サロン開業

サロンに「オンラインショップ」を開設するメリットと方法

 

こんにちは。岡田です。

「風の時代」に入ったといわれますけど、

サロンにそれを当てはめてみると、

「サロンサービスの進化」と

「サロンのオンライン化」かなと思っています。

 

コロナ渦は、

サロンビジネスの「限界」と「可能性」の両方を教えてくれた気がします。

(高い代償ですけどね。。)

 

どちらにしても、

コロナのあとは、

あらゆる分野で、

オンライン化が進むのは間違いないでしょう。

そしてその流れは、

サロンビジネスにも必ず及んできます。

 

オンライン化によって、

どこにでもある価値の低いサービスは、

オンラインサービスに置き換わっていでしょう。

それは必然の流れです。

 

ただ一方で、

オンラインサービスが増えれば増えるだけ、

オンラインでは体験できないような・・・サロンのサービスの価値もまた、

見直され再評価されていくはずです。

(より進化した価値が求められるでしょうけど・・)

 

これから開業するサロンも、

今あるサロンも、

この大きな流れに対応していく必要があります。

 

今日は、サロンのオンライン化の1つ。

『サロンに「オンラインショップ」を開設するメリットと方法』

についてまとめました。

 

サロンでもオンラン化はできる。

 

オンライン化が進めば進むだけ、

その反動で、

オンラインでは体験できないような価値あるサロンのサービスも、

求められるはず!

 

とはいっても、これを機会に、

サロンでも、オンライン化を図っておきたいところです。

新しい挑戦ですね。

 

 

サロンというと、

実際にサロンという現場に来られる人に対して、

サービスを提供する形なので、

オンライン化しにくいと思いがちです。

 

でも決してそんなことはありません。

オンライン化といっても、やり方、取り入れ方はさまざま。

 

あなたにオンライン化したいという意思さえあれば、

サロンでもオンライン化は可能です。

 

サロンをオンライン化する方法の一例

 

サロンをオンライン化する1つの方法として、

「サロンにオンラインショップを開設する」

という方法があります。

 

今は、BASEとか、STORESツールをなどのツールを使うと、

誰でも簡単にオンラインショップを開設できます。

 

販売するものさえあれば、

こういうツールを使うことで、

だれでも簡単にオンライン上にショップをつくって、

そこで販売する拠点をつくることができます。

すごい便利です。

 

STORESなんて、

デジタル商品や動画、セミナーやセッションなどのチケットなんかも販売できます。

 

それに有料のものだけじゃなく、

無料の商品でも販売できます。

 

サロンにオンラインショップをつくると、

リアルなサロンの他に、

もう1つ、オンライン上にオンラインショップという名のサロンを開業することができます。

これってサロンにとって結構大きな変化です。

 

それは、売上の窓口が一つ増える・・・

というだけにとどまらないプラスの効果があります。

以下にそのメリットをまとめました。

 

サロンにオンラインショップを開設するメリット

 

サロンの稼ぎ口が増える。

 

これが普通に考えられるメリットの1つです。

もちろん実際に売れる必要はありますが。

 

ただ、売上が上がる場所が、サロンだけでなく、オンラインショップからもあると、売上を複線化できます。

 

オンラインショップがあれば、仮にコロナ渦のように、サロンでの対面がむずかしいときでも、その部分は稼働し続けます。

リスクヘッジにもなります。

 

遠方のクライアントにもサービスを提供できる。

 

従来の考え方だと、

サロンは、どうしてもサロンに来た人にしかサービスを提供できませんでした。

でもオンラインショップだと、それは関係なくなります。

 

サロンの世界観を補完できる。

 

サロンのウェブサイトにオンラインショップを組み込むことで、

サロンの世界観が補完されます。

オンラインショップのデザインや、そこで販売するものもすべて、サロンの世界観を引き上げるようにブランディングする。

そうすることで、サロンの世界観がより明確で魅力的になり、サロンへのいい影響が生まれます。

 

スキルや知識の活用領域を増やせる。

 

サロンで提供している知識やスキルは、サロンの現場で提供しているわけですが、オンラインショップを開設することで、それがオンライン上でも提供できることになります。

 

もちろんそのままでは商品にならないので、オンラインショップで販売できる形に変える必要はあります。

 

オンラインショップで販売できるのは、あとで書きますが、実はいろいろあります。

テキストや動画な、セミナーなどもオンラインショップで販売できるので、スキルや知識の活用領域が増やせます。

 

無料の入口商品を販売できる。

 

オンラインショップでは、無料の商品も販売できます。

この無料商品(見込み客への入口商品)をうまく活用すれば、そこからサロンへの集客導線を引くことも可能になります。

 

無料商品で、まずサロンのことを知ってもらう。

そこからサロンのメインとなる商品を買ってもらう導線を作る・・といった活用の仕方もオンラインショップをつくることで可能になるワケです。

工夫次第でいろいろ使えますよね。

 

オンラインショップで販売できモノ

 

最後に、

オンラインショップで販売できるものをまとめておきます。

 

オンラインショップというと、

「形のないサービスを提供しているサロンには向かない・・」

と思う人が多と思います。

 

でも全然そんなことなくて、

例えば、次のようなものも

オンラインショップで販売できます。

 

サロンで取り扱ってる商品

 

サロンで取り扱ってる商品は、

一番分かりやすいですよね。

 

例えば、

サロンで化粧品を販売しているなら、

それは当然オンラインショップでもそれは販売できます。

 

あなたから買うことに意味があれば、

サロンに通えない遠方の人にも買ってもらえます。

 

テキスト化した商品

 

「テキスト化した商品」とは、

あなたがサロンで提供している知識やスキルを

冊子やブックなどにテキスト化した商品のことです。

 

例えば、

ダイエットの方法などをテキスト化したものとか、

サロンで提供している手技や知識を講座化したものなんかも、

オンラインショップで販売できます。

 

動画コンテンツ

 

「動画コンテンツ」とは、

さっきのテキスト化したものを動画にしたものとか、

セルフケアの方法とか、

施術や知識を動画という形にした商品のこと。

動画講座などもこれに当たります。

 

セミナーやオンラインセッション

 

「セミナー」や「オンラインセッション」とは、

オンラインショップで、

「ワンデーセミナー」とか「オンラインセッション」に参加するチケットを販売するようなイメージ。

こんなのもオンラインショップで販売することができます。

 

 

サロンのオンラインショップで販売するためには、商品が必要で、その商品は、サロンで提供しているサービスの形を変えて商品化します。

こう考えると、オンラインショップで販売できるものって、実はいろいろありますよね。

 

まとめ

 

『サロンに「オンラインショップ」を開設するメリットと方法』でした。

 

この先ますます、サロンをオンライン化する必要性に迫られると思います。

 

「風の時代」の新しいサロン像は、

サロンに来なければ体験できないような

「より価値あるサービス」をもう一度しっかり考えることと。

 

そして同時に、サロンのオンライン化をはかり、

さまざまな形のサービスをオンラインでも提供すること。

 

サロンのオンライン化については、

新しいチャレンジも必要になりますが、

今は幸い、便利なツールもあります。

 

あなたの頭の中をやわらかくして、

新しい風に乗りましょう^^

ABOUT ME
岡田タイスケ
人が集まるストーリーをつくるコンサルタント/集客のチカラで、がんばる個人経営者・フリーランス・起業家を応援!〇強みの最大化〇世界観のあるコンセプト〇ストーリーのある集客戦略〇7つのロードマップ/「集まる@無料相談 」/開業・経営サポート/サロン開業・育成スクール準備中。大阪在住 まずはこの記事から⇒ ★初心者のための「正しいサロン集客」の方法(2020年版)初心者でもうまくいく「サロン開業」の方法【2020年度版】(質問チェックリスト付き)サロンのブログから集客したい初心者のための教科書【2020年版】サロンのチラシから安定して集客する方法【2020年度版】
7日間無料メール講座

集客が苦手なセラピスト・施術者のための
集めないサロン集客
〈 7日間無料メール講座 〉

「無料PDF冊子」ダウンロードプレゼント中!

◆ 集客の状態を自分で診断できる!
〈 集客セルフ診断シート100 〉

◆5分で読める!
売上50万のサロンになる50のルール 〉