アロマセラピーサロン

アロマセラピーサロンはなぜ集客に苦しむのか?

 

こんにちは。岡田です。

アロマセラピー・・

アロマテラピーの方が呼び名としては正確かもしれませんが、アロマセラピーサロンが結構たくさんあります。

 

アロマセラピーとは、精油、エッセンシャルオイル、アロマオイル・・を使って、病気の予防とか、心の健康とか、リラクゼーション効果、ストレスの解消を目的とする療法。

 

その中でも、アロマオイルをトリートメントに使うアロマセラピーサロンが多いと思います。

ただし、アロマセラピーサロンは集客に苦しむサロンがとても多いのが実態でもあります。

今日はその理由と改善の方向をお伝えします。

 

アロマセラピーサロンが集客できない理由

 

現代社会は、ストレス過多で、心と体が疲れている人がたくさんいるので、アロマセラピー自体はもとめられている療法だと思いますし、これからもそうだと思います。

実際に、このスキルを生かしてサロンで働いたり、起業してサロンを開業する人も多いです。

 

ただ、そんなアロマセラピ―サロンを開業する多くが集客に苦戦しています。

もちろん原因は、個々のサロンの状態を見なければ正確には言えないわけですが、簡単に言うと以下の理由です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

集客に苦戦する「アロマセラピーサロン」は、

「ターゲット」が曖昧で、

「他との違い」がなく「特徴」が見えないので、

そのサロンに行く「強い目的」が弱いのに加え、

「リーピートの仕組み」がないから、

集客に苦戦する。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

箇条書きすると、以下になります。

 

・ターゲットの設定が曖昧

・サロンのコンセプトに特徴がなく、他との違いがない。

・あなたのサロンへ行かなければいけない理由が弱い。

・そもそもリピート顧客化の仕組みがない。

 

あと発信が弱い・・というのもあります。

 

アロマセラピーというのは、

一般的に効果も認められている療法で、

人気のある手法なのは認めます。

 

ただ、そうはいっても、

それはあくまでも、

困っている人、悩んでいる人を改善へ導く手段の1つにすぎません。

 

なので、人を集客する上で大切なのは、

あなたは、そのアロマセラピーを使って、

どんな人のお悩みをどうやって取り除いて、

どんな未来に導いてあげられるのか?

ということ。

 

これを明確にしなければ、

集客できるようにはなりません。

 

でもほとんどのアロマセラピーサロンは、

スクールで学んだままの手技や方法、アプローチをそのまま使って、

一般的によくあるコンセプトで、

同じような価格設定で、

単発の癒しを求める人に、

一時のリラクゼーションを与えるサロンになってしまってます。

 

そんなサロンが星の数ほど存在するわけですから、アロマセラピ―サロンが集客に苦戦するのは、当たり前なんです。

 

アロマセラピーサロンが集客できない背景

 

ではなぜ、わざわざ同じようなアロマセラピーサロンを開業してしまうのか?

同じようなアロマセラピーサロンがたくさん存在するのに・・

 

それはアロマセラピストならではの理由が考えられます。

 

・アロマテラピーの技術があれば、それで人が集まると思ってしまうから。

・アロマセラピーの知識と技術はあっても集客の知識に欠けるから。

 

アロマテラピーはすばらしいものかもしれませんし、あなたはその知識や技術にたけているかもしれません。

でも、それだけでは、星の数ほどあるサロンがある状態では、集客できません。

 

また、そもそもアロマテラピーのスキルと集客のスキルは別ものなので、正しい集客の知識がなければ、他と同じようなサロンになってしまわけです。

 

どちらにしても、アロマテラピーの知識や技術を生かしてサロンに集客するためには、アロマテラピーとは別の集客する知識と行動が必要になります。

 

集客できるアロマセラピーサロンにする方向性

 

アロマテラピーの知識と技術があるだけでは、いつまでたっても集客できるようにはなりません。

 

でも、アロマテラピーの力を求めている人は世の中にたくさんいるのは事実です。

問題なのは、アロマテラピーをそのままの形で、他と同じように提供していることです。

これを見直す必要があります。

 

人が集まるアロマテラピーサロンにするためには、

具体的に、以下のことを改善すべきです。

 

・コンセプトを掲げて特徴を出す。

・ターゲットを絞る。

・個を出す。

・リピートの仕組み

・発信

 

・アロマテラピーを使う自分のサロンのコンセプトは何のか?

・アロマセラピーを誰のために使うのか?

・あなただから救える人は誰なのか?

・アロマセラピーを使うあなたには、どんな思いがあるのか?

・自分のサロンのアロマセラピーは他とどこが違うのか?どんな特徴があるのか?

・なぜ自分のサロンのアロマセラピーを受けた方がいいのか?受けるメリットがあるのか?

・アロマテラピーを継続して受けてもらうにはどうすればいいのか?

・これらを知ってもらう為には何をどう発信し続ければいいのか?

 

こういう部分を改善することができれば、

集客できないアロマセラピーサロンから、集客できるアロマセラピーサロンになって、アロマテラピーの知識や技術が本当に必要とする人に届くはずです。

 

まとめ

 

今日は「アロマセラピーサロンはなぜ集客に苦しむのか?」でした。

 

アロマセラピーサロンを開業するアロマセラピストは、技術がすぐれていれば、人は勝手に集まるし、リピートすると考えてる人が多いようです。

 

技術至上主義というんでしょうか?

でもこれは正しい考え方ではありません。

 

なぜかというと、

集客やリピートというのは、いろんな要素が複雑に絡み合うものだからです。

 

個人・コンセプト・場所・便利さ・料金・相性・接客・居心地・共感度・信頼・メニュー・評判・口コミ・イメージ・発信のされ方・・・・

 

人がそのサロンへ行く理由はいろいろで、1つではありません。

アロマセラピーの知識や技術も、人が集まる重要な要素。

でも、あくまでもいろいろある中の1つにすぎないので、技術だけに固執していると集客できないことは覚えておきましょう。

ABOUT ME
岡田タイスケ
人が集まるストーリーをつくるコンサルタント/集まる@サロン養成スクール/「集まる@相談所 」主催。「無料相談」毎月開催。プロフィール専門カメラマン見習い・大阪在住・2児の父。プロフィール⇒ 集客でお悩みの方はまずはこの記事からどうぞ! 初心者のための「正しいサロン集客」の方法(2020年版)
7日間無料メール講座

集客が苦手なセラピスト・施術者のための
集めないサロン集客
〈 7日間無料メール講座 〉

「無料PDF冊子」ダウンロードプレゼント中!

◆ 集客の状態を自分で診断できる!
〈 集客セルフ診断シート100 〉

◆5分で読める!
売上50万のサロンになる50のルール 〉