうケースも多いです。

 

集客プランを作るのは正しいです。

でも、それが間違っていると、全く集客できません。

 

なので、その間違った集客プランのままでは、人が集まらないので、早急に集客プランの見直しが必要になります。

これを正しくできれば、集客できるようになります。

開業前に作ったプランでうまくいかない場合は、反応を見ながら見直しをしましょう。

 

(補足)

集客プランは、絶対的なものではありません。

開業してから、常に見直しをするのが前提です。

実際の反応を見ながら、常に修正と実践を繰り返すことで、より精度の高い集客プランに変わっていきます。

 

まとめ

 

今日は「サロンを開業したのに集客で失敗してしまう3つのケース」でした。

開業が廃業に直結する最大の要因は集客の失敗です。

 

これから開業する人はここをよく理解した上で、集客プランを必ずつくってから開業しましょう。

間違っても、出たとこ勝負にならないように・・

 

そして開業してからも、その集客プランを検証し、修正し、それを実践し、それを繰り返しましょう。

これができれば、集客の精度が上がり、開業の成功にも近づきます。

ABOUT ME
岡田タイスケ
人が集まるストーリーをつくるコンサルタント/集客のチカラで、がんばる個人経営者・フリーランス・起業家を応援!〇強みの最大化〇世界観のあるコンセプト〇ストーリーのある集客戦略〇7つのロードマップ/「集まる@無料相談 」/開業・経営サポート/サロン開業・育成スクール準備中。大阪在住 まずはこの記事から⇒ ★初心者のための「正しいサロン集客」の方法(2020年版)初心者でもうまくいく「サロン開業」の方法【2020年度版】(質問チェックリスト付き)サロンのブログから集客したい初心者のための教科書【2020年版】サロンのチラシから安定して集客する方法【2020年度版】
7日間無料メール講座

集客が苦手なセラピスト・施術者のための
集めないサロン集客
〈 7日間無料メール講座 〉

「無料PDF冊子」ダウンロードプレゼント中!

◆ 集客の状態を自分で診断できる!
〈 集客セルフ診断シート100 〉

◆5分で読める!
売上50万のサロンになる50のルール 〉