サロンの独自化

自分の「施術」に自信を持てないセラピストが今すべきこと

 

こんにちは。岡田です。

みなさん、あまり人には言わないかもしれませんが、

「自分の施術に自信をもてない・・」と思ったことがあるセラピスト、施術者の方はいないでしょうか?

人には言いにくいですよね、自分の施術に自信がないとか・・

 

でもそんなふうに思うセラピストや施術者の施術レベルが低いかというとそうではないんです。

しっかりした施術力があるにもかかわらず、自分の施術に自信が持てないんです。

 

確かに施術って奥が深いものだし、日々いろんなお客様と接する中で、そんなふうに思うことがあってもそれは当然だと思います。

でも、それってとてももったいないことです。

 

というのも、「施術」の自信がないと、集客や売上において思ってる以上にマイナス面が大きいからです。

ぜひ自信が持てるように工夫と意識をしましょう。

 

誰もがゴットハンドを持てる訳ではないけれど、「自分の施術」に対する自信は、持つことができます。

 

今日は「自分の施術に自信を持てないセラピストや施術者が今すべきこと」について書きました。

 

施術に自信がないことで起こること

 

セラピストや施術にとって「施術」に自信がないと、いろんな問題がおこってしまいます。

お客様との立ち位置がおかしくなる。

「施術」に自信がないと、お客様との立ち位置がおかしくなっていきます。

本来お客さんとの関係性は対等が丁度いいです。

でも「施術」に自信がないと、お客様より自分の立ち位置を必要以上に下げてしまいます。

立ち位置が下がることで要らぬ気遣いが増え、料金を上げられず、それなのにお客様への信頼度まで下がってしまい、特にリピート客をつくりにくくなります。

 

料金に対する適正感が失われる。

「施術」に自信がないと、当然今の料金に対する自信が持てなくなります。

本来もっと値上げしてもよいメニューであっても上げられず、というより値下げした方がいいように感じてしまいます。

そんなふうに正しい判断ができなくなり、料金に対する適正感が失われるとサロンの経営もうまくいきません。

 

あなたのオーラが消える。

オーラって何・・って話は置いといて(笑)、「施術」に自信がないと、あなたが醸し出すよい雰囲気・・

例えば、魅力ある表情、自信のある言葉使い、しぐさ・・が消えていきます。

お客様と対峙するあなたのオーラが消えてしまうと、それは施術効果やリピートにも影響します。

人は施術スキルのよし悪し以前に、あなたの醸し出すモノで判断することも多いです。

 

接客時に自信のない言葉になる。

悩みがあるお客様は特に、あなたに自信のある言葉を求めています。

それなのに、「施術」に自信がないことで、それが出せません。

お客様の悩みを解決するのは、あなたの施術だけではないのです。

あなたの内からでる自信のこもった言葉も大事なその1つです。

 

自信のない発信の仕方になる。

「施術」に自信がないと、これから来てくれる可能性のあるお客様(見込み客)の集客にも影響がでます。

ブログやFacebook、チラシなどで発信するとき、「施術」の自信からくる説得力のある発信は人を集めるのにプラスに働きます。

一方受け取る側は自信のない言葉に敏感なので、新規の集客も難しくなります。

 

施術効果が出にくくなる。

同じ施術をするにしても、「施術」に自信がある場合とない場合では、施術効果は全く違ってきます。

自信がないと、やっぱり効果は出にくいです。

テクニックだけでは人を満足させることはできません。

「施術」の自信は、施術効果をより高めます。

 

リピートされにくくなる。

 

お客様がリピートしようと決めるとき、通いやすさや、効果などいろいろ考えるでしょうが、あなたの「施術」に対する自信も大きな決め手の1つになります。

新規客をリピート客にすることが、サロン経営を安定させる方法の1つ。

施術への自信があれば、リピートもされやすくなります。

 

サロン経営がつらくなる。

「施術」に自信がないと、楽しいハズのサロン経営が終始しんどいものになります。

サロンをしていると、いいことばかりでなく、イヤなこともあります。

でも「施術」に自信があれば、それを乗り越えやすくなります。

「施術」への自信がサロン経営を楽しくします。

 

施術スキルに自信をもつためのコツ

正しい集客方法を実践する。

集客で悩むセラピストや施術者は、お客様が来ない原因を自分の施術スキルのせいにしがちです。

もっと施術のレベルが高ければ、人は集まるのに・・と。

 

なので集客できないと、自分の施術がまだまだ・・というふうに思ってしまい、自分の施術に自信をもてません。

 

でも集客できないのは、施術がよくないからではありません。

ほとんどの場合は、正しい集客方法をしていないのが原因です。

 

そこを勘違いしていると、なかなか施術への自信が持てず、それがまた集客できない理由になったりして、悪循環に陥ります。

 

不思議なもので、正しい集客方法でうまく集客できだすと、自分の施術に自信がでてきます。

自分の施術に自信を持つためにも、正しい集客方法を実践しましょう。

 

あなたの施術に軸をつくる。

うまく伝わるか分かりませんが、軸のない施術から生まれる自信は崩れやすいです。

軸とは、この施術でお客様に何を提供しているかという本質の部分です。

 

ただ教えられたスキルをあまり深く考えず、そのままお客様に提供していないでしょうか?

 

自分がお客様に提供している施術の本質はどこにあるのか?

もう少し深く掘り下げて、軸が見つかると、自分の施術にゆるぎない自信がうまれます。

 

人に説明できるくらいまで理解度を上げる。

自分の施術に自信が持てない人は、例えば誰かにこの技術を教えてみることを想像してみるといいかもしれません。

あなたは施術の細部に至るまで、その手技の意味を誰かに説明できますか?

 

教えてみる立場になると分かりますが、意外と細部のところまで正しく説明するのは難しいです。

でもそれは自分の施術の理解が足りないことの裏返し。

それができるようになれば、今よりもっと施術への自信は高まるハズです。

 

施術に対する想いを取り戻す。

自分の施術に自信がないのは、そこにかつてあった「想い」を忘れているからかもしれません。

あなたの施術に自信を持つためには、そこにある「想い」も必要です。

 

過去にその施術を学んだのは、そこに「想い」があったはずです。

自分のコンプレックスや悩み、誰かを助けたいという想い・・

そういう「想い」を忘れていることが、自信のなさにつながっているかもしれません。

 

あの時の強い「想い」をよみがえらせて、自分の施術に自信を取り戻しましょう。

施術にも「想い」がなければ自信など生まれてきません。

 

施術にコンセプトをつくる。

あなたの施術は、ただ単なる手技ではありません。

そこにコンセプトがあるから、その施術はその人の悩みを解消するものになります。

またそうすることで、施術への自信をもちやすくなります。

 

テクニックだけでは人を癒やせません。

あなたの施術には、しっかりしたコンセプトがあるかどうか?

それを確認しましょう。

 

ターゲットを間違えない。

どんな優れた施術があっても、それを施す人を間違えていると、その施術は効果を発揮しないので、自信もうまれません。

あなたの施術は、それを求めている人に施してこそ効果を発揮して、あなたは自信を持つことができます。

そこを間違えてはいけません。

ターゲットはとかくブレやすい・・・

あなたの施術は、それを求めている人に受けてもらえているのかどうか?

またターゲットがブレていないかどうか・・それを確認しましょう。

 

まとめ

 

今日は「自分の施術に自信を持てないセラピストが今すべきこと」でした。

セラピストや施術者のアイデンティティは施術スキルにあります。

 

だからそこに自信がもてないと、サロン経営に関するすべてのところで自信がある行動がとれなくなってしまいます。

 

自分の施術に対する自信とは、単にテクニカルな部分だけではなく、あなたがその施術をしている想いや愛まで含んだものです。

 

別にあなたがゴットハンドでなくても、自分の施術に自信を持って、それを求める人に提供できれば、結果はおのずとついてきます。

 

自分の施術に自信が持てない人は、ぜひ工夫と意識をしてみましょう。

ABOUT ME
オカダタイスケ
オカダタイスケ
「集まる相談所 」代表。サロンプロデュース 岡田タイスケ。サロン・スクール経営。スキルをもつセラピストや施術のための「稼げるターゲットメイク」の専門家。個人の強みを稼ぐ仕組みに変えるのがミッション。個人事業者であるセラピスト・施術者を「コンセプトの力」でシアワセにするがモット―。サービス「稼げるコンセプトメイク」大阪在住・2児の父。プロフィール⇒
7日間無料メール講座

集客が苦手なセラピスト・施術者のための
集めないサロン集客
〈 7日間無料メール講座 〉

「無料PDF冊子」ダウンロードプレゼント中!

◆ 集客の状態を自分で診断できる!
〈 集客セルフ診断シート100 〉

◆5分で読める!
売上50万のサロンになる50のルール 〉