集客の方法

個人サロンがウェブ予約のシステムを導入するメリットとデメリット

 

こんにちは。岡田です。

突然ですが、みなさんのサロンには、ウェブ予約の仕組みがあるでしょうか?

 

ウェブ予約というのは、お客様がサロンのホームぺージから、メニューを選び、カレンダーから行きたい日にちを決め、名前や電話番号、メールアドレス等を入力して、ウェブから予約する方法です。

 

ホットペッパービューティーに掲載しているから、そこで使えるウェブ予約システムを利用している・・というサロンもあるかもしれませんね。

 

ただ、ホットペッパービューティーに載せてないし、ウェブ予約システムというと、なんだか複雑そうだし、お金がかかりそうだと思って導入していないサロンもあるでしょう。

でもそれではちょっともったいないです。

 

今は無料だったり、低額で利用できる便利なウェブ予約システムがいくつもあるので、ぜひうまく活用しましょう。

どんなサロンでも使いやすいネット予約システム「SELECTTYPE」の紹介どんなサロンでも使いやすいネット予約システム「SELECTTYPE」についてまとめました。個人サロンでも24時間365日予約を受け付けてくれるネット予約の仕組みは必須です。「SELECTTYPE」は無料プランもあるので、一度試してみてください。...

 

例えば、

・RESERVA(レゼルバ)

・Conbic(クービック)

・SELECTTYPE(セレクトタープ)

 

こういうサービスを活用して、ウェブ予約システムを導入すれば、あなたの代わりに予約業務を365日24時間やってくれる強い味方が生まれます。

 

いろいろ制約がある個人サロンだからこそ、ウェブ予約システムは導入すべき。

まだ導入していない個人サロンのために、ウェブ予約システムのメリットとデメリットを書きました。

 

ウェブ予約のシステムのメリット

お客様が予約しやすい。

いちばんのメリットはこれにつきます。

これだけたくさんのサロンがある中で、あなたのサロンに予約してみようと思った人があらわれた時、サロンがすべきことは何でしょうか?

 

それは、いかに分かりやすく迷わせず、予約しようと思った気持ちを損なわずスムーズに予約を完了してもらうことです。

 

人の心は揺れやすいので、予約しようと思っている最中でも、仕事は忙しくないかな・・とか、今月使いすぎかな・・とかいろいろストップする理由が頭に浮かんでしまいます。

 

そんな時、お客様に1希望から第3希望までを書いてもらって、メールで予約を受け付けて、日程を調整するような方法だと、手間がかかるので、予約しない理由をお客様に与えてしまうことになります。

 

 

その点、ウェブ予約システムがあれば、予約したいなと思ったら、電車の中でも、仕事の合間でも、夜中でも、サクッと予約が完了できるので予約してもらいやすくなります。

 

お客様がスケジュールを一目で確認しやすい。

 

さっきのメリットとも関連しますが、みなさん忙しいので、自分の仕事の都合とサロンの予約状況を照らし合わせる作業を簡単にしてあげることは、お客様にやさしい予約方法です。

 

カレンダーなどで予約状況が一目でわかるウエブ予約システムは、この点でもメリットが大きいです。

 

あなたの代わりに365日24時間予約を受け付けてくれる。

 

ウェブ予約システムは、お客様にとって予約しやすいというのが、一番のメリットですが、サロン側にもメリットが大きいです。

 

ウェブ上に365日24時間予約を受け付ける窓口があれば、あなたが休日でも、睡眠中でも、あなたの代わりに予約を受け付けてくれるので、予約の機会ロスを防ぐことができます。

 

一度つくってしまえば、あとはウェブ予約システムが自動でやってくれます。

個人サロンは、いろんなことを基本全部自分がしないといけないので、こうした自動化の仕組みは積極的に取り入れることが大切です。

 

接客に集中できる

 

ウェブ予約システムで、そこから自動的に予約が入る仕組みがあれば、接客に集中できる環境が作れます。

ウェブから予約が入れば、カレンダーに自動で反映されますし、サロン側の手間が大幅にへるので、いちばん重要なお客様の施術にしっかり向き合えます。

 

ウェブ予約のシステムのデメリット

どれを使えばいいか分からない。

 

確かにこれはあるかもしれません。

ウェブ予約システムは、先ほど挙げたサービス以外にもいくつかあるので、どのサービスを使えばいいか分からないという方もおられるでしょう。

 

なので、まずは、例として挙げた

・RESERVA(レゼルバ)

・Conbic(クービック)

・SELECTTYPE(セレクトタープ)

あたりを試してみてください。

 

無料から使えるサービスもあるので、そこで使い勝手を確かめてみましょう。

どれがいいかは、サロンによっても変わってきます。

 

導入するのに手間がかかる。

 

ウェブ予約システムは、先ほどのサービスを導入する場合でも、はじめは手間がかかります。

でもそのかわり、導入した後は、サロン側の作業をものすごく減らしてくれる優れものです。

導入もそれほど難しくはないので、どなたでもできるハズです。

 

利用料がかかる場合がある

 

ウェブ予約システムは、無料で使えるモノから、有料で使えるモノがあります。

無料で使えるモノでもいいんですが、広告が入ったり、機能の制約があるサービスが多いです。

 

有料のウェブ予約サービスを使う場合は、当然毎月の使用料がかかります。

確かにこれはデメリットかもしれません。

 

ただ、ウェブ予約システムは、お客さまにもサロンにもメリットが大きいので導入すべきもの。

なので、まずは無料で試してみて、使い勝手を確認し、そのあと有料サービスに移行してもいいかもしれません。

 

まとめ

 

以上「個人サロンがウェブ予約のシステムを導入するメリットとデメリット」をお伝えしました。

ウェブ予約システムは、無料で(有料でも少額で)365日24時間予約業務をあなたに代わって受け付けてくれるパートナーです。

 

個人サロンは、できるかぎり自動化できるものは自動化し、接客に集中できる環境をつくるべき。

それを考えると、ウェブ予約のシステムは、個人サロンこそ導入したいサービスです。

 

今は昔と違って、紹介したような無料や低額で使えるウェブ予約のシステムがあるので、うまく活用してみてくださいね。

ABOUT ME
オカダタイスケ
オカダタイスケ
人が集まるストーリーをつくるマーケター。「集まる@サロン養成スクール」代表。提供しているサービス。「集まる@相談所 」主催。「無料相談」。プロフィール専門カメラマン見習い・大阪在住・2児の父。プロフィール⇒
7日間無料メール講座

集客が苦手なセラピスト・施術者のための
集めないサロン集客
〈 7日間無料メール講座 〉

「無料PDF冊子」ダウンロードプレゼント中!

◆ 集客の状態を自分で診断できる!
〈 集客セルフ診断シート100 〉

◆5分で読める!
売上50万のサロンになる50のルール 〉