集客の方法

個人サロンが集客に必要な販促物を安くておしゃれに作る方法

 

こんにちは。岡田です。

サロンに集客しようとすると、ウェブでもアナログでも、ちょこちょこデザインしないと作れない販促物が色々でてきます。

こうしたちょこちょこした販促物をどうすればいいのか?

サロンをしていると結構悩むことの1つです。

 

もちろん何でもかんでも普通に業者に発注したら楽なんですけど、その都度お金もかかるので個人サロンでは結構負担です。

 

そうかといって自分のつたないスキルでつくると見ばも悪いし、手間もかかるので悩ましいところ。

 

そんな人はクラウドソーシングというサービスもあるので利用してみるのも1つの方法です。

CANVAで作れるサロンの印刷物やウェブデザインの種類個人サロンを経営していると必ず起こるデザインの悩み。そんなデザインの悩みは、CANVAというデザインツールを使うとかなりの部分が解消されます。このツールを使うと作れるサロンの印刷物、ウェブ関連のデザインをまとめました。...

 

「個人サロンが集客に必要な販促物を安くておしゃれに作る方法」を書きました。

サロンで必要になる販促物

 

サロンの集客で使う販促物というと、例えば、アナログならチラシやリーフレット、名刺、メニュー表、ショップカード、ポイントカード、紹介状など。

ウェブでいうとブログのデザインや、バナーなどいろいろあります。

 

他にもサロンまでのアクセスが分かるマップもデザインされたものがあると、チラシやフライヤー、ホームページなどで使えるので便利です。

 

一般的によく使われるデザイン作成ソフトのイラストレーターやフォトショプなどを使えると、この作業は自分でサクサク行えますが、サロンをしている人が、そんなスキルがある人は少ないと思います。

 

個人のサロンは、使える経費に限りがあるので、そこは知恵を絞ってカバーする必要があります。

 

安くて、でもオシャレなデザインの販促ツールをつくるのは、クラウドソーシングというサービスがあるのでこれを利用するのも1つの方法です。

 

クラウドソーシングでサロンの販促物をつくる。

 

クラウドソーシングとは、ウェブ上に登録されているスキルを持つ人達に仕事を依頼して作ってもらうことです。

 

クラウドソーシングのサービスは、例えば、ランサーズやクラウドワークスと言ったところが有名。

 

たとえば、

サロンのロゴや、ウェブやチラシに載せるサロンの地図、ブログのバナー、チラシのデザインなどもクラウドソーシングのサービスを使えば、普通に業者に頼むよりも安くてつくれます。

 

サロンの地図なども簡単なモノなら2000円くらいでつくってもらえます。

すべてウェブ上で納品まで完結するサービスです。

 

はじめて利用するときは戸惑うかもしれませんが、なれれば難しくありません。

また気に入った人がいれば同じ人にいろいろ頼むことができたりして、便利です。

 

一般の業者やデザイナーに頼むと、かなりの金額が必要になります。

でもクラウドソーシングサービスを使いこなすと、サロンの集客に必要なモノが安くてつくれて便利ですよ。

 

 

 

まとめ

今日は「個人サロンが集客に必要な販促物を安くておしゃれに作る方法」でした。

 

小さなサロンは、マンパワーも使えるお金も限られるため、便利で安いサービスを上手に活用するスキルは意外に重要です。

 

ちょこちょこ必要になる販促物も、自分でつくるもの、業者に頼むもの、そして紹介したクラウドソーシングに頼むものに分けて、仕組み化しておけば悩むこともなくなります。

 

そうしてサロンの売上が上がってくれば、売り上げに見合う金額の中で、人に頼む割合をふやしていくと、サロンの経営もしやすくなります。

 

クラウドソーシングを試したことがない人は、一度使ってみてください。

ABOUT ME
オカダタイスケ
オカダタイスケ
「集まる相談所 」代表。個人ビジネスのプロデュース。スキルを集客へ導くサポート・その人の強みを稼ぐ仕組みに変える専門家。プロフィール専門カメラマン見習い「無料相談」「ZOOM相談」大阪在住・2児の父。プロフィール⇒
7日間無料メール講座

集客が苦手なセラピスト・施術者のための
集めないサロン集客
〈 7日間無料メール講座 〉

「無料PDF冊子」ダウンロードプレゼント中!

◆ 集客の状態を自分で診断できる!
〈 集客セルフ診断シート100 〉

◆5分で読める!
売上50万のサロンになる50のルール 〉