サロンの独自化

サロンのポジションを見つけるコツは強みの掛け算とターゲットの絞り込み

 

こんにちは。岡田です。

<追いかける集客>から<向こうから集まる集客>に変えるには、サロンのポジションをどこに置くか?

これがとても重要になります。

 

サロンのポジションの置き方を間違ってしまうとどうなるか?

 

山のようにある競合サロンと同じグループに入ってしまい、周りに大手サロンから個人サロンまでがひしめく中、お客様を取り合う戦いが始まります。

 

値下げしないと集客できなくなったり、ブログやFacebookを頑張っても効果が出ない・・・

そんな状況が起こります。

 

こんなことにならないように、サロンのポジションは意識して決めておく必要があります。

 

ブログやFacebookなど・・集客を頑張っているのに、結果が出ない人は、サロンのポジションを見直しましょう。

 

「強みの掛け算とターゲットの絞り込みからサロンのポジションを見つけるコツ」をまとめました。

みんなと同じポジションをやめる。

 

サロンのポジションをどこに置くかを考えるコツは、強みの掛け算とターゲットの絞り込みです。

 

でもまずしなければいけないのは、みんなと同じポジション取りをやめること。

 

「エステサロンをしていて、痩せさせる施術には自信があります!」

「リラクゼーションサロンをしていて、人を癒やすのが得意です。」

「整体のお店をしていて、体のゆがみを調整できます!」

 

こういうポジションにいる間は、たくさんある他のサロンと同じところで勝負することになるので、独自のポジションにはなりません。

 

同じようなサロンばかりなので、他との違いがお客様に伝わりにくく、あなたのサロンを見つけてもらうのは大変です。

このままでは、集客の悩みはいつまでたっても解消されないでしょう。

 

なので、みんなと同じポジションから、独自のポジションに移動した方がいいんです。

 

でもどうやって移動するの?

ってことなんですが、それが強みの掛け算とターゲットの絞り込みです。

 

強みの掛け算とターゲットの絞り込み

 

強みの掛け算とは、あなたの強みを1つで勝負するのではなく、2つまたは3つの強みを掛け算することです。

 

掛け算された強みは、ターゲットを明確にし、絞りこみ、独自のポジションに導いてくれます。

 

例えば、エステは、マーケットが大きいですが、その分競合も多い業界です。

エステだけでの打ち出しでは、埋もれてしまって、なかなか見つけてもらえません。

 

同じように、お笑いの世界を例にすると、分かりやすいかもしれません。

 

お笑いのジャンルは、とても大きなマーケットです。

ここでトップに行けば、松本人志のように人気者になり稼ぐコトもできます。

 

ただ、だれもが松本人志のようにトップになれるわけではありません。

 

お笑い芸人は、それこそ星の数ほどいるわけで、その中から勝ち上がって選ばれるのは奇跡に近いことです。

 

でも、ここで、お笑いという1つの強みだけでなく、他の違う強みを掛け算すれば、独自のポジションで活躍できる可能性は広がります。

 

例えば、

お笑い芸人 × 収納

お笑い芸人 × バーベキュー

お笑い芸人 × 料理

お笑い芸人 × 漫画

お笑い芸人 × アスリート

お笑い芸人 × 掃除

 

実際にこういう芸人さんが人気になって、テレビによく出てますよね。

 

お笑いの強みだけでは、うまくいかなかった場合でも、例えば、バーベキューのスキルをお笑いと掛け算することで、バーベキュー芸人(たけだバーベキュー)として大活躍できます。

強みの掛け算で、独自のポジションを取れたいい例です。

 

サロンの場合でも、エステやネイル、マッサージや整体・・1つだけの強みをもって勝負するのは大変です。

でもあなたの中には、他の強みが必ずあるはずです。

 

それを掛け算して、あなただからお手伝いできるターゲットにしぼれば、サロンは差別化し独自化します。

 

そうなれば、見つけてもらいやすくなり、頑張って集客しなくても向こうから集まるサロンに変わります。

 

集客で結果が出ないサロンは、強みの掛け算とターゲットの絞り込みをしてみましょう。

 

自分自身の客観視と全体の俯瞰

 

とはいっても、強みの掛け算とターゲットの絞り込みを自分でするのは、なかなか大変な作業です。

 

なぜかと言うと、強みの掛け算とターゲットの絞り込みをするには、他のサロンも含めた全体のサロンの状況を鳥の目で俯瞰しないといけないし、全体の中で、自分のサロンのポジションは一体どこにあるかを認識するコトが必要になるからです。

 

全体を見渡しながら、自分の居場所を確認し、自分の強みを掘り下げる・・確かに結構難しいです。

 

なので、先に紹介したお笑い芸人さんの例なんかを参考にしながら、まずは今いるサロンのポジションを疑ってみましょう。

 

サロンのポジションなんか考えたこともない・・・という人が実はたくさんいます。

 

でも、みんなと同じサロンのポジションにいることで、苦労していることはないですか?

 

独自のポジションが見つかれば、その悩みも解消するはずです。

 

まとめ

 

以上「サロンのポジションを見つけるコツは強みの掛け算とターゲットの絞り込み」でした。

 

サロンを経営している人は、施術スキルの習得や、お客様に来てもらう為の集客については、一生懸命されている人は多いです。

でも、一番大事なサロンのポジショニングを、手つかずにしている人がほとんど・・

 

サロンのポジションを間違ってると、いつまでたっても思うような結果にならないので、もうサロンを始めている人も、これから始める人も、サロンのポジションを一度チェックしてみることをおすすめします。

ABOUT ME
オカダタイスケ
オカダタイスケ
人が集まるストーリーをつくるマーケター。「集まる@サロン養成スクール」代表。提供しているサービス。「集まる@相談所 」主催。「無料相談」。プロフィール専門カメラマン見習い・大阪在住・2児の父。プロフィール⇒
7日間無料メール講座

集客が苦手なセラピスト・施術者のための
集めないサロン集客
〈 7日間無料メール講座 〉

「無料PDF冊子」ダウンロードプレゼント中!

◆ 集客の状態を自分で診断できる!
〈 集客セルフ診断シート100 〉

◆5分で読める!
売上50万のサロンになる50のルール 〉