サロン集客

なぜ、あのサロンには人が集まるの?大切なのは、集客の「流れ」です。

 

こんにちは。岡田です。

今日のテーマは、

なぜ、あのサロンには人が集まってくるのか?

大切なのは、集客の「流れ」・・

について。

 

 

例えば、

「なんで、あそこはいつも、人が集まってるんだろ、、」

って思うお店やサロンって、ありますよね。

 

いったい、なんでそうなるのか?

今日は、そんな話です。

 

集客を考える時、大切なのは、「流れ」です。

 

ーーーーーーーーーーー

サロンの集客を考える時、大切なのは、「流れ」です。

ーーーーーーーーーーーーー

 

結論からいうと、

流れがいいところに、人は集まってきます。

そういうものです。

 

流れがいいと、

サロンに人は集まり、

売上も上がる。

 

逆に言うと、

うまくいってないサロンは、

この流れが悪いわけです。

 

でもいったい、この「流れ」って何なのか?

 

例えば、野球を例にして説明します。

(女性の方は、野球の話、キライだと思いますが、最後まで読んでみてください、笑)

 

 

知ってる人は分かると思いますが、

野球って、

打つ人を1番から9番まで、順番に並べて試合をします。

 

このとき、この順番を決めるのは監督。。

そして、この順番を決めるときに、

監督が考えることは、

 

どうやったら、

この1番から9番までの流れがスムーズになるか?

ということ。

 

4番の人がいくらよくても、

次の5番の人が悪かったら、

そこで流れが止まってしまうし、

 

 

そもそも、

1番の人が流れをつくらないと、

そのあとまで流れていかない。。。

 

 

これが、1番から9番まで、

うまく流れるようになると、

当然、点も入りやすくなるので、

監督は、そうなるような順番を考えます。

 

 

ちなみに、

この1番から9番までのラインナップのことを

野球用語では「打線」と言います。

つまり、流れとは、「線」なんです。

 

集客は、「線」です。

 

そしてこれは、

サロンの集客にも同じことが言えます。

 

ーーーーーーーーーーー

集客は、「線」なんです。

ーーーーーーーーーーーー

 

集客の「線」の流れがよければ、

新規のお客様が集まって、

そのお客様はリピートを繰り返し、

サロンの売上はスムーズに上がっていく。。

 

 

だから、サロンを経営している人は、

お客様がスムーズに流れていくように、

1番から9番までの線の流れ。。

これをよくすることを考えていく必要があります。

 

1番の人は、

まず、お客様の流れを作らなきゃいけない。

 

2番の人は、

そのお客様を確実に、次につなげなきゃいけない。

 

4番の人は、

強力な力で、その流れをもっと大きな流れにしなきゃいけない。。

 

 

こんなふうに、

サロンの監督でもある貴方は、

お客様がスムーズに流れていく線の流れをつくって、

お客様をスムーズに、

次から次へ・・・流していく必要があるわけです。

 

サロンに「流れ」を取り戻そう!

 

サロンの場合、

1番とか2番というのは、

SNSだったり、ホームページだったり、、のことです。

 

こういうものを使って、

サロンまでの流れをつくっていく。。

 

だから逆に、

うまくいってないサロンというのは、

この1番から9番までの流れが、

うまくいってないわけです。

 

 

例えば、

5番でプチっと、

流れが切れてるかもしれないし、

 

1番から9番までの流れが全部、

詰まっているかもしれない。

 

また、流れを生み出さないといけない1番が、

まったく機能してないかもしれない。

 

それに、そもそも、3番がいなかったり、

7番がいなかったり、

流れを作るのに必要な9人が、そろってないかもしれない、、

 

結局、集客ができない。。というのは、

1番から9番までの流れのどこかに問題があるからで、

流れが悪いから、

お客様がサロンに来れない状態になってるんです。

 

ーーーーーーーーーーーーーー

サロンに流れを取り戻そう!

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

貴方は、サロンの経営者でもあるので、

サロンの監督です。。

もちろん選手でもあるかもしれないけれど、

サロンを成功させようと思ったら、

 

1番から9番まで、

お客様の流れがいい集客の「線」をつくることも、

大事な仕事の1つです。

 

自分のサロンは果たして集客の「線」があり、

その「線」は、うまく流れているのかどうか?

 

どこかで止まっていないか?

機能してない箇所はないか?

 

サロンに流れを取り戻しましょう!

何といっても、集客とは「線」なので・・

 

まとめ

 

今日は、なぜ、あのサロンには人が集まってくるのか?

大切なのは、集客の「流れ」。。でした。

 

サロンがが難しいのは、

現場と経営が同一人物の場合が多いことです。

野球でいうと、選手兼監督みたいな感じですね。

 

どうして、それが難しいかというと、

現場と経営が同一人物だと、

サロンを客観的に見ることが難しいからです。

 

現場に入り込みすぎると、

客観的な視点がなくなって、

集客の流れが見えなくなってしまう。。

 

だから、もう一度みなさんは、

サロンの監督でもあるんだ。。

という意識を忘れないでおきましょう。

 

サロンに集客という流れをつくるには、

どうしてもその意識が大切になるので。。

ABOUT ME
アバター画像
岡田タイスケ
「強み」を見つけ「集客」という羽ばたく「羽」を授けて頑張る人をサポートするコンサルタント ●「オンライン講座サイト」運営 ●「強みの掘り起こし」「人を引き寄せるコンセプトづくり」「その人に合った集客とリピートの仕組みづくり」 ●「サロン開業&集客の個別サポート」 ●「メルマガ」登録1000人 ●「個別無料相談 」はコチラ まずはこの記事から⇒ ●【保存版】初成功するサロン集客の方法が分かる教科書【保存版】サロンを開業したい初心者のための教科書【保存版】ブログからサロンに集客したい初心者のための教科書
サロン開業&集客個別サポート

個別サポートについて

「無料相談」はコチラ

 

~7日間無料メール講座~

集客が苦手なセラピスト・施術者のための
集めないサロン集客
〈 7日間無料メール講座 〉

「無料PDF冊子」ダウンロードプレゼント中!

◆ 集客の状態を自分で診断できる!
〈 集客セルフ診断シート100 〉

◆5分で読める!
最低でも売上50万のサロンになる50のルール 〉