リピート集客

新規客をサロンのリピート顧客に変える次回予約の考え方

 

こんにちは。岡田です。

サロンをしているとこんなことないですか?

施術がおわったお客さまには、次またぜひ来てほしいから次回予約を取ってもらいたい!

 

でもむりに営業してるみたいに思われるのがいやなので、その気持ちをぐっとこらえて「また来てくださいね!」って笑顔でお見送りする。

でも少したっても予約の連絡はなし。

だからへこむ、落ち込む・・。

そんな経験。

 

というかずっとそういう接客をしてしんどくなってませんか?

 

次回予約をしてもらいたいのに、それが苦手な人は次回予約を営業だと思っているから。

 

でもホントはそうではなくて、次回予約の提案は、お客様のことを思えばこそすべきプロとしての提案です。

 

精神的にもこっちの方がラクになるので、自信をもって積極的にしてみましょう。

 

次回予約を営業だと感じるのはあなたがそう思ってるから。

 

どうしても次回予約を提案することが、こちらからの営業だと感じてしまう人は、けっきょく自分がそう思ってるからです。

次回予約は営業なんだというふうに・・。

 

営業だと思ってしまから当然提案するのをためらってしまう。

 

でもそもそも次回予約をいただくのは全然営業じゃないんです。

なぜかというと、お客様がどうしてこのサロンに来てくださったかを考えてみるとわかります。

 

お客様は、悩みを解決しに来ます。

そしてその悩みの多くは1回では解決しないものです。

 

1回でお客様の本当の悩みは解決しない。

 

お客様がサロンに来たのは、なにかに困っていてそれをよくしたいからです

自分ではどうしようもないから、プロの手を借りたくて、プロのスキルでその悩みを解消したいと思ってくるわけです。

 

ここで質問ですが、プロの施術をもってすれば、そのお客様の悩みは、1回で解決してあげられますか?

 

どうでしょう?

イエスなら、それでいいです。

お客様の悩みがそれでなくなったのでいいことです。

でも、本当にそうですか?

 

やせたかったり、体質を変えたかったりするのって、1回でよくなりますか?

 

体がすっきりしたり、体がラクになることはあるでしょう。

でもそれも1回ではその効果も限られます。

 

ホントにその悩みを解決しようと思えば、ある程度の時間がかかるハズなんです。

お客様の事を思えばおもうほど、それがプロとして当然の考え方です。

 

でも、人間って弱いものなので、よくしたいと思っても、やっぱいまた今度にしようとなってしまう生き物。

 

だからこそ、よくしたいと思ってサロンに来られたその気持ちを、プロの立場から叶えてあげるには、次回予約をしてもらうのが一番なんです。

 

まとめ

 

ホントは次回予約をしてほしいのに、苦手でうまく伝えられないと結構しんどくなります。

お客様からの連絡待ちの状態って精神衛生上よくないですよね。

 

もちろんお客様はいろいろなので、それを営業ととらえる人も中にはいるでしょう。

でもこちらがそんな気持ちでないことが伝われば、それは相手にも伝わります。

 

次回予約をして頂くことは、プロとしてお客様の事を考えれば当然の提案なので、ぜひ積極的に自信をもってやってみてください。

ABOUT ME
オカダタイスケ
オカダタイスケ
人が集まるストーリーをつくるマーケター。「集まる@サロン養成スクール」代表。提供しているサービス。「集まる@相談所 」主催。「無料相談」。プロフィール専門カメラマン見習い・大阪在住・2児の父。プロフィール⇒
7日間無料メール講座

集客が苦手なセラピスト・施術者のための
集めないサロン集客
〈 7日間無料メール講座 〉

「無料PDF冊子」ダウンロードプレゼント中!

◆ 集客の状態を自分で診断できる!
〈 集客セルフ診断シート100 〉

◆5分で読める!
売上50万のサロンになる50のルール 〉