集客の方法

ターゲットを決める時に必要となる「すべてのサロンに共通する前提条件」

 

こんにちは。岡田です。

集客がうまくいかないサロンは、

ターゲットが「ぼやけてる」ことが非常に多いのが1つの特徴です。

 

これだけたくさんのサロンやサービスがある中で、

あなたのサロンのターゲットが曖昧だと、

高い確率でお客様には届かず集客できません。

 

そうはいっても、

ターゲットを決めるのを苦手にしているサロンが、

とても多いのが実態だと思います。

 

そうなる理由の1つとして、

ぜひ覚えておいてほしいのは、

サロンのターゲットを決める時に必要になる「前提条件」です。

 

この「前提条件」をすっ飛ばして、

ターゲットの設定をしてしまうと、

サロンのターゲットは迷走していきます。

 

本来は、この「前提条件」を理解した上で、

自分のサロンのターゲットを設定しましょう。

 

今日は『ターゲットを決める時に必要となる「すべてのサロンに共通する前提条件」』について書きました。

 

サロンの本質は、お悩みビジネス

 

どんな商売やビジネスでも、

それが「誰」のための商売やビジネスなのか?

そこをハッキリさせてることは必須です。

それはサロンも同じ。

 

特にサロンというのは、

その本質が、お悩み解決ビジネスなので、

サロンで提供するサービスが、

「どんな人」の「どんな悩み」を解決できるものなのか?

 

ターゲット・・フォーカスの当て方が重要になります。

 

ターゲットを正しく設定できれば、

集客の成果は大きく変わります。

 

ただ現実は、

このターゲットの設定に悩む人はとても多くて、

いろいろ考えたけれど、

結局よくわからないので、

曖昧なターゲットのままサロンの集客をしている人をよく見かけます。

こういうサロンの多くは、集客に苦しんでます。

 

ターゲットの設定が難しい理由

 

ターゲットの決め方は、サロンによって違いますし、サロンをする「個人」によっても違います。

 

基本的な考え方は、

あなた(サロン)は「誰を」幸せにできるのか?

 

の「誰」という部分がサロンのターゲットになる部分。

 

 

あなたには、経験や得意なもの、専門知識、独自の手技、あなただけの考え方など・・いろんな要素を持っています。

 

そんなあなたはのターゲットは「誰」なのか?

 

ここを突き詰めて導き出す答えが、あなたのサロンのターゲットです。

 

では、ターゲットを考えるのがなぜ難しいかというと、自分のことを客観視するのが難しいからです。

 

私がシアワセにできるのは、いったい誰なのか?

 

一見簡単そうに思えるこの質問。

 

 

でもこの質問に答えるためには、

自分を客観視する必要があり、

この客観視がとにかく難しい・・。

 

どうしても自分の主観や周りの情報に惑わされるので、

正しいターゲットが見えなくなってしまうワケです。

 

なので、ターゲットが決まらない‥という人は、

客観的に視点を持つ誰かにサポートを受けながら、サロンのターゲットを決めることをお勧めします。

自分では思いもよらない答えが導き出されるかもしれません。

 

ターゲットを正しく設定できれば集客効果は最大化する。

 

ターゲット・・

つまり自分のサロンで幸せにできる人がしっかり定まると、そこから行うすべての行動が明確になります。

 

ターゲットが定まると、

 

・ターゲットの悩みが解決する方法を追求できる。

・ターゲットの悩みが解決するサービスをつくれる。

・ターゲットに共感される発信ができる。

 

ターゲットが定まってることで、すべての行動のピントがあってきます。

 

ピントがあうことで、やることなすこと、

そのすべてが、うまくいきやすくなり、

当然集客もしやすくなるので、

集客効果は最大化されます。

 

いいことばかりです。

 

 

ただ、ターゲットが決まらず曖昧な人は、

ターゲットを定める前段階として、

大事なことを忘れている人がいます。

 

 

この大前提がないと、

ターゲットの設定が変な方へ行って失敗するので、

サロンのターゲットを決める時は、

この大前提を忘れないようにしましょう。

 

ターゲットを決めるときに必要な「前提条件」

 

「サロンはお悩み解決ビジネス」です。

 

だから、

サロンのターゲットは、サロンの商品で悩みが解消して、その商品でシアワセにできる人・・・です。

 

これは正しいけれど、これだけではダメ!

 

 

つまり、単に悩みがある・・だけではなくて、

悩みがあり、

かつ、その悩みをサロンというサービスにお金を支払って、

サロンの力を借りて解消したい人。

 

これが大前提なわけです。

 

 

悩みは確かにある・・・

でも、サロンのようなサービスには、

お金を払ってまでは、

サポートを受ける気がない人。

 

 

また、サロンの力を借りて、

自分の悩みを解消したいとは思わない人。

 

そういう人は、

サロンのターゲットにしては、

いけないということです。

 

・自分で自分のケアでできる人

・自分で自己管理ができる人

・ジムやヨガなど人の手を借りず自分で何とかする人

・病院など健康保険がきく医療機関に行く人

・サロン以外の方法を選ぶ人

 

こういう人は、サロンに行く意思がないので、

いくらサロンの商品でその人の悩みを解決できたとしても、

サロンのターゲットにしてはいけません。

 

 

サロンのターゲットは、

あくまでも専門知識や技術があるサロンのサービスを求めていて、

実際にそこにお金をかけ、

自分の悩みを解決したいと思う人。

 

 

ターゲットが曖昧で、

集客できない人は、

この大前提をベースにして、サロンのターゲットを決めましょう。

 

まとめ

 

ターゲットが曖昧なサロンはほんと多いです。

でも、ここが曖昧なままでは、

いくらブログを頑張ても、

くらSNSを一生懸命しても、

うまくはいくことはありません。

 

もちろんホットペッパービューティーなどの

クーポンサイトに掲載する場合でも同じ。

 

シンプルなのに、決めるのが難しくて、

はじめにしっかり決めておくことなのに、

曖昧なまま放置してる人が多いのがターゲット。

 

集客できないという人は、

面倒でもスタート地点にも一旦もどって、

ここをまずハッキリさせておきましょう。

ABOUT ME
岡田タイスケ
人が集まるストーリーをつくるコンサルタント/集まる@サロン養成スクール/「集まる@相談所 」主催。「無料相談」毎月開催。プロフィール専門カメラマン見習い・大阪在住・2児の父。プロフィール⇒
7日間無料メール講座

集客が苦手なセラピスト・施術者のための
集めないサロン集客
〈 7日間無料メール講座 〉

「無料PDF冊子」ダウンロードプレゼント中!

◆ 集客の状態を自分で診断できる!
〈 集客セルフ診断シート100 〉

◆5分で読める!
売上50万のサロンになる50のルール 〉