リピート集客

サロンのリピート客になりやすい4つの客層を意識していますか?

 

こんにちは。岡田です。

「新規客がリピートしてくれない・・」

と嘆いているセラピスト・治療家の方は、そもそも「リピート客になりやすい層」にアプローチしているでしょうか?

 

世の中にはもともとリピートする意思がない人が存在します。

リピート客になりにくい層にいくらアプローチしても、リピートしにくいのは当然。

その人は、そもそもリピートするつもりがないんですから・・。

 

もし、そうしているならアプローチする相手を間違えています。

 

リピート客を増やしたいと思ったら、はじめからリピートしてもらいやすい層へアプローチすべき。

「サロンのリピート客になりやすい4つの客層」をまとめました。

新規のお客様がリピートされなかった時に検証する6つのポイントはじめてサロンに来られた「新規のお客様」がリピートされなかった時。あなたが次にすることは、「どうしてリピートされなかったか?」それを検証して次に生かすこと。「新規のお客様がリピートされなかった時に検証する6つのポイント」をまとめました。...

 

リピートしないと解決できない悩みを持つ人

 

「リピートしないと解決できない悩みを持つ人」は、「リピートする意思のある人」のこと。

何だそんなことかと思われそうですが、この層にアプローチしていない人が結構多いです。

 

 

例えば肩こりの悩みを例にすると、

肩こりの症状がひどく、根本的に改善したい人は、リピートしないと解決できない悩みを持つ人です。

 

根本から改善しようと思えば、1回や2回では改善しませんよね。

ある一定期間通い続けるコトが必要です。

 

一方、今ある肩こりを今ラクにしたい・・というだけの人は、1つのサロンに続けて通おうとは思わないでしょう。

別に他のサロンでもいい訳ですから。

値段も安い方がいいですし・・

 

こんなふうに、もともと継続する意思の薄いお客様にアプローチしていても、リピート客は増えません。

 

個人サロンや小さなサロンは、そもそも対応できるお客様の数が限られているので、リピートする意思が薄い人に力を注いでいる余裕はありません。

 

リピートしないと解決できない悩みを持つ、リピートする意思のある人に、知恵と手間を注いで、リピート客を増やしましょう。

 

サロンのコンセプトに共感する人

 

サロンのコンセプトに共感してサロンに集まった人は、リピート客になりやすいお客様です。

というのも、サロンのコンセプトを「リピートしないと解決できない悩みのサポート」に設定しているからです。

なので、当然と言えば当然です。

 

サロンのコンセプトをこんなふうにしているので、必然的にはじめからリピートするつもりのお客様が集まってきます。

当然リピート客が自然と増えていきます。

 

一方コンセプトとは無関係にサロンに来る人や、ただ安いだけで来る人は、よほどのことがないとリピートしません。

はじめからアプローチする相手を間違えると、こうなってしまいます。

 

なので、リピート客を増やすためにはサロンのコンセプト設定がとても大事。

あとは、そのコンセプトに共感する人にアプローチを続けましょう。

個人サロンが集客するためにとるべき10のポジショニング戦略「個人サロンが集客するためにとるべき10のポジショニング戦略」をまとめました。小さなサロンの集客がうまくいくためには、大手サロンと同じ土俵で勝負しては、はじめから負けが見えてます。大手と競わずに個人サロン独自のポジショニングをつくる方法で素敵なサロンを続けましょう。...

 

あなたと考え方や感性が合う人

 

あなたの考え方や感性と合う人もリピートしやすいお客様になります。

 

人は悩みを解決するためにサロンに来ます。

 

でもそれだけじゃなく、サポートしてくれる人と相性がいいと、続けたいという気持ちはおこるもの。

なので、あなたと合う人にアプローチできれば、リピート客は増えていきます。

 

ただ、あなたと合う人にアプローチっていっても難しいですよね。

なのでやり方としては、あなたのことを知ってもらう為に、できるだけ自己開示した発信をすることです。

ブログからサロンに集客するときに必要な自己開示の法則サロンのブログから集客しようと思ったら自己開示が必要です。自己開示力をブログに注入するだけで、ブログは読んでみたいものへと変わり、相手との距離感が縮まり、親近感が生まれ、それが予約へとつながります。...

 

自己開示して、あなたの個性が伝われば、向こうからあなたの考え方や感性の合う人が集まってきます。

 

あなたと合う人にアプローチするために、できるだけ自己開示した発信を心掛けましょう。

 

サロンの近所に住む人

 

やっぱりサロンから遠くに住んでる人より、近所の人の方が通いやすいです。

だからリピートしてもらいやすくなります。

 

ということは、近所の人にどれだけアプローチできているか?

これが大切になります。

 

サロンのおとなり、前、うしろ、その先・・近所の人にサロンの存在を知ってもらえている自信はありますか?

 

今は集客にもSNSが主流ですけど、サロンの近所に住む人に届きやすいのはチラシなどアナログツール。

セラピストや施術者の為のサロンにお客様が集まるチラシ集客の方法「セラピストや施術者の為のサロンにお客様が集まるチラシ集客の方法」をまとめました。個人サロンはブログやSNSを一生懸命するのもいいですが、チラシは正しく作れば必ず反応があり、予約につながる素晴らしい集客ツールです。ぜひ記事を参考にしてサロンの集客にお役立てください。...

 

リピート客を増やすためには、まずはサロン周辺に住む人にアプローチしましょう。

 

まとめ

「サロンのリピート客になりやすい4つの客層」をまとめました。

 

個人サロンは、リピート率が高く、リピート顧客に囲まれていると、集客に悩まず売上も安定します。

個人サロンは一人。

 

大切な資源を有効に使うためにも、はじめからリピートしにくい人ではなく、リピートしやしやすいお客様にアプローチすることで、無理なくリピート客を増やしましょう。

 

ただ何となくアプローチしていてもリピート客は増えないので、注意してくださいね。

ABOUT ME
オカダタイスケ
オカダタイスケ
「集まる相談所 」代表。個人ビジネスのプロデュース。スキルを集客へ導くサポート・その人の強みを稼ぐ仕組みに変える専門家。プロフィール専門カメラマン見習い「無料相談」「ZOOM相談」大阪在住・2児の父。プロフィール⇒
7日間無料メール講座

集客が苦手なセラピスト・施術者のための
集めないサロン集客
〈 7日間無料メール講座 〉

「無料PDF冊子」ダウンロードプレゼント中!

◆ 集客の状態を自分で診断できる!
〈 集客セルフ診断シート100 〉

◆5分で読める!
売上50万のサロンになる50のルール 〉