集客の悩み

フェイスブックの投稿を見るのがツライいときの対処法

 

こんにちは。岡田です。

集客としても使うフェイスブック。

日々投稿を見ていると、同業の人の投稿も目に入ってきますよね。

隣の芝はキレイに見えるモノです。

 

皆さんすごく輝いてるように見えてしんどくなるときがありませんか?

 

そんな時は、今置かれてる状況を整理しながら、同業者ではなく、みなさんがお手伝いしたいお客様のことに集中しましょう。

 

フェイスブックの投稿を見るのがツライいときの対処法を書きました。

 

自分の置かれている状況を整理する。

 

うまくいってるときは、人の事なんて気にならない。

人の投稿を見ていてしんどくなるのは、たいがいは自分がうまくいっていない時。

 

「うまくいってない」には2つあります。

  1. やり方はうまくいってるけれど、結果がついてくるのにタイムラグがある場合
  2. やり方が間違えているからうまくいかない場合

 

①の場合

やり方は間違ってないけれど、結果がないので焦ります。

けっこうシンドイ時かもしれません。

ただやり方は正しので、もう少しすれば結果はついてくるので焦らないことが大事です。

 

②の場合

やり方が間違っているので、早く修正しないといけません。

 

サロンの経営は、計画と修正の繰り返し。

はじめに立てた計画が100%正しいことなんてありえません。

常に修正と見直しを繰り返すことが必要になります。

 

ただ、このやり方があってるのか、まちがってるのかの判断がむずかしいとこです。

 

自分で分からないときは、信頼できる人に相談することも必要でしょうし、いわゆるマーケティングといわれるものを知識として取り入れる努力も必要となります。

 

正しい知識があれば、何が正しくて、何がだめなのかを客観視できるようになります。

 

サロンに来てほしい人のことに集中する。

 

もう一つ人の投稿を見て心がざわざわしたときは、同業者ではなく、自分のお客様の事に集中しましょう。

 

あなたはあなたのスキルで、困ってるひと、悩んでいる人を救ってあげるためにサロンをしているわけです。

施術者やセラピストと言われる人は、そんな人の悩みを解消してあげて、輝かせる側です。

 

自分がキラキラしている姿を必要以上見せることが、その人を救うことにはなりません。

自分がやることは、悩みがある人、困ってる人の役に立つ投稿を心がけ、そこに集中すればいいんです。

 

余談ですが、うまくいってるように見える人がみんなうまくいってるわけではないんですよ、笑。

そんな人も裏では一生懸命キラキラしてるようにふるまってるだけ・・という人も実際はたくさんいます。

 

気にせず自分がやるべことをしましょう。

 

まとめ

サロンをやってるといいことも、わるいこともあります。

とくにフェイスブックやアメブロを見てると、心がざわざわさせることもあると思います。

でも、やり方は人それぞれ違って当然です。

人の投稿を気にせず、自分のやってることに自信を持ちましょう。

ABOUT ME
オカダタイスケ
オカダタイスケ
人が集まるストーリーをつくるマーケター。「集まる@サロン養成スクール」代表。提供しているサービス。「集まる@相談所 」主催。「無料相談」。プロフィール専門カメラマン見習い・大阪在住・2児の父。プロフィール⇒
7日間無料メール講座

集客が苦手なセラピスト・施術者のための
集めないサロン集客
〈 7日間無料メール講座 〉

「無料PDF冊子」ダウンロードプレゼント中!

◆ 集客の状態を自分で診断できる!
〈 集客セルフ診断シート100 〉

◆5分で読める!
売上50万のサロンになる50のルール 〉