リピート集客

サロンのリピート客が増えないと嘆くセラピストにある3つの誤解

 

こんにちは。岡田です。

個人のサロンやお店は「リピート客」をどれだけ安定的につくれるかどうか・・それが成功のカギ。

いつまでも「新規客」の集客に全精力を傾けてる状態は、正しい姿とは言えません。

 

こうなってしまうのはセラピストや施術者に「リピート客」を増やすことへの誤解があるからかもしれません。

もし誤解があるなら、早く解きましょう。

そして正しいやり方に変えましょう。

 

今日は「サロンのリピート客が増えないと嘆くセラピストにある3つの誤解」について書きました。

 

「まずはリピート客より新規客・・」という誤解

 

「リピート客」を増やすと言っても、まずは「新規客」がいないと始まらない。

だからとにもかくにも、まずは「新規客」を集めることに一生懸命になる・・

 

こんなふうに「新規客」の集客に全力を注いでしまう方が少なくないんですけど、これが誤解の1つです。

 

しなければいけないのは、「新規客」の集客・・・ではなく、「リピート客」を増やすための戦略づくりです。

「リピート客」は、正しい戦略があり、それを実行することで、はじめて増えていくもの。

単純に「新規客」が増えれば、勝手に「リピート客」が増えていくものではありません。

 

はじめから、すべての知恵とアイディアと労力を「リピート対策」に捧げるべきです。

「リピート客」を増やすには、リピートされる仕組みづくりが不可欠。

 

例えば、

・リピートしやすいコンセプト
・リピートしたくなる商品
・リピートしたくなる接客
・リピートにつながる新規集客
・リピートにつながるターゲット
・リピートしたい人に届く発信

すべてをリピート客中心に考えないとリピート客は増えません。

そこまでするからリピート客は増えるんです。

 

「まずはリピート客より新規客・・」というのは誤解を解きましょう。

「リピート客」を増やすための戦略を作った上で「新規客」の集客を考えてください。

 

「リピートするかどうかは施術の腕しだい・・」という誤解

 

2つ目の誤解は、「お客様がリピートするかどうかは、施術の腕しだい・・」だと思っているところ。

施術の腕がよければ、勝手にリピートされるし、そうでないからリピートされないという考え方。

 

「施術の腕さえよければ、お客様は勝手にリピートする!」という誤解があると、リピートされる戦略なんて必要だと思いませんし、腕がいいだけで勝手にリピートされれほど甘くもありません。

 

確かに施術力が高い方がリピートされるのに有利であることは間違いないですが、施術以外のすべてのリピート対策が重要です。

 

・お客様の悩みの本質を正しく理解できてるか?

・お客様がリピートしやすい環境は整っているか?

・リピートする先の未来を正しくお客様に示せているか?

・お客様が思わずリピートしてしまう工夫はあるか?

・そもそもリピートする意思があるお客様が集まっているのか?

 

リピートしてもらおうと思ったら、どうしたらリピートしてもらえるのかを徹底的に考えて、実践していく必要があります。

 

施術力はリピートしてもらう為の1つの要素にすぎません。

「リピートするかどうかは施術の腕しだい・・」というのは誤解です。

 

施術以外の部分で、

あなたのサロンでリピートされる仕組みづくりに力を注ぎましょう。

 

「お客様は次回予約を案内されたくない・・」という誤解

 

3つ目は「お客様は次回予約の案内を積極的にされたくない・・」という誤解です。

癒し系やヒーリング系のサロンによく見受けられることですが、次回予約をその場でもらうことへの抵抗感がある人がいます。

 

「お客様もお忙しいし・・」

「次回予約を言われると何か営業してると思われそうだし・・」

「何となく言いにくいし・・」

 

そんなふうに、こちらが勝手にお客様は次回予約の案内をされたくないはずだ・・と思い込んでしまって案内しないセラピストや施術者の方がいらっしゃいます。

これも誤解です。

 

お客様はなんらかの悩みを抱え、それを改善したくてサロンに足を運ばれたわけです。

そのお客様に対して、次回予約の提案をしないなんて・・それはお客様の想いとは違います。

 

その人にあったベストな次回予約のタイミングを提案し、予約までもらってしまう。

その人のペースに合わせてリピートしてもらうことは、お客様にとってもベストだし、セラピストや施術者にとっては当然の行為です。

 

もしも次回予約を案内して、イヤな感じをもたれることがあるなら、

それはその時に提案したことがわるいのではなく、提案の仕方や、提案の趣旨などが正しくお客様に伝わらなかったことが原因なだけ。

そこは修正すればいい部分です。

 

お客様は、悩みを解決したいんです。

「お客様は次回予約を案内されたくない・・」というのはあなたの誤解です。

 

お客様のその想いを叶えるためにも、お客様が自然にリピートしやすいように次回予約の提案を行いましょう。

はじめは違和感があっても、慣れてくれば、それが当り前になってきます。

 

まとめ

 

今日は「サロンのリピート客が増えないと嘆くセラピストにある3つの誤解」について書きました。

 

個人サロンやお店は、リピート客が増え、そこが安定してこないと、経営が成り立たないのに、リピートする仕組みがないサロンやお店が多すぎです。

それはリピートに対する誤解からきています。

 

①「まずはリピート客より新規客‥」

②「リピートするかは施術の腕次第‥」

③「お客様は次回予約を案内されたくない・・」

 

こんな誤解があると、いつまでも新規客の集客にかかりっきりの状態から抜け出せません。

 

リピート客を安定して増やし、新規集客の手間と費用を抑えたかったら、はじめからリピートされる仕組みづくりや戦略に力を注ぎましょう。

誤解が解けて実践できれば・・リピート客も増えていくハズです^^

ABOUT ME
オカダタイスケ
オカダタイスケ
「集まる相談所 」代表。サロンプロデュース 岡田タイスケ。サロン・スクール経営。スキルをもつセラピストや施術のための「稼げるターゲットメイク」の専門家。個人の強みを稼ぐ仕組みに変えるのがミッション。個人事業者であるセラピスト・施術者を「コンセプトの力」でシアワセにするがモット―。サービス「稼げるコンセプトメイク」大阪在住・2児の父。プロフィール⇒
7日間無料メール講座

集客が苦手なセラピスト・施術者のための
集めないサロン集客
〈 7日間無料メール講座 〉

「無料PDF冊子」ダウンロードプレゼント中!

◆ 集客の状態を自分で診断できる!
〈 集客セルフ診断シート100 〉

◆5分で読める!
売上50万のサロンになる50のルール 〉