自宅サロン

自宅サロンに集客できる8つの戦略と12コの方法

 

こんにちは。岡田です。

自宅サロンでいいところは、毎月の固定経費になる家賃がかからないことです。

これが自宅サロンの最大のメリット。

 

でも実は自宅サロンのデメリットもここにあります。

 

自宅サロンは、家賃がかからない代わりに、テナントとして入るサロンと比べると、集客のハードルがぐっと上がってしまいます。

 

知り合いや友達は別にして、あなたとつながりがない人にとってみたら、自宅にあるサロンは行きにくいのがふつう。

 

ただ、そんな自宅サロンにあるデメリットも、プラスに変えることさえできれば、家賃0円でできる自宅サロンはやっぱり魅力的です。

自宅サロンをするときに気をつけておくべき5つのポイント自宅サロンをする際に注意するべき5つをまとめました。始めやすい自宅サロンですけど、はじめやすい分、自宅だからこそ、実際には、弱点もいろいろとあります。自宅サロンを開業したいセラピストや施術者の方は参考にしてみてください。...

 

自宅サロンをこれから始めたい人、もう始めている人のために、自宅サロンのデメリットをプラスに変える自宅サロンの集客の戦略と方法まとめました。

 

自宅サロンに集客できる8つの戦略

①サロンに特徴を出す。

 

自宅サロンでは、特徴をしっかり出すことが大事です。

あなたとつながりがない人にとっては行きにくいのが自宅にある自宅サロンです。だからこそ特徴を出さないと集客できません。

 

どこにでもある同じような特徴のサロンなら、わざわざ自宅サロンに行く理由はなくなります。

わざわざ行ってみたくなるような理由、特徴をそこにつくる必要があります。

 

他にはないサロンの特徴を出すコツは、次のようにいろいろあります。

  • 自宅サロン特有の強みを生かす。
  • お稽古や習い事など、自宅でも比較的通いやすいジャンルのものと、あなたの施術サービスを組み合わせる。
  • あなたの施術とあなたの得意を組み合わせて、独自のサービスをつくる。

 

人はステキな自宅には憧れがあり行ってみたいもの。

もし自宅サロンがある部屋やインテリアにこだわりがあるならそれを生かす事もできます。

 

また、お稽古や習い事などのジャンルは、自宅でも通いやすいというイメージがあります

もしあなたが中国茶や紅茶に詳しいなら、そんなお稽古とサロンの施術を組み合わせることもできます。

 

また、他にはないアプローチの独自の施術や、あなたの別の得意とを組み合わせることで独自の施術サービスを作れます。

独自のサービスは、1つではなく組み合わせると作りやすいです。

 

自宅サロンの特徴を生かしながら、そこへ通う強い動機がうまれる特徴を作ってみてください。

 

②ターゲットを絞る。

 

自宅サロンでは、来てほしいお客様のターゲットはしぼることも大切です。

自宅サロンは、すべての人に向けたサロンにしてしまいがちです。

でもそれだと集客できません。

 

ターゲットをしぼることで、その人により届きやすくなり、集客できるようになります。

 

ただターゲットをしぼるときは少し注意しましょう。

 

ファミリーが多い郊外の一軒家の自宅サロンに、都会に住む独身女性は通いにくいでしょうし、都会のマンションにある自宅サロンには、逆に子育て中のママは来にくいかもしれません。

 

また、サロンのターゲットを具体化するときには、自宅サロンに抵抗がある人とそうでない人がいることを頭に入れておきましょう。

 

そもそも自宅サロンに抵抗がある人をターゲットにしては、当然集客できません。

ターゲットを絞るときは、このあたりも考慮にいれましょう。

 

③サロンを常にオープンにする。

 

自宅サロンの集客がうまくいくためには、できる限りオープンであることが重要です。

自宅サロンなので、住所を公開したくない・・という人もいると思いますが、そんな場合でも、住所以外のところはできる限りオープンにするべきです。

 

お客様は住所がわからない場所に、わざわざ行くことをためらうので、住所を公開できないと、自宅サロンの集客はぐんと減ってしまいます。

 

なので、自宅サロンなので住所をオープンにできないという人は、お客様が躊躇してしまうその不安を徹底的に解消する工夫が必要です。

 

例えば、自宅サロンの住所はオープンにはできなくても、自宅サロンの最寄りの駅から目印となるカフェまでの導線や、そのカフェも含めたお店の詳細などを写真付きで詳しくホームページなどに載せておく。

 

または、自宅サロンの部屋の中の様子を写真も含め、はっきり分かるように載せておいたり、あなたのプロフィールを詳しく載せて、どんな人がやってるかをしっかり載せておくと、お客様の不安も取り除かれます。

 

こうして、自宅サロンの住所は載せられないけれど、住所以外の部分はできる限りオープンにし、お客様のの不安を取り除いてあげることが、自宅サロンの集客では大事です。

 

④正しく料金設定する

 

自宅サロンで集客していくためには、正しい料金設定が必要です。

とかく自宅サロンは、自宅という環境がそうさせてしまうのか、低料金のサービスにしがちです。

 

でも単純に料金お安くしてしまうと、たくさんの新規の人来てもらわないと目標売上に到達しないので、結局集客が大変になります。

 

また、安いから来るという価格で来るお客様しか来なくなり、サロンが継続しません。

自宅サロンだからといって低料金にしないといけない理由はありません。

 

むしろ価値あるサービスを提供し、適正な料金設定をすることが、お客様への信頼につながり集客がうまくいきます。

 

正しい料金設定できるように、価値のあるサービスを提供しましょう。

サロンの集客を左右する料金設定で注意する9つのポイントサロンメニューの料金設定で悩んでいる人のために、注意する9つのポイントをまとめました。サロンを開業するとき、私たちは料金を安くしすぎる傾向にあります。でもそれをしてしまうとサロンの集客がしんどくなり、サロン経営が大変になります。是非参考にしてみてください。...

 

⑤売上目標を決める

 

自宅サロンであっても、お客様に来ていただいて、しっかり続けたいのであれば売上目標をきちんと決めましょう。

売上目標を決めずに、なんとなく自宅サロンを始めると集客できずに失敗します。

 

売上目標を立てることで、どれくらいのお客様に来てもらえばいいのか、サロンの料金はいくらに設定すればいいのかがはっきりします。

 

例えば毎月20万くらいは稼ぎたいと目標を立てた場合、サロンの料金を5000円にしてしまうと、40人の人に毎月来てもらわないと目標は達成できないことになります。

 

これが、10,000円なら20人のお客様でよくなります。20,000円なら10人です。

 

このように、自宅サロンであっても、売上目標を決めておくと、どれだけのお客様来てもらわないといけないのかがわかり、どういう集客方法をすれば目標に達成するかもわかります。

 

自宅サロンでも結局、お客様が来てくれて、目標の売上がないと楽しくないんです。自宅サロンがうまくいくためにも、目標とする売上目標をしっかり決めましょう。

 

⑥リピートされる

 

自宅サロンは、リピートされるサロンでないとうまくいきません。

自宅サロンは、新規顧客がバンバン来るサロンではありません。

 

新規のお客様にとっては、サロンが自宅だというハードルは結構高いのです。

 

でも、一度通ってもらえると、そのハードルは一気に下がるのでリピートしてもらえる可能性も上がります

 

自宅サロンの集客は、新規のお客様にどれだけリピートしてもらえるか・・・ここをポイントにして集客を考えましょう。

セラピストがサロンのリピート顧客を増やす方法と仕組みづくりリピート顧客が出来ずに悩んでいる人のために、リピート顧客を増やす方法と仕組みづくりをまとめました。リピート顧客が増えるとサロン経営も楽しくなり、なによりサロンをするのが楽しくなります。良ければ参考にしてください。...

 

⑦地域になじむ

 

自宅サロンは地域になじむことで集客しやすくなります。

自宅サロンのある地域になじみ、無理のない集客を目指しましょう。

 

自宅サロンの特性は、サロンがある場所によっていろいろだと思いますが、共通する良さは、地域の中にあることです。

 

より地域の人に親近感を持ってもらうためには、誰でも参加しやすいイベントを開催したり、地域のイベントに参加したり、近くのパン屋さんやカフェに顔を出して、仲良くなったり、チラシを置かせてもらったり・・

 

自宅サロンがある地域になじむことで、自然とその地域の人に知ってもらうことも大切です。

 

地域になじみ受け入れられると、口コミもおこり集客は増えてくるはずです。

 

⑧口コミを意識する。

 

自宅サロンの集客には口コミを意識することが大切です。そのためには、自宅サロンのレベルを妥協せず高いものを提供することが大切です。

 

自宅サロンは地域の中にあります。地域の中では口コミが広がりやすい傾向があります。

 

あなたのサロンの施術レベルが低いと、わるい口コミが地域に一気に広がってしまいます。また逆に、自宅サロンでも高いレベルのサービスを提供していれば、いい口コミが広がって口コミから集客が生まれます。

 

口コミに関係するのは、施術技術だけでなく、おもてなしや、サロンの空間などすべて。

 

地域にある特性上、口コミが良い方にも悪い方にも左右されやすいのが自宅サロンの特徴なので、自宅サロンでもより高いレベルのサービスを提供することを心がけましょう。

 

自宅サロンに集客できる12コの方法

①ブログ

 

自宅サロンは、関係性がないと来てもらいにくいのが特徴です。

ブログは、この関係性をつくりやすいツールです。

 

ブログは、あなたの自宅サロンがやっている「ウェブ上にある支店」のような存在なので、ブログに共感してもらい、ブログを通じてつながりが生まれれば、サロンの支店(=ブログ)から本店である自宅サロンに来てくれるようになります。

 

そのためブログは、あなたの言いたいことを書く日記ではなく、専門家としての立ち位置でブログを書く必要があります。

専門家として、そのスキルが役に立つ人に向け、役に立つことをコツコツ発信しましょう。

 

ブログは、あなたの自宅サロンに来てほしい人に向けて発信し、その人の役に立ち、共感してもらうことが大切。

 

そして正しい方法でブログを続けていると、必ず反応してくれる人があらわれて、そこおからつながりが生まれ、それは自宅サロンへの集客につながります。

 

なので、いずれ自宅サロンを始めたいなあ・・と思ってる人も、今からブログを始めておくことを是非オススメします。

セラピストや施術者の為のサロンにお客様が集まるブログ集客の教科書「サロンにお客様が集まるしくみをつくる正しいブログ集客の教科書」をまとめました。ブログはウエブ上にあるサロンそのものです。正しいブログ集客を実践すれば必ず集客につながるすばらしい方法です。ブログでサロン集客したいのに苦戦している人は参考にしてみてください。...

 

②ホームページ

 

自宅サロンにもホームページはあった方が、サロンへの信頼性は高まります。

ホームページがあることで、お客様が感じる自宅サロンの不安感を取りのぞくことができます。

 

ホームページは、会社で言うパンフレットのような役割です。

 

ホームページ単独ではあまり集客効果はありませんが、ブログやSNS、チラシなどからホームページを見てもらうことで、ここから予約してもらうツールとして有効です。

 

ホームページは、優先順位として、無理してはじめからお金をかけて作る必要はないと思います。それよりもブログを続けつながりを作るほうが大事です。

 

なのではじめはアメブロオウンドやペライチなどの無料ホームペジサービスでも良いと思います。

サロンのホームページが簡単に作れるおすすめ有料・無料サービスサロンのホームページが簡単に作れるおすすめ有料・無料サービスをまとめて紹介します。。サロンの集客にはホームページが必要ですが、専門業者に頼むと結構な費用がかかります。是非参考にしてみてください。...

 

そしてホームページで大事なのは、自宅サロンに感じるお客様の不安を取り除くため、できるかぎり情報の開示を心がけること。

 

詳細な住所は、予約いただいてからお知らせするとしても、最寄り駅から自宅サロン近くの目安の場所までのアクセス方法や写真が詳しく書いてあるだけで、お客様は予約しやすくなります。

 

③SNS

 

SNSもお金もかからないツールです。SNSには、インスタもありますし、フェイスブックやツイッターなどもあります。

自宅サロンは、関係性があれば行きやすくなるので、実名が原則のフェイスブックを上手に使いましょう。

 

ただ、個人のフェイスブックを集客に使うにしても、営業を促す投稿は逆効果になります。

 

フェイスブックもブログと基本は同じですが、その分野の専門家として、共感してもらえる投稿をすることでつながりを作るのが効果のある使い方です。

 

④チラシ

 

自宅サロンがあるエリアにもよりますが、チラシは非常に集客効果のあるツールです。

即効性がありますし、何回も配布することで、サロンのことがそのエリアで認知されやすくくなります。

 

住所を公開できない人でも、チラシを配布をしないのはもったいないです。

 

サロンの住所はオープンにできなくても、チラシからブログやホームページ、SNSなどを見てもらい、信頼してもらってから予約につながる場合もあります。

 

チラシはやれば確実に集客効果があるものなので、自分の自宅サロンに合わせた工夫をしましょう。

セラピストや施術者の為のサロンにお客様が集まるチラシ集客の方法「セラピストや施術者の為のサロンにお客様が集まるチラシ集客の方法」をまとめました。個人サロンはブログやSNSを一生懸命するのもいいですが、チラシは正しく作れば必ず反応があり、予約につながる素晴らしい集客ツールです。ぜひ記事を参考にしてサロンの集客にお役立てください。...

 

⑤リーフレット

 

リーフレットをつくっておくと、地域にある他のお店や人が集まる場所に置いてもらうことができます。

自宅サロンは、サロン周辺エリアの人がメインのお客様です。

 

特に同じ地域にあるカフェや飲食店などにリーフレットを置いてもらって、いい関係をつくっておくと、自然に紹介してもらえます。

 

⑥看板

 

自宅サロンでも看板が置ける状況なら、看板はぜひ置くべきです。

看板が置けないところ、置きたくない事情など色々あると思います。

でも看板があるだけ圧倒的に人は見つけやすく行きやすくなります。

 

⑦名刺

 

自宅サロンでも名刺をつくっておくと、実際にあった人に渡すことでつながりが作れます。

人と合う機会があって、顔や人となりを知ってもらい、つながりをつくっておくと自宅サロンに来てもらいやすくなります。

 

⑧紹介

 

自宅サロンでも、できるだけオープンにするのが集客にはプラスだといいましたが、実際は制約がある場合もあると思います。

完全にオープンにできないデメリットは、人とのつながりをつくり、その人からまた人を紹介していただく方法でカバーできます。

 

地域の飲食店やショップと仲良くすることもそうですし、紹介カードなどをうまく活用してリピート顧客様から自然に紹介してもらえる仕組みを作りましょう。

 

⑨地元タウン誌

 

地域によっては、地元のタウン誌の影響が強いところ多いです。

自宅サロンは遠方から通うお客様より地域のお客様がメインです。

地域の集客に強いタウン誌も活用してみましょう。

 

⑩イベントの開催

 

自宅サロンは、つながりがない人にとっては敷居が高くなりがちなので、それを解消するためにも、参加しやすいイベントを企画してみましょう。

 

たとえば、子供と一緒に参加できるイベントや、1000円で参加できるワークショップなどを開催するなど。

 

参加しやすいイベントをすることで、自宅サロンがオープンにされているイメージを持ってもらえれば、自宅サロンの集客にもつながります。

 

⑪別の場所でのイベント

 

自宅サロンでも関係性があれば、集客しやすいわけですが、たとえば、誰もが参加しやすい場所でイベントを開催することも1つの方法です。

 

自宅サロンとなると少し躊躇してしまう人も、例えば地域の人が集まるオープンなスペースなら気軽に行きやすいという場合があります。

 

自宅サロン以外でも、そこでつながりが生まれれば、今度は自宅サロンの方へ来てもらえる可能性も出てきます。

 

⑫他の自宅サロンとのコラボ

 

同じ地域には、自宅サロンもいくつかあると思います。そんな自宅サロン同士でコラボイベントを開催するのもいい方法です。

 

人は自宅サロンでも気にならない人、自宅サロンが好きな人もいます。

 

すでに自宅サロンに通っている人は、自宅サロンが嫌いじゃない人です。そんな人は他のジャンルの自宅サロンでも通われる可能性があります。

 

たとえば、料理教室をしている人とコラボして、あなたの施術のあと作ってもらった料理でランチするイベントをしても良いわけです。

 

それには、あなたがいいなと思う自宅サロンに行ってみて、日頃から仲良くなっておくといいでしょう。

 

同じエリアの自宅サロン同士、それぞれにメリットがあり、お客様も楽しいイベントを企画することで集客の相乗効果が生まれます。

 

まとめ

 

以上「自宅サロンの集客がうまくいく8つの戦略と12コの方法」でした。

 

自宅サロンの最大のメリットは、家賃という固定経費がかからず、自分の思うようにサロンができるところです。

 

でもそのかわり、自分とつながりがない人にとっては、行きにくいというデメリットがあります。

 

そのデメリットさえプラスにさえできれば、自宅サロンでもにも十分人が集まります。

ぜひ自宅サロン特有デメリットをプラスに変え、ステキな自宅サロンを続けてください♪

ABOUT ME
オカダタイスケ
オカダタイスケ
個人事業のマーケター。強みを稼ぐに変えるコンサルタント。「プロ@サロン養成スクール」代表。提供しているサービス。「集まる相談所 」主催。「無料相談」。プロフィール専門カメラマン見習い・大阪在住・2児の父。プロフィール⇒
7日間無料メール講座

集客が苦手なセラピスト・施術者のための
集めないサロン集客
〈 7日間無料メール講座 〉

「無料PDF冊子」ダウンロードプレゼント中!

◆ 集客の状態を自分で診断できる!
〈 集客セルフ診断シート100 〉

◆5分で読める!
売上50万のサロンになる50のルール 〉