サロン開業

セラピストがサロンを開業する時に立ちはだかる集客という壁の越え方

 

こんにちは。岡田です。

「トリートメントのスキルを生かしてサロンをオープンしよう!」

そう思った時、みなさんが悩んでしまうのが「集客」という壁。

多くのセラピスト、施術者のみなさんが、どこかのタイミングでこの問題に直面します。

 

でもそれは当然。

 

セラピスト、施術者は、施術の技術は学んでいても、お客様に来てもらう方法は学んでいません。

どんなに、すばらしい技術があっても、お客様に来てもらう方法を知らないと、必要としている人に届かないのでもったいないですよね。

 

でももちろんそれは乗り越えていけるモノ。

 

「セラピストがサロンを開業する時に立ちはだかる集客という壁の越え方」を書きました。

集客という壁をさっそうと越えていきましょう。

 

シナリオを持ってから開業へ走り出す。

 

「集客」とは、簡単に言うと、「あなたのもとに人が集まる」こと。

人が集まらない状態が続くと、不思議なもので、がんばればがんばるほど、沼にはまります。

 

誰かの役に立ちたい、人を癒したいと思って、セラピストになる人が多いのに、いざ始めてみると、役に立ちたい相手と出会うこともできずに、自分が疲れてしまうなんて、もったいない話です。

 

こうならないためには、開業をスタートする前に、「シナリオ」をつくっておくことが大切です。

 

シナリオは、事業計画のような、形だけのたいそうなものはいりません。

ただ、スタートしたあとの良いイメージが湧いてくるようなものでないと、上手くはいかないでしょう。

 

また、「シナリオ」は、「あなただけのシナリオ」である必要があります。

誰かがうまくいったシナリオをマネしても、残念ながら上手くはいきません。

 

シナリオの見直しと発信

 

  • あなたは、どんなことで役に立とうと考えているのか?
  • あなたが役に立てる人は誰なのか?
  • どんな商品や、サービスでその人の役に立つのか?
  • その商品やサービスを、どうやってその人に届けるのか?
  • 商品のコンセプトは独自のもになっているか?
  • その商品、サービスにファンはできるのか?
  • そもそもどれくらいの数の人に来てほしいのか?

 

「自分だけのシナリオ」をもとにして、スタートしたあとは、シナリオをベースに実践する。

そして、この先は、特に「発信する」ことが大事です。

 

SNS・ブログなどの「デジタルな方法」と、チラシなどの「アナログな方法」を組み合わせ、届けたい人の役に立つ情報を発信しましょう。

まとめ

 

今日は「セラピストがサロンを開業する時に立ちはだかる集客という壁の越え方」でした。

 

はじめは、なかな思うようにはいかないでしょう。

誰でもはじめはそんなものです。

 

時間も必要になってくるので、焦らない・・ここで諦めないことが大切です。

 

また、スタートすると、「自分だけのシナリオ」が、その通りいかないことも出てきます。

その時は、どうしてそうなのか? を考えながら、見直しを繰り返していく必要があります。

 

シナリオの見直しと、発信。

 

集客の壁は、やるべきことをやることでしか乗り越えられないものです。

うまい話はありません。

ABOUT ME
オカダタイスケ
オカダタイスケ
「集まる相談所 」代表。個人ビジネスのプロデュース。スキルを集客へ導くサポート・その人の強みを稼ぐ仕組みに変える専門家。プロフィール専門カメラマン見習い「無料相談」「ZOOM相談」大阪在住・2児の父。プロフィール⇒
7日間無料メール講座

集客が苦手なセラピスト・施術者のための
集めないサロン集客
〈 7日間無料メール講座 〉

「無料PDF冊子」ダウンロードプレゼント中!

◆ 集客の状態を自分で診断できる!
〈 集客セルフ診断シート100 〉

◆5分で読める!
売上50万のサロンになる50のルール 〉