リラクゼーションサロン

癒やし系サロンが取り組むべき愛あるリピートの提案

 

こんにちは。岡田です。

先日街を歩いてたら、ハリネズミカフェの看板を見かけました。猫カフェの次は、ハリネズミ・・世の中癒されたい人で多いんでしょうね。

サロンも癒し系のニーズが年々増えてきてます。

 

アロマオイルのマッサージ、ボディートリートメント、リンパやフェイシャル、リラクゼーションサロン、ヒーリングサロン・・

リラクゼーションサロンに集客するための6つの戦略と9つの方法「リラクゼーションサロンに集客できる6つの集客戦略と方法」をまとめました。リラクゼーションサロンには、このジャンルならではの集客の特徴があります。正しい集客の考え方と方法を試してみてください。...

 

癒し系サロンを始める人は、自分がそんなサロンに助けられたので、今度は自分が癒やす側になりたい・・という思ってはじめる人も多いです。

 

ただ、そんな人と話していると、人を癒やそうと思ってサロンを始めたのに、結局自分自身にいちばん癒しが必要、笑・・なんて笑えない状態も見かけます。

それは集客に問題があるからです。

 

こちらは習得した施術や技術を使って、癒しを提供しようと思っているのに、肝心のお客様が来ない、もしくは来てもリピートされない。

それでは人を癒やすどころじゃなく、自分の方にストレスがたまります。

 

そうならないようにするためには、癒すスキルだけあってもだめで、必ず集客が必要です。

集客は、人を癒やすことをするためにも必要になります。

 

今回は、癒やし系サロンが取り組むべき愛あるリピートの提案について書きました。

人を癒やす側として、癒し系サロンを続けたい方は、まずはここを見直しましょう。

癒し系サロンに足りないリピートの提案

 

癒し系サロンに一番足りないと思うのは、リピートの提案です。

 

実際、癒し系サロンはリピートを促すことを苦手としていることがが多く、癒しという言葉のイメージからなのか、お客様に対して受け身であることが多いように感じます。

 

癒しを求める人が、癒しを求めるときだけ通ってきて、次来るときは、また癒しが必要になったとき・・。

それが1カ月後なのか、半年後なの・・いつか分からない。

 

そんなふうに、リピートすることをお客様任せにしているサロンはありませんか?

 

リピートをお客様任せにしていたら・・・当然集客に苦労しますよね。

 

癒しサロンであっても、リピートをお客様任せにせず、こちらがしっかり提案して、リピートを促すことを積極的にしないと、いつまでも集客に悩まされます。

 

癒し系サロンには、愛あるリピートの提案を当たり前に行いましょう。

 

癒しを求める人への固定概念を捨てる。

 

愛あるリピートの提案を当たり前に行うためには、まず癒しを求める人の固定概念を取り除きましょう。

 

癒しを求める人は、定期的にリピートしない・・というわけではありませんし、癒しを求める人はリピートの提案をされるのが嫌・・かというとそれも違います。

 

もちろん人によって違いますが、毎日のシゴトや暮らしがトラブルなく過ごせるように、定期的に癒やしをサロンで受けたい人もいますし、納得できるリピートの提案があれば、受けたいという人もいます。

 

それに自分では決断できないけれど、納得できる説明や続けるメリットが分かって、少し後押ししてもらえれば、定期的にリピートしたいという人もいます。

 

癒やしを求める人は、いったいどんな理由で、何を求めてサロンにお越しになるのか、本質のところを知る努力も必要です。

 

癒し系サロンでリピートしてもらうためには、まずはあなたの固定概念を捨て去りましょう。

 

リピートは、あなたがそれを提案するかどうか。

 

癒やしサロンを利用するときは、ストレスが溜まったり、頭がモヤモヤしたり、こころもカラダも疲れているときだと思います。

 

そこで癒され満足しても、次回の予約はお客様しだい・・にしておくと、なかなかリピートされません。

 

また、リピートをお客様任せにしていると、サロンとして、いつ来られるか分からないお客様の状態を正しく維持することは難しくなります。

 

本当にその人のことを気遣い、その人が毎日笑顔でストレスなく暮らすには、定期的に通ってもらうことで、しっかりサポートできます。

 

そんな癒やしを求める人がリピートしない一番の理由は、サロン側から納得できる(でも営業ではない)・・そんな愛あるリピートの提案がないからです。

リピートをお客様任せにしているからであって、こちらから愛ある提案をしないからです。

 

本当にお客さんのことを思えば、遠慮することなく、愛あるリピートの提案ができるハズです。

そこまで思ってする提案は、お客様も営業とはとらえません。

 

ぜひ癒し系サロンは、「癒やしを求める人はリピートしない・・」という固定概念を捨て去って、お客さまのことを想うからこそできる「愛あるリピート提案」を当たり前のようにしてみましょう。

 

まとめ

 

以上「癒やし系サロンが取り組むべき愛あるリピートの提案」でした。

本当は癒し系サロンを利用する人にとっても、定期的にサロンを活用する方が、毎日問題なく暮らすのにいいハズなんです。

 

ただキチンと通っていれば防げる体や心のトラブルも、自分でいろいろ理由をつけてリピートすることを選べない人も多いです。

実際仕事やプライベートでいろいろ忙しいですし・・。

 

でも、サロンに愛あるリピート提案をしてもらい、そっと背中を押してもらうと、リピートしたい・・というのが本音かもしれません。

 

リピートしないのは、癒し系サロンが、そもそもリピートの提案をしっかりしてないから。

ぜひ愛あるリピート提案を自信をもってやってみてくださいね。

ABOUT ME
オカダタイスケ
オカダタイスケ
人が集まるストーリーをつくるマーケター。「集まる@サロン養成スクール」代表。提供しているサービス。「集まる@相談所 」主催。「無料相談」。プロフィール専門カメラマン見習い・大阪在住・2児の父。プロフィール⇒
7日間無料メール講座

集客が苦手なセラピスト・施術者のための
集めないサロン集客
〈 7日間無料メール講座 〉

「無料PDF冊子」ダウンロードプレゼント中!

◆ 集客の状態を自分で診断できる!
〈 集客セルフ診断シート100 〉

◆5分で読める!
売上50万のサロンになる50のルール 〉